劇場公開中の作品

今回スポットを当てる映画は2018年12月7日に公開された「来る

監督は「嫌われ松子の一生」「告白」「渇き。」中島哲也監督。
岡田准一さんを主演に迎え、「第22回日本ホラー大賞」で大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を映画化したホラー。

映画「来る」あらすじ

何をやっても順風満帆に過ごしてきた青年・田原秀樹(演・妻夫木聡)はどこか影のある女性、香菜(演・黒木華)と結婚し娘 知紗に恵まれます。

秀樹は育児の様子をブログに日々アップするようになり、職場でも理想の父親、イクメンとして人気に。

しかし小さい頃に姿を消した幼馴染との間にあった正体不明な恐ろしいものの記憶に苛まれる事も。

ある日、秀樹が帰宅すると散らかった部屋と怯える妻子を見つけます。

秀樹は、遠い記憶の中の恐ろしいものがとうとう自分を狙ってきたのだと感じるのです。

秀樹は昔馴染みの先輩で、民族学を研究している津田大吾(演・青木崇高)に相談すると、霊能力を持っているというキャバ嬢、比嘉真琴(演・小松奈々)を紹介してもらい除霊を行います。

しかし真琴の未熟な霊能力は事態を悪化させたようで、真琴の姉で非常に強力な霊能力者である比嘉琴子(演・松たか子)が事態の収拾を行うこととなりました。

しかし琴子に頼まれた除霊師も、正体不明な「それ」にやられてしまい、なんと秀樹までもが琴子になりすまし電話をかけてきた「それ」に殺されてしまいます。

秀樹が死んでから秀樹の妻・加奈はパートをしながら一人で知紗の育児もしていたため疲労とストレスがピークに。

加奈は知紗に辛くあたってしまうのです。

秀樹の生前から加奈と津田は不倫関係にあったため、津田は加奈に親身になってくれ、また自分を女として見てくれる津田との関係は切れる事はありませんでした。

そんな中、またも「それ」は襲いかかる。

加奈は知紗を連れて逃げるも殺され、知紗は行方不明になってしまいます。

一連の騒動を聞きつけたフリーのオカルトライター野崎和浩(演・岡田准一)は、縁のある真琴つたいに事件を追っていきます。

追っていくうちに、ただ事ではない事に気づき真琴とその琴子と共に「それ」を追い払う事を決意します。

琴子でさえ「それ」を一人で相手にするには分が悪いという事で、

日本全国からユタや僧侶、坊さんや祈祷師を集め秀樹の住んでいたマンションを除霊することにします。

儀式がはじまり、「それ」とともに知紗も姿を現しますが、実は知紗の思いに共鳴した「それ」が一連の騒動を起こしていたことが判明します。

ブログにかまける父、そんな父にうんざりする母、知紗の寂しいという気持ちが「それ」を呼び寄せたのです。

その事実を知った和浩と真琴は知紗を救ってやりたいと願うのですが、琴子は危険だということで知紗ごとあの世へ返そうとします。

和浩は琴子を説得し半ば無理やり知紗を連れ出し救出し、琴子はなんとか「それ」を退けます。

そして最後は、和浩と真琴のそばで知紗がただ、眠っています。

映画「来る」見どころ

ただのホラーと思うことなかれ、様々な人間模様が交錯しているのは映画として十分に見応えがあります。

登場人物全員が何かかしらの事情を抱えており、映画内で明言されていないような事情も注意してみると気づく事でしょう。

ホラーでありながらそういった人間模様を考えながら観るのも良いでしょう。

襲いかかってくる「それ」は、明確にこんな感じというのはないのですが、明らかに悪意を持って襲いかかってくる。

そしてとても凶悪なものとして登場するのですが、その演出も見所です。

某ホラー映画のように、白い服を着たサラサラストレートの女性が…

というような、直接的な登場や表現はされていないにも関わらず、得体の知れない何かではなく「それ」として演出、表現されているのはなかなか珍しいと思います。

また後半の儀式のシーンは圧巻です。

かなり金が掛かっていると思います。

様々な宗教の祈祷や厄除けを結構忠実に再現しつつ、一箇所で撮っているのは映画ならではの迫力です。

戦闘シーンやすごいCGではないのにあんな迫力をだせる映画はなかなかお目にかかれません。

私の一番のお気に入りの見所は、松たか子さんのフックパンチです。

岡田准一さんが殴られるシーンなんですが、あれは「殴る」ではなく「殴り倒す」ですね。

みたらギョッとできると思います。

映画「来る」感想

率直な感想としては「最近のホラーにしては派手でテンポも良いけど、意味不明」という感じでした。

本当に、最近のホラーにしては中弛みが無いし、ポンポーンと話も進んでいくし、かなりの良作でした。

が、問題の「それ」に関しては、一貫して「それ」のまんまでした。

もうちょっと正体的なものを掘り下げて頂いても良かった気はします。

最初に「それ」と関連ある妻夫木さんの地元の、しかも行方不明にになった幼馴染の…

とか色々調べるとこやら因縁があっても良さそうなものでしたが、全く正体不明だっため、映画見終わった後も「これは解決した…の?」というサッパリしない感じが残ってしまいました。

次回作があるなら何かはっきり明言して欲しいですね。

あと細かいところで言うと、前述しましたが、人間模様が色々とあるとこです。

ありすぎて気付けてないところが多々あった気がします。

岡田准一と小松奈々の本当の関係、妻夫木と階段ですれ違ったOL、津田の動機や方法などなど。

いや軽くは説明されてるんですが、本当にそれだけなの?何かあるよねこれ?と感じてしまう場面がありました。

という事で、最近のホラーでここまで感想を持てただけ、やはり面白かったという他ありません。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事