映画「嘘八百 京町ロワイヤル」相関図
フライヤーより

中井貴一さん&佐々木蔵之介さんW主演の”開運!お宝コメディ”の続編、『嘘八百 京町ロワイヤル』。

どんでん返しに次ぐ、どんでん返しが見る人をビックリさせる!
それだけじゃなく、コメディとして笑える内容になっているのが魅力の作品。

前作を見ていない人も相関図とキャストを知っておけばもう安心。

『嘘八百 京町ロワイヤル』相関図

映画「嘘八百 京町ロワイヤル」相関図

フライヤーより

※クリックで拡大表示されます。

『嘘八百 京町ロワイヤル』キャスト一覧

小池則夫(中井貴一)

冴えないままの目利き古美術商。
古美術商 獺(カワウソ)の店主でもあり、いまりの父親。
着物美人橘に恋し、手助けしようとするが...

野田佐輔(佐々木蔵之介)

未だくすぶったままだが、腕利きの陶芸家。
才能を贋作(にせもの)ばかり作っており、前作では二度と贋作は作らないと宣言していたが...

妻、康子の尻に引かれている。

橘志野(広末涼子)

父親の形見である大切な茶碗を騙し取られてしまい、骨董コンビに依頼することになる。
着物美人。

嵐山直矢(加藤雅也)

古美術店「嵐山堂」のやり手二代目社長。
テレビ出演もこなすだけでなく、文化庁や議員とのつながりも持っている。

億野万蔵(竜雷太)

アイドル陶芸家と共にテレビ出演する鑑定家。

牧野慶太(山田裕貴)

アイドル陶芸家としてテレビで人気。
実は野田を尊敬している。

大原いまり(森川葵)

則夫の娘。
前作では父と一緒に軽トラで町を回っていたが、今では父親に軒を貸す人気占い師。

野田誠治(前野朋哉)

佐輔の息子。
前作ではいまりに一目惚れしていたが、今では特殊メイクアップアーティストに。

野田康子(友近)

夫を支えるためパート勤めをしている野田の妻。

田中四郎(塚地武雅)

クセの強い学芸員。
利休ゆかりの場所に神出鬼没する。千利休フリーク。
則夫にヒントを与えることになる。

西田(木下ほうか)

居酒屋「土竜」の常連であり、筆跡偽造の達人。
もちろん居酒屋メニューは全て自筆で達筆。

よっちゃん(坂田利夫)

居酒屋「土竜」の常連であり、紙偽造の達人。
残念ながら"髪"を偽造する技術は持ち合わせていない。

材木屋(宇野祥平)

居酒屋「土竜」の常連であり、どんな箱でもつくってしまう偽造の達人。

青山一郎(吹越満)

テレビ番組プロデューサー。

内村(坂田聡)

テレビ番組ディレクター。

マリ(冨手麻妙)

テレビ番組の司会をつとめる女子アナ。

番頭(山田雅人)

嵐山堂の番頭。

後醍醐(桂雀々)

文化庁の役人。

橘正志(国広富之)

志野の父親。

スポンサードリンク