劇場公開中の作品

今回スポットを当てる映画は2018年4月13日に公開された日本のアニメ映画「名探偵コナン ゼロの執行人」

劇場版名探偵コナンシリーズとしては22作目になる。

 

キャッチコピーは

  • それが、お前の真実か
  • 真実を暴く者VS正義を貫く者 魂がぶつかり合う極秘任務ミステリー

 

主題歌は福山雅治さんの「零-ZERO-」

映画「名探偵コナン ゼロの執行人」あらすじ

サミット会場が爆破されます。

 

警察の捜査で事故現場から何と毛利小五郎の指紋が検出されます。

 

小五郎は必死で無実を訴えるも、押収されたパソコンからは東京サミットの日程表や爆発現場の見取り図、爆発現場の遠隔操作可能なガス栓にアクセスした痕跡などが発見され、小五郎は警視庁公安部に捕まってしまいます。

 

公安の潜入捜査官である安室透に公安の強引な捜査を非難しますが、相手にされず。

 

なかなか弁護してくれる、弁護士も見付からず小五郎の疑惑がますます濃くなっていきます。

 

しかし、コナンの必死の捜査により別に犯人がいることが判明。

 

そんなとき、東京都内でスマホやパソコンなど、電気製品が遠隔操作されて暴走、都内は大パニックになります。

 

犯人は、日下部でした。

 

彼がサイバーテロにをした動機は、民間人の協力者で深い絆で結ばれていた羽場二三一の自殺でした。

 

公安の取り調べ中に自殺したといわれ、日下部は復讐のためにおこした事件でした。

 

しかし、羽場は公安に保護されて生きていました。

 

しかし、復讐のために火星から帰還予定の無人探査機はくちょうを操っていたのです。

 

危機一髪のところで、コナンと安室により、軌道をずらすことに成功してみんなを助けることが出来ました。

 

 

名探偵コナン ゼロの執行人 見どころ4点

見所はたくさんありますが1つ目は

小五郎逮捕により、蘭を守りたいといつもは冷静なコナンが取り乱すところかと思います。

 

蘭の苦悩と、やたらと小五郎が犯人かのようにいろんな証拠がでてきて。

 

話に入り込んで見れると思います。

 

とにかくいつもは冷静で、完璧な推理を見せるコナンが焦りまくっているのが本当にビックリだし、もどころのように思います。

 

2つ目の見どころですがコナンは、推理も楽しいのですが誰が犯人か考えながら見るのがコナンを見る上での楽しみのように思います。

 

要所、要所で犯人かなと思える人が出てくるのですが、なかなか難しいところのように思います。

でも、またそれが見所のように思います。

 

3つ目の見どころですが安室さん

かなりファンが多いという、安室さんがでているのも見所やように思います。

 

本当に味方なのか、それとも敵なのかなかなか難しかったです。

 

それを考えながら見るのも楽しいと思います。

 

私的にはかなり主役かなと思えるぐらい安室さんがでているようにも感じました。

 

そして4つ目の見どころで一番の見どころと言えます。

コナンと安室対決かと思います。

最後に一緒にタッグを組んで事件を解決するのも見所ではないかなと思います。

 

名探偵コナン ゼロの執行人 感想

コナンは、通常のTV版から好きなので見ています。

 

映画版は、TV版の良いところをぎゅと凝縮されたものが多いので大好きです。

 

毎回ハラハラ、ドキドキしてしまいます。

 

今回は、小五郎逮捕と言うのがかなりの衝撃のように思います。

 

しかも、かなりのスピードで犯人されかねない感じだったので、どうなるんだろうとドキドキしました。

 

それに安室さんもやたらと小五郎を犯人にしようとしている感じがして、怖くも感じました。

 

それにコナンの推理も序盤は、いまいち冴えなかったし。

 

だんだんと後半に入るにつれていつものコナンの推理が見れましたが、本当に犯人にされるかもと心配してしまいました。

 

この人が犯人かなと思える人がたくさんいたので、なかなかしぼりきれませんでした。

 

だいたい犯人が分かるのですが、今回は最後の方まで分からなかったです。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事