映画『初恋』ネタバレ感想。窪田正孝主演
(C)2020「初恋」製作委員会

タップで該当箇所へスクロール/

『初恋』あらすじ

ボクサーとして特集が組まれるほど将来有望なレオ(窪田正孝)。
そんなレオだったが一度のラッキーパンチで倒れて負けてしまう。

倒れたことが信じられず病院で脳の診断をしてもらうレオ。
結果は悪性の腫瘍でボクサー人生はおろか余命わずかと告げられる。

武闘派ヤクザ権藤(内野聖陽)が出所。
権藤に恨みを持ったチャイニーズマフィアとの抗争が近々起こると予想している組員の加瀬(染谷将太)。

死なずにかつ、ブツを捌いて大金を得るため”画を描く”策士の加瀬。
そのためマル暴刑事でありながらもブツをさばくルートを持つ大伴と裏で手を組む。

実の父親によってヤクザに身売りされ囚われの身となったモニカ(小西桜子)を連れ去る指示を出す。

 

加瀬の描いた画の実行日。

予定通りモニカを呼び出し、指定された時間まで拘束する予定の大伴。
だが連れ出した途中で薬物中毒のモニカは父に追われる幻覚を見てしまい逃げ出してしまう。

追いかける大伴。
モニカの「助けて」の言葉に反応し追ってきた大伴をノックアウト。

落ちた警察手帳を手に取り殴った相手が警官だと知り混乱するレオ。
モニカに「リュウジくん」と呼ばれ、訳も分からず腕を引かれ警察手帳を持ったまま走り去る。

加瀬はブツの取引所であるモニカの監禁部屋へ。
下っ端組員のヤスをスタンガンで気絶させようとするが、阻止されてしまう。
反撃に焦った加瀬はヤスを撃ち殺害してしまう。

ヤスの死体を発見した組員はチャイニーズマフィアの仕業だと思い込まされる。
犯人のカギを握るモニカはヤクザに追われることに。

チャイニーズマフィアもまた売られたケンカを買ってシノギを乗っ取ろうと計画。
モニカが持つと思われるブツの行方を追う。

そして意識を取り戻した大伴は警察手帳を取り返すべく、レオとモニカを探し回る。

それぞれの欲によって狙われるモニカと巻き込まれるレオ。
人生で最も濃密な夜を迎える。

>>映画『初恋』動画フルの無料視聴は2つのサイトで可能!窪田正孝主演

『初恋』ネタバレラスト

※ここからはネタバレを含んでいます。

未鑑賞の人は感想へジャンプした方が良いかも?

加瀬に雇われたチャイニーズマフィアはジュリを誘拐して殺害しようとしますが返り討ちに。
モニカを監禁していた部屋へ戻るジュリですが、そこには彼氏の死体が。

組に連絡し状況を伝えるジュリ。
平然を装う加瀬。
加瀬たちヤクザ一行は現場へ向かう。

気が動転しているジュリを家まで送ることを命じられる加瀬。
そこでジュリが彼氏ヤスの携帯にGPSアプリを仕込んでいることを思い出す。

アプリからモニカの場所が分かると思った加瀬。
ジュリから携帯を取り上げようとしますが、激しい抵抗にあい気絶させることに。

気絶させた彼女を家に抱えていくと同居していたおばあちゃんが登場。
一人暮らしだと思っていた加瀬は焦って2人まとめて火事を装い始末することに。
現場を後にし、モニカを追う加瀬。道中、大伴と合流することに。

一方、熱さで目を覚ましたジュリは命からがら燃えた部屋を脱出。
組に連絡し全て加瀬の計画だったことを伝え、加瀬と大伴は追われる立場に。

 

帰るあてのないモニカはレオとともに実家へ。
やはりそこには父親がいるはずもなく…そこへチャイニーズマフィアが現れる。
レオはモニカを守りつつボクシングで必死に対抗。

そこに加瀬と大伴を乗せた車が。
マフィアと交戦の末、倒すが加瀬は銃撃で負傷する。
4人は車で逃走しますが、仲間のマフィアに追われ大型量販店に逃げ込む。
そこにジュリたちヤクザもやってきて抗争とそれぞれを狙う殺し合いに。

隠れるレオとモニカ。ふと携帯の電源を入れると留守電メッセージが。
再生すると医師からの電話で「診断が他の人と間違っていたこと。レオは健康そのものであること
を告げた内容でした。

助かる命と知ったレオにマフィアの女性が登場。
高倉健の映画によって「仁」を重んじる彼女はレオがカタギだと知ると開放する。

それぞれの殺し合いの末、ボロボロになりながらも権藤だけが生き延びる。
だが量販店の周りは警察に包囲され…
同じく身を潜めていた2人を見つけた権藤は運転を指示し3人でとんでもない脱出方法を選ぶことに。

車中、組に誘われるレオですがボクシングを続けると言って断ります。
そして、ブツを絶つと決めたモニカと車外へばら撒くことに。

そして権藤によって車から降ろされた2人。
明け方になった道から歩いてきたのはレオが勘違いされたリュウジと身ごもった女性の姿。
「おめでとうございます」と伝え、何かが吹っ切れたモニカ。

レオと共に自分の足で歩き出すのでした。

『初恋』感想

三池崇史のエンタテインメントを120%感じた映画でした。
邦画がなかなか映画賞を受賞できないと言われている中、可能性を感じさせてくれます。

なによりも単純にストーリーも良くできていますし、極上のエンタメでした。
ヤクザ映画の任侠要素あり、ヤクザの権藤を演じた内野聖陽さんのラストはカッコよかった!
ベッキーが良い意味でぶっ飛んでて、ジョーカーに恋したハーレイ・クインに似た良さを感じた!
アメコミの要素があり、脱出の瞬間は何を見せられてるのか混乱した!
映画「ロッキー」の様な立ち向かうぞ!という勇気づけられる要素あり!
初主演の女優は身体を張った演技で良かった!

エンドロールはキャスト誰もがかっこよく紹介されていましたし、この映画が細部まで作り込まれたエンタメだと全力で勧めたくなる映画でした。

ただ、PG12指定だけあって多少過激な描写がある点にはご注意を。

個人的には洋画で話題になった「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」のタランティーノ監督に似たものを三池崇史監督から感じました。

>>映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』無料動画はある?動画配信で見る方法
映画が本当に好きで様々なリスペクトを随所に感じます。

タイトルの「初恋」に関しては意味をそれぞれ考えることとなるでしょう。

沖縄民謡のシーンはただただシュールでした。

『初恋』評価

ぶっ飛びエンタメ
沖縄民謡で笑う
成分 エンタメ50%、ヤクザ20%、キャラの濃さ20%、沖縄民謡10%

こんな人におすすめ

邦画のエンタメが見たい。
三池崇史監督のファン。
スポンサードリンク