今回スポットを当てる映画は2018年8月17日に公開された『銀魂2 掟は破るためにこそある

週刊少年ジャンプに連載されていた大人気漫画「銀魂」の実写化映画の続編です。

映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』あらすじ

銀魂2は銀魂の続編で、主人公の坂田銀時を演じる小栗旬のほか、管田将暉、橋本環奈たち豪華主要キャストは続投しています。

また、三浦春馬たちの演じる新しいキャラクターも登場してさらに、豪華な出演者が加わっており前作よりさらにパワーアップしています。

主人公「坂田銀時」役の小栗旬ですが、彼だからこの銀魂は成り立っていうほどハマリ役ですね。

彼以外考えられないくらい、ピッタリだと思います。

そして、志村新八役は前と変わらず管田将暉が演じます。

銀さんと変わらずぶっとんだキャラですが、演技力があるので、とても上手に演じています。

そして、神楽役の橋本環奈さんも続投ですね。とても可愛らしい女優さんですが、神楽を演じるにあたり、ぶっ飛んだ役をしていますよね。

あの橋本環奈さんがこんな役を?と驚いた人もいるのではないでしょうか。

このほか魅力的なキャラクターがたくさんいるので、ぜひ楽しみにして欲しいですね。

さて、あらすじですが時は幕末、地球人と宇宙人・天人(あまんと)が共存する江戸、かぶき町で暮らす万事屋の銀時、新八、神楽。

金欠で家賃も払えない3人はある日、キャバクラ「すまいる」の店長から幕末のお偉いさんの接待を依頼されます。

ですが、実はそのお偉いさんとは時の征夷大将軍・徳川茂茂でした。

時を同じくして攘夷浪士たちに囲まれ、剣を抜こうとする真選組鬼の副長の土方です。

ですが、その瞬間なぜか体が勝手に動き気がつけば土下座をしていたのでした。

土方がヘタレと化して真選組存亡の危機が迫る中事態は将軍をも巻き込む大騒動に発展してしまいます。

この最大の危機に万事屋、そして銀時はどう立ち向かうのか?というストーリーになっています。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』見どころ

今回はとにかくスケールがすごいということですね。

前作も戦いがあってそれなりに迫力があったのですが、今回はそれの比でないくらいスケールが大きく、カーチェイス&銃撃戦が展開しています。

漫画でも戦いは見所なのですが、それがスクリーンで大迫力で見られるのでかなり注目して欲しいポイントです。

銀魂はお笑い要素が強く基本的に主人公たちはふざけているのですが、戦いだけはかなりマジメで迫力があるので、そのギャップも楽しんで欲しいですね。

さらにアクションシーンも満載で剣劇シーンも増えています。

アクションも本格的な中国舞踏のようなものや隠し武器など刀以外のアクションもたくさん出てくるのでアクション映画が好きな人でも楽しめる映画になっています。

また、ドラマも濃厚になっており、絆や熱い思いなどで思わずジーンときてしまうシーンもあるので、笑いあり。

涙ありな映画になっているところも是非注目して欲しいと思います。

『銀魂2 掟は破るためにこそある』感想

映画の感想はひとことで言えば、大迫力ですね。

前作も迫力があったのですが、銀魂2はそれをはるかに超える迫力で思わず息が止まってしまいました。

アクションが派手で大きなスクリーンで見ているので、かなりの迫力に圧倒されてしまいました。

また、銀魂は物語を楽しむというよりかは、笑えるシーンが多いのでギャグというイメージが強いのですが、今回は物語もしっかりとしているので、思わず感動して涙が出そうになりました。

銀魂で感動すると思っていなかったので心の準備が出来ておらず、少し戸惑ったのを覚えています。

物語がよかったのですが、やはりギャグが一番なので、思わず大笑いしてしまうシーンもたくさんあり、銀魂の良さが一切なくなっていないのもよかったと思いました。

会場も思わず笑いが起こってしまうシーンも多々あったので、見終わったときは笑えて、大迫力に驚いて、さらに感動までしてなんとも言えない映画でした。

ですが、銀魂を知っている人も知らない人も見て損はないので、是非、観てほしいですね。