名作ミュージカル『キャッツ』の実写版映画の日本公開が2020年1月24日に決定しました!

キャッツとは
「キャッツ」は、人に飼いならされることを拒んだ猫たちが都会のごみ捨て場で歌い踊るさまを描いた作品。
世界各地でロングランとなった巨匠アンドリュー・ロイド・ウェバー作曲のミュージカル。

名作だけにミュージカルを知っている方も、知らない方にも注目が集まっています。
今から待ち遠しいと言う声が大半ですが、一番注目されているのはその配役です。

元となるのがミュージカルだけに、大前提なのが歌唱力のある人が配役(キャスティング)されないとキャッツの良さが無くなるという意見からキャストにはかなり製作陣も頭を悩ませたみたいです。

一体キャストはどうなったのでしょうか?
実は超豪華すぎる!とも言われるキャストが勢揃い!

早速、キャッツ実写映画配役を紹介したいと思います。

キャッツ実写映画配役(キャスト)が豪華すぎる!

早速キャッツ実写映画配役を紹介します。
はっきり言って超豪華です!

  • JAMES CORDEN
  • JUDI DENCH
  • JASON DERULO
  • IDRIS ELBA
  • JENNIFER HUDSON
  • IAN McKELLEN
  • TAYLOR SWIFT
  • REBEL WILSON

やばいでしょ!?

順に紹介していきますね。

James Corden(ジェームズ・コーデン)

James Corden

引用元:フェイスブックより

キャッツのジェームズ・コーデン

引用元:©2019ユニバーサルピクチャーズYouTubeより

ジェームズ・コーデン氏はイングランドの俳優として、またコメディアン、歌手。
さらにはプロデューサーやテレビ番組の司会者としてマルチに活躍しています。
トニー賞やグラミー賞の授賞式の司会者として実力を認められている方ですね。

JUDI DENCH(ジュディ・デンチ)

JUDI DENCH

引用元:フェイスブックより

キャッツのジュディ・デンチ

引用元:©2019ユニバーサルピクチャーズYouTubeより

イギリスが生んだ名女優ジュディ・デンチ。
1986年に「眺めのいい部屋」にて英国アカデミー賞助演女優賞を受賞に始まり、
1999年には「恋に落ちたシェイクスピア」のエリザベス1世役でアカデミー賞助演女優賞を受賞の他、数々の賞を受賞&ノミネートしてきている女優。
2017年「ヴィクトリア女王 最後の秘密」でヴィクトリア女王を演じたのは記憶に新しいです。
元々、キャリアは舞台デビューから始まっています。

JASON DERULO(ジェイソン・デルーロ)

ジェイソン・デルーロ

引用元:フェイスブックより

キャッツのジェイソン・デルーロ

引用元:©2019ユニバーサルピクチャーズYouTubeより

アメリカのシンガーソングライターで、俳優やダンサーとしても知られているジェイソン・デルーロ氏。
「It Girl」や「Talk Dirty」「Want to Want Me」などヒット曲は数え切れません。

IDRIS ELBA(イドリス・エルバ)

イドリス・エルバ

引用元:フェイスブックより

キャッツのイドリス・エルバ

引用元:©2019ユニバーサルピクチャーズYouTubeより

イギリス俳優でもありDJとしても知られるイドリス・エルバ氏。
2018年には雑誌「ピープル」が選ぶ”最もセクシーな男性”に選ばれています。
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォーのヘイルダル役として登場したのは記憶に新しい所。

JENNIFER HUDSON(ジェニファー・ハドソン)

ジェニファー・ハドソン

引用元:フェイスブックより

キャッツのジェニファー・ハドソン

引用元:©2019ユニバーサルピクチャーズYouTubeより

ジェニファー・ハドソンさんはアメリカの歌手として、女優としても知られています。
幼い頃からミュージカルに出演しており、地元の舞台でプロデビューをしています。
アメリカの一大イベント「スーパーボウル」の国歌斉唱も経験されています。

IAN McKELLEN(イアン・マッケラン)

イアン・マッケラン

引用元:フェイスブックより

キャッツのイアン・マッケラン

引用元:©2019ユニバーサルピクチャーズYouTubeより

イアン・マッケラン氏はイングランド出身の俳優で舞台と映画の両方で活躍しています。
シェイクスピア演劇からSFなど幅広いジャンルでオールマイティな演技はアカデミー賞主演男優賞にもノミネート経験がある実力派。

TAYLOR SWIFT(テイラー・スウィフト)

テイラー・スウィフト

引用元:フェイスブックより

キャッツのテイラー・スウィフト

引用元:©2019ユニバーサルピクチャーズYouTubeより

テイラー・スウィフトさんはアメリカのカントリーシンガーソングライター。
グラミー賞を10回も受賞しており、日本でも知名度は抜群!
実はアメリカでは女優として映画やテレビドラマにも出演しています。

REBEL WILSON(レベル・ウィルソン)

レベル・ウィルソン

引用元:フェイスブックより

キャッツのレベル・ウィルソン

引用元:©2019ユニバーサルピクチャーズYouTubeより

レベル・ウィルソンさんはオーストラリアの女優及びコメディアンでもあります。
「ピッチ・パーフェクト」のファット・エイミー役でコメディ女優賞などに輝いておりコミカルな演技力に注目されている女優です。

海外の反応は?

キャッツの実写映画化ですが、海外の反応が気になりますね。

一つの参考として、予告のYouTubeでは動画のアップ後、1万の高評価に対し、同じく1万の低評価と賛否が分かれています。
その後、日本でも見れるようになっていますが、約800万人が動画を確認した時点で「高評価9万に対し、低評価が23万」と低評価が2.5倍となっています

問題!?の予告がこちら。

低評価の主な理由としては

  • キャッツの見た目が怖すぎる
  • 人型の猫が気持ち悪い
  • 予告編にゾッとする
  • ホラー映画みたいだ
  • キャットガールの空想を台無しにしてくれてありがとう

全体的にビジュアル面が不評のようです。

ビジュアル面は慣れてしまえば問題ないと思いますし、そうなったら出演陣も豪華で実写ミュージカル映画としてはかなり期待できるのではないでしょうか。

日本公開は2020年1月24日

アメリカでは2019年12月20日から公開が決定しますが、日本の公開は年明けの2020年1月24日から決定しました。
(原題はCATS)

ミュージカルのキャッツとしては日本公演が通算で1万回を記録している大ヒット作でもあるので、劇場も全国公開が予想されます。
興行収入もかなり伸びるのではないでしょうか。

前売りの特典も気になりますね。
来年の楽しみが増えました♪