2019年11月8日(金)に公開された白石和彌監督最新作「ひとよ」のネタバレなしあらすじと見どころを3点解説。

『ひとよ』あらすじ

小さなタクシー会社を運営している稲村家。
父親は家庭内暴力で荒れており、子どもたちは暴力に怯えただただ耐えるだけの日々。
どしゃぶりの雨が降る夜、いつものように母親と子どもたちは夕飯を取る。

簡単な夕飯を済ませた後、母・こはる(田中裕子)は神妙な表情で子どもたちによく聞いてほしいと話を切り出す。

愛する子どもたちを守るため、母は愛した夫を殺害したのだった。
15年後の再会を子どもたちに誓い、罪を償うため車に乗って出頭していく母。

後から母親と離れたくないと必死に追いかける長男大樹(鈴木亮平)、次男雄二(佐藤健)、長女園子(松岡茉優)達だが見失う。

時は流れ、三兄妹は事件の日から抱えたこころのキズを隠したまま大人となる。

家庭を持ち子供もいる大樹。
実家を離れ東京で小説家の夢を追い続ける雄二。
美容師の夢を諦め、スナックで働く園子。

大人になった子どもたちの元に15年後、約束のため母親が現れる。

皆が願った将来とは違ってしまった今、再会を果たした家族がたどり着く先は...

壊れた家族は再び繋がることはできるのか?

『ひとよ』見どころ3点

1点目:演技派役者陣

母親を演じる田中裕子さんをはじめ出演陣の演技力は見事です。

冒頭で田中裕子さんがタクシーの運転で旦那を轢く際の表情、子どもたちに別れを告げる際の表情からラストの園子に髪の毛を切ってもらうシーンの表情までこれぞ女優!という幅の広さを感じさせてくれます。

また、脇を固める音尾琢真さん、筒井真理子さん、浅利陽介さん、韓英恵さん、MEGUMIさんなどの演技も実に見事。
重たく暗くなりがちな作品テーマに対して、見事にそれぞれの抱えている問題を表現しています。

芸人”千鳥”の大悟さんが出演していますが良い意味で見事な演技にも注目です。

2点目:デラべっぴん

映画「ひとよ」の3兄弟

(C)2019「ひとよ」製作委員会

重たく暗いテーマの今作に対して、クッション役となっているのがアダルト雑誌「デラべっぴん」。

実在したアダルト雑誌ですが、家族がこのデラべっぴんを巡ってちょっとした事件を引き落とします。

特にお気に入りは庭で3兄妹が「デラべっぴん」の発音についてやり取りするシーン。
ふいに”ホッコリ”させてくれるシーンであり、演じているのではなく本当に3兄妹だと錯覚するくらいに仲の良さも感じさせてくれるアイテムとなっています。

3点目:堂下親子のストーリー

佐々木蔵之介演じる堂下は何かとワケありのニオイを感じさせてくれますが、物語が進むにつれて徐々に堂下の素顔が明らかになっていきます。

堂下にとって息子と再会した『一夜』はどういった意味を持つのか?

次にまた会うことを約束し、別れた堂下親子でしたが思わないところで2度目の再会を果たすことになっります
堂下が息子に気づいた後どうしたのか?

スピンオフが期待できそうな、もう1つの親子のその後をあなたなりに考察してしまうでしょう