今回スポットを当てる映画は2019年1月18日に公開された『マスカレード・ホテル

大人気作家「東野圭吾」のベストセラー小説「マスカレード」シリーズ第1弾を映画化した作品。

木村拓哉さんが初の刑事役で長澤まさみさんと初共演というのも話題になりました。

映画『マスカレード・ホテル』あらすじ

ある犯人がいて、その犯人が殺人予告をするのですが、その殺人の現場を豪華ホテルコルテシア東京と言うところで行うと言って来たのでした。

そこへ、今回のこの映画のW主演である木村拓哉さん演じる刑事とホテルマンである長澤まさみさんとが協力しあい犯人を捕まえると言う内容でした。

木村拓哉さん演じる刑事は勿論、潜入捜査としてホテルマンに成り済まし犯人を見つけると言う役目でした。

しかし、そんな無謀な作戦に不快感を持っていたホテルマン演じる長澤まさみさんが、これも仕事だと割り切り木村拓哉さん演じる刑事にしだいに協力していくのです。

そんな長澤まさみさんを尻目にその刑事役である木村拓哉さんは乱暴な接客をお客様にしてしまい、変わりに長澤まさみさんが謝ると言うことになってしまうのです。

そして、そんなことも色々ありながらも何とか犯人を見つけ出し、最後には長澤まさみさんの協力もあり無事にその犯人を捕まえることになるのです。

マスカレード・ホテルの見どころ

まずはとにかく物凄く豪華なキャストが出演していると言うことです。

木村拓哉さんと初共演でもある長澤まさみさんとのW出演をはじめ、

小日向文世さん、濱田岳さん、菜々緒さん、宇梶剛士さん、松たか子さんなど...

まだまだ他にもたくさん有名人が出てきます。

また、誰もが犯人ではないかと怪しく、そして誰もが疑わしいところが犯人が解らなく面白いところなのです。

そんな中、笹野高史さんだけが刑事である木村拓哉さんのことを良く知っており、そして長澤まさみさんにあなたが今木村拓哉さんの相棒ですかっと聞くのですが、またそこがハッとさせられ面白いところなのです。

先程も言いましたように、たくさんの有名人が出るため、その度にそのキャストに驚かされるのです。

普通の映画ではあまり考えられないぐらいの本当に豪華な豪華なキャスト揃いとなっていましたので。

また誰もが有名人だけあって演技が上手いところもこの映画の見所だとも思います。

勿論、最後まで誰が犯人かが解らないのも面白いところです。

マスカレード・ホテルの感想

私は昔からやはり世代的にも木村拓哉さんにはとても影響を良く受けました。

その木村拓哉さんがまた刑事役と言うのは初めてだと言うこともあり、とても新鮮で魅力的でした。

とは言え半分は刑事役でもあり、また半分はホテルマンでしたので二重に楽しむことが出来ました。

また、W主演である長澤まさみさんも私は昔から大ファンでしたので、そんな二人の共演には物凄く嬉しかったのです。

長澤まさみさんのホテルマンとしての礼節などを、ヤンチャな刑事役である木村拓哉さんを制止するところなど。

実にとても見ていて面白味がありました。

また、他にもあの有名な映画やドラマであったHEROのメンバーが再び木村拓哉さんとの共演をはたしているところは本当にファンとしては最高に嬉しかったです。

特にそのメンバーの中でもやはり1番は松たか子さんとの共演でした。

久々の二人の共演はとても魅力的で相変わらず面白かったです。

松たか子さんと言えば、もうひとつ昔のドラマで言えばロングバケーションも然り、ラブジェネレーションでの記憶が今でも私には脳裏にあります。

当時は木村拓哉さんはロン毛であって、そのロン毛である木村拓哉さんの髪を、バッサリとハサミで切るシーンは本当に圧巻でした。

そんな二人がまたこうして違う内容の映画として共演をはたし、そして物語が進んでいくのが不思議に感じたこともありました。

しかし、今回は長澤まさみさんとの初の共演であり、また初の掛け合いは本当に見ていて新鮮で非常に楽しめました。

長澤まさみさんと言えば演技は上手なところもあり、また可愛らしさも良く出ており改めてファンになったような気がしました。

是非、またパート2などあって欲しいと思っています。

おすすめの記事