江戸の庶民たちは赤穂浪士たちによる吉良上野介への仇討を超熱望!
しかし、討入りに必要な予算は9500万!
果たして彼らは【予算内】で、一大プロジェクト【仇討】を、無事【決算】することができるのか?
涙と笑いの予算達成エンタテインメント!

鑑賞前に事前に知っておくことでもっと『決算!忠臣蔵』が楽しくなる見どころ3点。

原作の小説を知らなくても映画で爆笑できる?

忠臣蔵の史実や歴史を知らなくても面白いのかこれを読むと分かります!

決算!忠臣蔵作品情報

公開 2019年11月22日
監督 中村義洋
脚本 中村義洋
主なキャスト 堤真一、岡村隆史、濱田岳、横山裕、荒川良々、石原さとみ
ジャンル コメディ
上映時間 125分
原作 山本博文「忠臣蔵」の決算書

決算!忠臣蔵 予告動画

決算!忠臣蔵 予告編

決算!忠臣蔵 あらすじ(ネタバレなし)

今から約300年前。
賄賂など曲がったことが大嫌いな赤穂藩藩主・浅野内匠頭(阿部サダヲ)は幕府の重臣・吉良上野介に斬りかかり即日切腹。
喧嘩両成敗を理由に赤穂藩は取り潰しとなる。
かたや賄賂を送って幕府に取り入っていた吉良上野介にはお咎めなし。

筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)は、嘆く暇もなく、幼馴染者勘定方・矢頭長助(岡村隆史)の力を借り、ひたすら残務整理に追われる日々。

映画「決算!忠臣蔵」の堤真一と岡村隆史

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

家臣たちが集まり、内蔵助の「討ち入り」を今かと心待ちにしているが、長助からの算段

  • 討ち入りせずに退職金を受け取る場合(約270万+1年分の給料)
  • 討ち入る場合の退職金(約30万)

にはあまりにも大きな差があり、心の中では多くの退職金を願っている家臣たち。

浅野内匠頭の為にも仇討ちではなく、お家再興が1番だと信じる大石内蔵助。
お家が断絶し路頭に迷う藩士たち。

一度は多額の退職金を受け取るが、”そろばんが出来ず、湯水の如く飲み食いなどでお金を使う侍たち”は早々に資金も底をつき、ツケで食べさせてもらう家臣たち。
※ここでの”そろばんができない”はお金を計画的に使うことの出来ない人の意味です。

それでも時が経つに連れ「赤穂浪士は主の仇討ちもしない腰抜けの集まり」と赤穂浪士は江戸中の笑いものだと仇討ちを希望する声も。

その都度、お金を渡したり言葉巧みに家臣のモチベーションを保つ内蔵助。
しかし、実は内蔵助もまったくそろばんができず、台所事情は長助に頼りっぱなし。

内蔵助を狙った刺客に長助が殺されたことで、いよいよ本気で討ち入りを決意する内蔵助

そろばんの出来ない大石内蔵助は予算内で無事、討ち入りすることが出来るのか?

決算!忠臣蔵 見どころ3点

1点目:大石内蔵助の心かわり

映画「決算!忠臣蔵」妻夫木聡

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

周りの言葉に翻弄されていく大石内蔵助が見どころの1つです。

討ち入りを決めたかと思えば、撤回。
討ち入りを心底望んでいる家臣と、本音では戦を望んでいない家臣に振り回されるシーンには何度も笑ってしまいます。

吉良上野介の目を欺くために3日連続で遊郭へ通う作戦に出ますが、本当に欺くためなのか見ている人も疑問に感じてしまうかもしれません。
しかし、そこはコメディ映画。
笑いに1つにしてしまいます。

2点目:小さなことからコツコツと

役者たちの大半がよしもとを中心とした芸人さん。
芸人さんとイメージすると演技力に疑問を感じますが、日頃のコントで鍛えている演技力。
何より自身のネタを使った登場シーンは観ているあなたを笑わせてくれるでしょう。

西川きよし師匠の「小さなことからコツコツと」など、よしもと芸人の演技力と小ネタに注目です。

堤真一さんをはじめ、脇を固める役者陣には演技力に定評のある人達ですので、今までの忠臣蔵を知っている人でも違和感なくコメディの忠臣蔵に入っていけるでしょう。

3点目:お金の大事さを教えてくれる

浅野内匠頭の元妻で内蔵助にお金を預けた瑤泉院(石原さとみ)。
内蔵助の妻(竹内結子)がどんぶり勘定の亭主を支えていたと想像すると...
お金のやりくりは本当に大事だと気づかせてくれます。

映画「決算!忠臣蔵」石原さとみ

(C)2019「決算!忠臣蔵」製作委員会

生活費や食費に家賃。
江戸までの往復の旅費に討ち入りするための道具。
お金はどんどん出ていくばかりで当初は9,500万近くあったお金が大石内蔵助の頭の中では討ち入り前に”赤字”になってしまいます。

当時の侍は「節約」など考えたことのない侍も多く、本人も悪気なく無駄遣いをしたり提案してくるシーンには笑いを誘われてしまいます。

同時に戦をするには多くのお金がかかることが分かります。
会社経営から一家族までサイズに関係なく、いかにお金のやりくりが重要なのか教えてくれる映画でもあります。

\映画を観終わったらこちらもおすすめ/