日本の映画は1898年に短編映画が生まれたのがスタートだと言われています。
日本の興行収入として最大の収益308億円を記録した「千と千尋の神隠し」と言った誰もが知る邦画の名作、海外の映画にも多大な影響を与えたと言われる黒澤明監督の「七人の侍」といった昭和の時代劇・モノクロ時代の傑作映画まで。
正直どれを選んだら良いか迷いますよね。
興行収入だけで見ると上位3位がアニメなので邦画=アニメであり、映画=洋画というイメージを持たれている人もいるかもしれません。

ただ、推しムビ編集部としては食わず嫌いで今まで邦画を避けてきた人はもちろん、邦画が大好きな人にも納得してもらえる邦画の名作・傑作ランキングを紹介することによって邦画の魅力をもっと届けたい! という想いから、様々な映画のレビューサイトや実際のデータとして興行成績も加味した、客観的で公平性のあるランキングを作成しました。

編集部としての考え方は「映画というのはエンタテイメントだと捉えています。」
そのため、ストーリーはもちろん、映像や音楽、脚本や役者の演技全ての要素で楽しめるか!?が大きな判断ポイントとしています。

よってどうしても映画館の変化でも感じるように3D、IMAXなどデジタルシアターで楽しめる近年の映画の方がどうしても上位になりがちです。
もちろん、当時の持てる技術を全て出し切って生まれた映画を名作・あるいは傑作という点に疑いようはありませんが、もしあなたのイチオシ作品がこのランキングに入っていなかったとしても、作品を否定している訳ではありませんので予めご了承ください。

また、他のサイトには見られない「この映画が好きならおすすめ」という独自の視点を用意しておりますので、合わせてあなたがまだ知らない邦画の名作に出会えるお手伝いになれば幸いです。

目次

第40位:手紙(2006)

川崎のリサイクル工場への送迎バス。最後部座席に野球帽を目深に被った青年の姿がある。
武島直貴、20歳。暗い目をしたこの青年には、人目を避ける理由があった。
兄・剛志が、直貴を大学にやる学費欲しさに盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまったのだ。
数度にわたる引越しと転職。兄貴がいる限り、俺の人生はハズレ。そういうこと―。
自暴自棄になる直貴を、深い絶望の底から救ったのは由美子の存在だった。
しかし、その幸せが再び脅かされるようになった時、直貴は決意する。…
塀の中から届き続ける、この「手紙」という鎖を断ち切ってしまう。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:生野慈朗
出演者:山田孝之, 玉山鉄二, 沢尻エリカ
音楽:佐藤直紀
主な受賞:第34回ヨコハマ映画祭助演男優賞など
興行収入:12.0億円
上映時間:121分
近年で間違いなく上位に食い込む邦画の名作

良い意味でフィクションだからこそ作り上げられる感動作。
途中、観るのが辛くて何度も観るのを辞めてしまいそうなくらい胸を締め付けます。
最後は本当に兄の玉山鉄二になったのかと思うくらい感情移入して号泣です。

ラストの玉山鉄二さんのシーンがこの作品のすべてであり、名作入りする理由です。

この映画が好きならおすすめ

  • ゆれる
  • 重力ピエロ
  • おにいちゃんのハナビ

"きょうだい"のいる人は必見映画!
涙なしには観れません。

第39位:名探偵コナン 紺青の拳(2019)

週刊少年サンデーで絶賛連載中、青山剛昌原作の国民的人気シリーズ「名探偵コナン」。
23作目となる劇場版シリーズ最新作「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」

作品情報
ジャンル:アニメ
監督:永岡智佳
声の出演者:高山みなみ, 山崎和佳奈, 小山力也
音楽:大野克夫
主な受賞:-
興行収入:91.2億円(2019年7月時点)
上映時間:109分
親子で観れるシリーズものアニメ

アニメと言えば子供の観るものだと思っている人にこそ観てほしい映画。
もちろんシリーズを通じて観ている方が何倍も楽しめるが、コナンを知らない大人でも推理要素やアクション要素もあり、最後まで誰が犯人なのか、ハラハラします。

この映画が好きならおすすめ

  • ルパン三世
  • 踊る大捜査線

何故、コナン作品が出る度に興行収入を更新していくのか。
シリーズアニメとしては歴代興行記録を誇る国民的アニメ「コナン」は大人も楽しめます。

第38位:紙の月(2014)PG12

バブル崩壊直後の1994年。
夫と二人暮らしの主婦・梅澤梨花は、銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。
細やかな気配りや丁寧な仕事ぶりによって顧客からの信頼を得て、上司からの評価も高い。
何不自由のない生活を送っているように見えた梨花だったが、自分への関心が薄い夫との間には、空虚感が漂いはじめていた。
そんなある日、梨花は年下の大学生、光太と出会う。
光太と過ごすうちに、ふと顧客の預金に手をつけてしまう梨花。
最初はたった1万円を借りただけだったが、その日から彼女の金銭感覚と日常が少しずつ歪み出し、暴走を始める。

作品情報
ジャンル:サスペンス
監督:吉田大八
出演者:宮沢りえ, 池松壮亮, 大島優子
音楽:緑川徹
主な受賞:第38回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞・優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞など
興行収入:9億5,000万円
上映時間:126分
宮沢りえがリアルな犯罪映画を演じる

偽物の世界と知りながら自分ならどう振る舞うか。
1994年という時代背景もありますが、少しずつ破滅に向かって進んでいく、ハマっていく犯罪はリアルです。
宮沢りえの存在感がさすが!

この映画が好きならおすすめ

  • 後妻業の女
  • 嫌われ松子の一生

快楽だけに溺れてしまう末路、復讐を誓った人の怖さ。
色々感じるところがあります。

第37位:めがね(2007)

春まだ浅いころ。この世界のどこかにある南の海辺の小さな町に不思議な予感が漂う。
「来た」プロペラ機のタラップを降り、小さなバッグひとつを手に浜を歩いてくる、めがねをかけたひとりの女。
待ち受けていた男と女に向かい、彼女は深々と一礼する。静かな波が寄せては返す。
時を同じくして、同じプロペラ機からもうひとりの女が降り立った。
名前はタエコ(小林聡美)。大きなトランクを引きずりつつ、手描きの地図を片手に浜を歩き、奇妙ななつかしさの小さな宿・ハマダにたどり着く。出迎えたのは宿の主人ユージ(光石研)と愛犬コージ(ケン)。
迷わずにたどり着いたタエコに彼は「才能ありますよ」と告げる。
「ここにいる才能」。次の日宿の一室で朝を迎えたタエコの足元に不敵な微笑みをたたえためがねの女サクラ(もたいまさこ)の姿があった。
それから起こるのはいちいち不思議なことばかりだった。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:荻上直子
出演者:小林聡美, 市川実日子, 加瀬亮
音楽:金子隆博
主な受賞:-
興行収入:5.2億円
上映時間:106分
もっと知られてほしい名作。日常のありがたさを感じる。

ゆっくりと時間が流れている作品。
映画らしい事件やハプニングが起こらないのでつまらないと感じる人も出てくると思います。
ただ、最後まで観た人は日常のありがたさを感じる隠れた名作です。
茹でたエビとビールが幸せに感じます。

この映画が好きならおすすめ

  • かもめ食堂
  • パンとスープとネコ日和
  • しあわせのパン
  • 海街diary

ゆるーい映画だと思いきや、禅や仏教の思想を根底にした映画で深い作品です。
最後にいつも身につけていた「あれ」を落とす意味など深いなぁと感じます。

第36位:そして父になる(2013)

大手建設会社に勤め、都心の高級マンションで妻と息子と暮らす野々宮良多(福山雅治)。
ある日、産院からの電話で、6歳になる息子が取り違えられた他人の子だと判明する。
妻のみどり(尾野真千子)は気づかなかった自分を責め、一方良多は、優しすぎる息子に抱いていた不満の意味を知る。
良多は、相手方の家族と戸惑いながらも交流を始めるが、群馬で小さな電気店を営む斎木雄大(リリー・フランキー)とゆかり(真木ようこ)夫婦の粗野な言動が気に入らない。
過去取り違え事件では100%血のつながりをとるというが、息子に一心な愛情を注いできたみどりと、温かでにぎやかな家族を築いてきた斎木夫婦は、育てた子を手放すことに苦しむ。
早い方がいいという良多の意見で、ついに“交換”が決まるが、そこから、良多の本当の“父”としての葛藤が始まる―。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:是枝裕和
出演者:福山雅治, 尾野真千子, 真木よう子, リリー・フランキー
音楽:安井輝
主な受賞:第37回日本アカデミー賞 優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞・優秀主演男優賞・優秀主演女優賞ほか
興行収入:32.0億円
上映時間:120分
父親とは?とても難しい内容で考えさせられる

自分に子供がいる人にとっては無視できない、観終わった後に考えさせられる作品。
家族とは?父親とは?絆についても考えさせられます。
見る人によって意見が変わる映画です。
そして、子供から「なんで?」と聞かれた時に親として子供が納得できる説明ができるのか?

この映画が好きならおすすめ

  • 万引き家族
  • 誰も知らない
  • 海街diary

人それぞれの見解が出てくる映画。
社会人として社会的地位を優先するのか、父親として子供とのふれあいを優先するのか。
どちらの父親も子供を大切に思っていることには変わりないが、子供にとっての幸せを考えさせられました。

第35位:サマータイムマシン・ブルース(2005)PG12

「交渉人 真下正義」の本広克行監督が惚れこんだ京都の劇団『ヨーロッパ企画』の芝居『サマータイムマシン・ブルース2003』を、自ら初プロデュースも手がけ映画化。
タイムマシンを巡って思いがけない事態に巻き込まれる学生たちの姿を描く青春コメディ。
出演は映画初主演となる瑛太、ヒロインに「スウィングガールズ」「亀は意外と速く泳ぐ」の上野樹里。

作品情報
ジャンル:SF、コメディ
監督:本広克行
出演者:瑛太, 上野樹里, 真木よう子
音楽:HALFBY
主な受賞:
興行収入:-
上映時間:107分
夏がくる度に観たくなる青春SFコメディ

SF要素がメインですがコメディやサスペンス要素もあり、ちょっとだけ恋愛要素もあり、甘酸っぱい大学生活が蘇ります。
気軽に観れる作品でありながら、舞台の脚本が元になっているだけあり落ちが見事!

この映画が好きならおすすめ

  • カメラを止めるな!
  • 鍵泥棒のメソッド
  • 殿、利息でござる!

主演級がずらりと出ており、演じるキャラが今と違っている人が多数!始めは分からないかも。
それを探すのもまた楽しい。
真木よう子さんとムロツヨシさんはすぐに分かりませんでした。

第34位:ウォーターボーイズ(2001)

実話に基づく男のシンクロをテーマにした青春学園コメディ。
ひょんなことからシンクロをやることになった男性生徒たちの奮闘を描く。シンクロを発表する学園祭前日、学内でボヤ騒ぎが発生してしまい、消化のために消防隊はプールの水を用いほとんど使い切ってしまっていた...

作品情報
ジャンル:コメディ
監督:矢口史靖
出演者:妻夫木聡, 玉木宏, 三浦哲郎, 金子貴俊
音楽:松田岳二
主な受賞:第25回 日本アカデミー賞 優秀作品賞・優秀監督賞・優秀主演男優賞ほか
興行収入:9.2億円
上映時間:91分
学園青春ムービーの火付け役

男子高校生がシンクロナイズドスイミングをやるという実話に基づく映画。
コメディ要素もあり感動できる内容でもあり、90分少しと言うテンポの良い映画。
登場人物のキャラもしっかり練られており、学園コメディはこれが火付け役!

この映画が好きならおすすめ

  • スウィングガールズ
  • フラガール
  • ぼくたちと駐在さんの700日戦争

個人的に夏になると観たくなる映画です。
イケメン俳優たちの若かりし頃が観られるのも貴重です。
一つのことに熱中した青春時代が蘇ります。

第33位:君の名は。(2016)

千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。
田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。
ある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。
都会での生活を満喫する三葉。一方、東京で暮らす男子高校生・瀧も奇妙な夢を見た。
行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。
繰り返される不思議な夢、明らかに抜け落ちている記憶と時間。
二人はお互いが入れ替わっていることに気付く。
何度も入れ替わる事に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める二人。
残されたお互いのメモを通して、状況を乗り切っていく。
しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。
自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心。辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた…。

作品情報
ジャンル:アニメ
監督:新海誠
出演者(声):神木隆之介, 上白石萌音, 成田凌
音楽:RADWIMPS
主な受賞:第40回日本アカデミー賞 優秀アニメーション作品賞・優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀音楽賞
興行収入:250.3億円
上映時間:107分
世界に誇れる日本アニメーションの感動傑作

海外でも大ヒットし邦画で歴代2位の興行収入となり商業的にも大成功した作品。
ハッピーエンドのラストには誰もが期待する終わり方であり、納得。
新海ワールドたっぷりの作品であり最高傑作。
RADWIMPSの音楽と作品のシンクロが見事!

この映画が好きならおすすめ

  • 言の葉の庭
  • 時をかける少女
  • あした世界が終わるとしても

社会現象を起こした「君の名は。」終わり方がきれいなハッピーエンドだったからこそ、他の新海作品を是非見てほしい。
興行的に成功させるべきか、描きたいものをやるのか。監督の葛藤も垣間見れると思います。

第32位:踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003)

2003年、お台場。かつては空き地だらけだったこの街も、一大観光名所に姿を変えた。
湾岸署でも観光案内、迷子、交通整理などに忙殺される毎日が続く。
そんな折、管内で猟奇的な殺人事件が発生した。
程なく、本庁から室井らが到着。初の女性キャリア沖田を本部長に据え、特別捜査本部が設置された。
しかし、青島らの決死の捜査を嘲笑するかのように、第2の殺人事件が・・・。

作品情報
ジャンル:サスペンス、アクション
監督:本広克行
出演者:織田裕二, 柳葉敏郎, 深津絵里
音楽:松本晃彦
主な受賞:第27回日本アカデミー賞 優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞・優秀主演男優賞ほか
興行収入:173.5億円
上映時間:138分
懐かしい刑事ドラマ

TVドラマが大ヒットし、映画化された作品の中でイチオシなのがシリーズ2作目の今作。
今見たらツッコミどころ満載でコメディ要素が強い作品であることは重々承知した上で観てほしいです。
シリーズ映画としては邦画で興行収入は「踊る大捜査線THE MOVIE」は歴代1位ではないでしょうか。
名言(迷言?)や名脇役の和久さん(いかりや長介)さん、顔芸?の室井さんがこぞって芸人さんが真似をするくらい色々とハマる要素がある映画。

この映画が好きならおすすめ

  • 容疑者Xの献身
  • さらば あぶない刑事
  • 県庁の星

スピンオフ作品の「交渉人 真下正義」「容疑者 室井慎次」も合わせて鑑賞してください。

第31位:ピンポン(2002)

才能にあふれ、卓球が好きで好きでたまらないペコ。
子供の頃から無愛想で笑わないスマイルにとってペコはヒーローだ。
だが、ペコはエリート留学生チャイナに完敗。
インターハイでも、幼なじみのアクマに敗れてしまう。
一方スマイルは、コーチに才能を見い出され、実力をつけていく。
現実の壁にぶつかったペコと強さに目覚めたスマイル。
それぞれの道を歩き始めた彼らに、またインターハイの季節がやってきた…。 

 

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:曽利文彦
出演者:窪塚洋介, ARATA, サム・リー
音楽:佐光朗
主な受賞:第26回日本アカデミー賞 優秀作品賞・優秀監督賞・優秀脚本賞ほか
興行収入:14億円
上映時間:114分
どこみて歩きゃ褒めてくれんだよ!

漫画原作の実写映画は尺の都合など不評の声が多いですが、これは原作を超えています。
徹底的に原作をリスペクトしていることが監督はもちろん、脚本のクドカンさん、窪塚洋介さんなど俳優陣から感じ取れます。

登場キャラの「俺は努力したよ、お前の十倍、百倍、いや一万倍努力したよ!」
自分で努力したと言い切れるのは素晴らしいですが、現実を更に突きつける言葉
「どうして俺じゃなくてお前なんだよ!」
それにに対して
「それはアクマに卓球の才能が無いからだよ、それだけのことだよ。大声でわめくようなことじゃない」

スポーツや何か一つの頂点を目指した人には突き刺さる言葉だと思います。

この映画が好きならおすすめ

  • GO
  • バクマン
  • ボックス!
  • キッズ・リターン

挫折した経験が強くなれることを感じさせてくれました。
漫画のセリフで申し訳ありませんがSLAM DUNKの山王戦後、「負けたことがある」というのがいつか大きな財産になる。
を何故か思い出した作品。

第30位:仁義なき戦い 広島死闘篇(1973)

東映実録ヤクザシリーズ第二弾。一時休戦していた博徒の村岡組とテキ屋の大友連合会だったが、ここへきて再び抗争が勃発していた。
博奕のトラブルから刑務所に入った山中は、仮出所早々、大友連合会の連中に袋叩きに遭う。
それがもとで、山中はライバル組織の村岡組の組員となるのだった。村岡の姪でもある靖子ともいい仲になるが・・・。

作品情報
ジャンル:バイオレンス、ヤクザ
監督:深作欣二
出演者:菅原文太, 北大路欣也, 山城新伍
音楽:津島利章
主な受賞:-
興行収入:-
上映時間:100分
ドンパチ映画の最高峰。名優が熱演。

今では考えられない、イメージしづらいヤクザを描いた作品。
もともとは千葉真一さんと北大路欣也さんの配役は逆で、直前で入れ替えになったとか。
結果的にはそれが大成功したと言えます。
出てくる役者の存在感が見事で昭和のイケメン(漢)が堪能できる映画。
スクリーンに映える。という東映スターはカッコいい!

この映画が好きならおすすめ

  • バトル・ロワイアル
  • アウトレイジ

ダメなことなんですがこれを観るとヤクザがカッコよく見えてしまいます。
昔のヤクザってこんなのだったのかなぁ〜。くらいに思った方が良いです。
昭和と令和のイケメンの基準がぜんぜん違うことも時代の流れを感じますが昭和スターもカッコいい!

第29位:世界の中心で、愛をさけぶ(2007)

片山恭一原作の200万部突破の奇跡の純愛小説を、未来を紡ぐ新たな感動作として、行定勲監督が映画化。
十数年前。高校時代。恋人の死。そして、今―初恋の女性を失った青年が抱えてきた「喪失感」。
そんな彼を愛した婚約者。二人の愛は未来に踏み出すことができるのか・・・。
過去の甘く淡い恋と、現在の愛との葛藤を描く美しく「せつない」純愛映画に日本中が涙した大ヒット作。

作品情報
ジャンル:恋愛
監督:行定勲
出演者:大沢たかお, 柴咲コウ, 長澤まさみ
音楽:めいなCo.
主な受賞:第28回日本アカデミー賞:最優秀助演女優賞ほか
興行収入:85億円
上映時間:138分
死生観から描く恋愛映画の名作

小説が大ヒットし、TV版も出ているので今更かもしれませんが個人的には長澤まさみさんが大好きで映画をイチオシしています。ただ、キレイなだけじゃなく史上最年少で日本アカデミー賞の最優秀助演女優賞を獲得しただけあり演技が素晴らしい!
また、この作品が残念ながら遺作となってしまった篠田カメラマンの撮影、そして行定勲監督の演出もさすがです。

この映画が好きならおすすめ

  • 涙そうそう
  • いま、会いにゆきます
  • ぼくは明日、昨日のきみとデートする

日本中が「セカチュウ」ブームとなったのは記憶に新しいところ。
今見てもあの時の感動が蘇ります。

第28位:ジョゼと虎と魚たち(2003)PG12

恒夫(妻夫木聡)は、雀荘でアルバイトをしている大学生。最近、卓上で話題になっているのは近所に出没する婆さんのこと。婆さんはいつも乳母車を押して歩いている。
恒夫はある日、偶然乳母車に乗っているその少女に会った。それが、ジョゼ(池脇千鶴)との出逢いだった。

作品情報
ジャンル:
監督:犬童一心
出演者:妻夫木聡, 池脇千鶴, 上野樹里, 新井浩文
音楽:くるり
主な受賞:第46回ブルーリボン賞 作品賞
興行収入:3.3億円
上映時間:116分
ジョゼが見事!内容は重いが感動する

PG12に指定されているだけあり内容は比較的重い作品だが、仕上がりが素晴らしい。
ただ単なる恋愛映画ではなく、背中を後押しされる強さをもらえます。
音楽が「くるり」さんなのもGOOD!

この映画が好きならおすすめ

  • 1リットルの涙
  • 世界の中心で、愛をさけぶ
  • 世界一キライなあなたに

ハンデを乗り越えていく恋愛映画は多数ありますが、その中で指折りの名作。
女性の強さ、男性の弱さが表現されています。

第27位:アフタースクール(2008)

母校で働く中学教師・神野(大泉洋)のもとに、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵(佐々木蔵之介)が訪ねてくる。
探偵は、神野の同級生で現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村(堺雅人)の行方を追っていた。
心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまい・・・。

作品情報
ジャンル:コメディ、サスペンス
監督:内田けんじ
出演者:大泉洋, 佐々木蔵之介, 堺雅人
音楽:羽岡佳
主な受賞:-
興行収入:5.5億円
上映時間:102分
最低2回は観てほしい。本命相手が実は..

どんでん返しや、伏線回収など最後にアッと驚かされる映画を探しているなら絶対に観てほしい逸品。
全てのシーンに意味のあるのが映画ですが、この映画は本当に無駄がひとつもありません。
最後はその素晴らしさに感動しました!

この映画が好きならおすすめ

  • 探偵はBARにいる
  • 神様はバリにいる
  • グッモーエビアン

内田けんじ監督の作品「運命じゃない人」「鍵泥棒のメソッド」どちらかが好きなら絶対にハマる!
最後の伏線回収は見事としか言いようがありません。

第26位:shall we ダンス?(1996)

真面目でごく普通のサラリーマン杉山正平は、ある晩、ダンス教室の窓べにものうげにたたずむ美しい女性を通勤電車から見た。
家庭にも会社にも何の不満もなかったが、どこか空しさを感じていた彼が、数日後、ためらいながらもダンス教室の扉を開くと、そこには「社交ダンス」の摩訶不思議な世界が広がっていた…。
観客動員200万人、その年の映画賞を総ナメにし、超一流のエンタテインメントとして邦画界を席捲したハートフルコメディの傑作。

作品情報
ジャンル:コメディ
監督:周防正行
出演者:役所広司, 草刈民代, 竹中直人
音楽:周防義和
主な受賞:日本アカデミー賞 独占
興行収入:16億円
上映時間:136分
日本アカデミー賞を独占した理由は観れば分かる

子供の頃に観たことある映画でしたが、大人になってから観ても違った意味で面白く、切なく、泣き笑い状態でした。
出演者の演技力があるから名作になったとも言える作品です。

この映画が好きならおすすめ

  • シコふんじゃった
  • バーレスク
  • マンマ・ミーア

シコふんじゃった、shall we ダンス?で見事に周防作品の虜になりました。
中年を描いた作品で恋愛ものかと思いきやたっぷり笑える要素ありのコメディ要素強め。

第25位:フラガール(2006)

昭和40年、エネルギー革命により閉鎖が迫る炭鉱のまち。
そこでは北国をハワイに変えようという起死回生のプロジェクトが持ち上がっていた。
目玉となるのはフラダンスショー。誰もが見たことがなかったフラダンスを炭鉱娘に教えるため、東京からダンサー平山まどかが教師としてやってきた。
旬を過ぎ、しがらみを抱えるが故に、最初は嫌々ながら教えるまどかだったが、生きるためにひたむきに踊る少女たちの姿に、いつしか忘れてかけていた情熱を思い出してゆく。
しかし肌を露に腰蓑をつけるなど恥とされた時代、世間の風当たりは冷たく、教える相手は全くのド素人。
果たして常夏の楽園は誕生するのか?オープンの日は迎えられるのか?

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:李相日
出演者:松雪泰子, 豊川悦司, 蒼井優
音楽:ジェイク・シマブクロ
主な受賞:第30回日本アカデミー賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀主演女優賞・最優秀助演女優賞など
興行収入:14億円
上映時間:120分
邦画史に永久に刻まれる感動の名作

半世紀も前の昭和40年に衰退する常磐単行で街の再生をかけたプロジェクト「常磐ハワイアンセンター計画」が凄い。
いわき市在住の人は感動必死の作品ですが、日本人のたくましさを感じます。
脚本やキャスティング、演技どれも素晴らしい映画です。

この映画が好きならおすすめ

  • 舟を編む
  • RAILWAYS
  • 風が強く吹いている

間接的に助演女優の蒼井優さんとしずちゃんが共演したから今のご結婚がある!?
実話に基づく映画で感情を揺さぶられます。

第24位:太陽を盗んだ男(1979)

長谷川和彦監督、沢田研二主演、菅原文太と共演したカルト的人気を誇る映画。
中学教師の城戸は原子力発電所からプルトニウムを盗み、自分のアパートで原爆を製造。それを脅迫の材料にして政府へ自分の要求を突きつける。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:長谷川和彦
出演者:沢田研二, 菅原文太, 北村和夫, 池上季実子
音楽:井上堯之
主な受賞:-
興行収入:-
上映時間:147分
神映画・名作!

昭和世代に圧倒的な支持を得られる神映画!
ジュリーがとにかくカッコいい!それだけで観れる名作。
それぞれのテーマ、頭脳戦とそれを盛り上げる音楽も素晴らしい。
知らない人も昔の映画ってこんなに面白かったんだと言ってもらえる映画。

この映画が好きならおすすめ

  • アフリカの光
  • 大阪物語

冒頭のシーン、クライマックスには「皇居前広場に無許可で忍び込んで一発撮りした、いわばゲリラ撮影だった」事が後に明かされています。
今じゃ考えられないそんなシーンも見どころです。
created by Rinker
アミューズソフト

第23位:誰も知らない(2004)

都内の2DKのアパートで大好きな母親と幸せに暮らす4人の兄弟。
しかし彼らの父親はみな別々で、学校にも通ったことがなく、3人の姉妹の存在は大家にも知らされていなかった。
ある日、母親はわずかな現金と短いメモを残し、兄に妹弟の世話を託して家を出る。
この日から、誰にも知られることのない4人の子どもたちだけの「漂流生活」が始まる...

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:是枝裕和
出演者:柳楽優弥, 北浦愛, 木村飛影
音楽:ゴンチチ
主な受賞:第57回カンヌ国際映画祭 最優秀主演男優賞など
興行収入:9億2,300万円
上映時間:141分
巣鴨置き去り事件をモチーフにした衝撃作品

1988年に実在した巣鴨置き去り事件を是枝裕和監督がノンフィクションとして世間に問うた衝撃作。
観た後に何を考えるのか、感じるのか。
社会的問題を取り上げただけに多くの人に触れられてほしい映画。

この映画が好きならおすすめ

  • 散歩する侵略者
  • そして父になる
  • 万引き家族

正直観ていてスッキリする内容では無いかもしれませんが家族とは何なのか?
そして天才子役として一躍名を馳せた柳楽優弥さんの演技にも注目です。

第22位:東京物語(1953)

世界の映画史上に燦然と輝く巨匠・小津安二郎の代表的名作!!
――― 尾道に住む老夫婦、周吉ととみが東京で暮らす子供達を訪れるために上京する。
子供達は久しぶりの再会で二人を歓迎するが、それぞれ家庭の都合もあり、構ってばかりはいられない。
結局、戦死した次男の嫁、紀子が二人の世話をすることになる。
老夫婦は子供達がすっかり変わってしまったことに気づくのであった……。
ラスト近く、ひとり残された夫が、静かに海を見つめているシーンが印象的。
人間の孤独感、死生観といったテーマをとりこんだ味わい深い名作。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:小津安二郎
出演者:笠智衆, 東山千栄子, 原節子
音楽:斎藤高順
主な受賞:1958年:サザーランド杯
興行収入:1億3,165万円
上映時間:136分
家族の絆を世界に響かせる昭和の名作

世界中の映画ファンの間で語り継がれる名作「東京物語」。
小津安二郎監督の作品を退屈だと思っている人がいるかもしれませんが、東京物語を観るとなぜ今まで見逃していたのか悔やんでしまう映画です。
大和撫子、原節子さんも必見!

この映画が好きならおすすめ

  • 東京物語(山田洋次監督作品)

大学の授業でこの作品を初めてみましたが小津安二郎監督の画面構成が見事!
そして役者さんの演技や言い回し、テンポ。
どれもが素晴らしい映画です。
海外映画監督もこれを観て勉強したという意味が分かりました。

第21位:百円の恋(2014)R15+

斎藤一子(安藤サクラ)は32歳にもなって、実家に引きこもり、自堕落な生活を送っていた。
ある日、離婚して出戻り中の妹の二三子と大ゲンカになり、一子が家を出ることに。
仕方なく、100円ショップの深夜労働を始めるが、そこは、様々な問題を抱える、個性豊かな底辺の人間たちの巣窟だった。
一子の唯一の楽しみは、近くのボクシングジムで練習をする一人の中年ボクサー・狩野(新井浩文)を見ることだった。
ある日、100円ショップに来た狩野からデートに誘われた一子は、初めてボクシングの試合を見る。
それは狩野の引退試合だった。
殴り合い、肩を叩き合う、ボクシングの試合に一子は強い羨望を抱き、自らもボクシングを始める。
一方、引退試合で負けた狩野は自暴自棄になり、深夜の100円ショップに転がり込んでくる。
そんな狩野を介抱するうちに体を重ねるようになり、二人の生活が始まるが・・・。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ、恋愛
監督:武正晴
出演者:安藤サクラ, 新井浩文, 稲川実代子
音楽:海田庄吾
主な受賞:第39回日本アカデミー賞 最優秀主演女優賞・最優秀脚本賞・優秀作品賞など
興行収入:-
上映時間:113分
カッコつけていないカッコよさ

自堕落な女性がボクサーとして立ち上がっていくまでの過程が素晴らしく
安藤サクラさんという演者の素晴らしさが光ります。
決してカッコいいとは言えないキャラがガムシャラに頑張る姿がカッコよく映ります。

この映画が好きならおすすめ

  • 愛のむきだし
  • ショーシャンクの空に
  • そこのみにて光輝く

アウトローな演技が魅力的な新井浩文さんに対する見方が変わってしまうかもしれませんが、作品が見れるうちに是非とも鑑賞してほしい映画。
今の自分がイマイチ好きじゃないという人には勇気づけられる内容で恋愛要素は少なくヒューマンドラマです。

第20位:砂の器(1974)

東京・蒲田にある国鉄の操車場内で殺人事件が発生。
しかし被害者の身許が不明で捜査は難航。
迷宮入りかと思われた矢先、被害者が殺される直前に或る男と会っていたことが判明した。
ふたりの会話のなかで交わされていた「カメダ」という言葉。
地名か?人の名か?事件解明のために奔走する刑事、今西(丹波哲郎)と吉村(森田健作)は偶然、新進気鋭の天才音楽家、和賀英良(加藤剛)と遭遇する。
そして、やがて事件は思わぬ展開を見せ始めるのだった…。

作品情報
ジャンル:サスペンス
監督:野村芳太郎
出演者:丹波哲郎, 加藤剛, 森田健作
音楽:芥川也寸志
主な受賞:第29回毎日映画コンクール大賞 脚本賞・監督賞・音楽賞
興行収入:7億円
上映時間:143分
原作の松本清張が原作を超えたと唸った作品

脚本家「橋本忍」氏による構成アイデアが素晴らしく涙なしでは観れない作品。
大御所が口を揃えて絶賛する演技、カメラワークも見事です。
これぞ映画化する理由でもある。

感動のラストにすべてが詰まっています。

この映画が好きならおすすめ

  • 祈りの幕が下りる時
  • 鉄道員

ドラマを含めて松本清張氏の作品に触れたことがある人なら必ず観てほしい作品。
また、昔の俳優さんが凄すぎて当時のイケメンは男臭かったと基準が違うのもなんだか新鮮。

第19位:サバイバルファミリー(2017)

東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。
さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。
一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。
そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!
ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。
次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。
情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。
そんな中、父が一世一代の大決断を下す。
果たして、サバイバル能力ゼロの平凡一家は電気がなくなった世界で生き延びることができるのか!?
今、鈴木家のサバイバルライフの幕があがる!!

作品情報
ジャンル:コメディ、ファンタジー
監督:矢口史靖
出演者:小日向文世, 深津絵里, 泉澤祐希, 葵わかな
音楽:野村卓史
主な受賞:-
興行収入:8.0億円
上映時間:117分
バカバカしい。だが観てほしい

現実にはありえない、ツッコミどころが多い作品ではありますが、コメディ要素たっぷりで
頑張る父ちゃんが等身大で感情移入してしまいます。
現代の弱点を突きながら、家族のつながりの大事さを感じます。

この映画が好きならおすすめ

  • いぬやしき
  • 神様からひと言
  • 海街diary
  • デイ・アフター・トゥモロー

リアルな家族構成を描いており、感情移入してしまいます。
サバイバルをコメディタッチで描いているので重くない作品。

第18位:横道世之介(2003)

長崎の港町で生まれた横道世之介(高良健吾)は、大学進学のために上京したばかりの18歳。
嫌みのない図々しさを持ち、頼みを断れないお人好しの世之介は、周囲の人々を惹きつける。
お嬢様育ちのガールフレンドの与謝野祥子(吉高由里子)をはじめ、入学式で出会った倉持一平(池松壮亮)や加藤雄介(綾野剛)など、世之介と彼に関わった人々が過ごす青春時代。
16年後、世之介に起こった出来事から、愛しい日々と優しい記憶の数々が鮮やかにそれぞれの心に響きだす……。

作品情報
ジャンル:恋愛、ヒューマンドラマ
監督:沖田修一
出演者:高良健吾, 吉高由里子, 池松壮亮
音楽:高田漣
主な受賞:第56回ブルーリボン賞 作品賞・主演男優賞
興行収入:2億1,700万円
上映時間:160分
ノスタルジックな恋物語

主演男優賞を受賞した高良健吾さんは単なるイケメン俳優の枠から脱皮した作品で演技が素晴らしいことはもちろん、脇を固める演者たちもおさえた演技が素晴らしい。
吉高由里子さんが最高に可愛い!
すがすがしい気持ちを思い出さてくれる作品。

この映画が好きならおすすめ

  • うさぎドロップ
  • そのときは彼によろしく
  • すべては君に逢えたから

日本人のお人好しさ、控えめさが胸に響きます。
作中に「何もないこと」を願ってしまいます。

第17位:鍵泥棒のメソッド(2012)

銭湯で転倒し頭を強打。記憶を失った羽振りのいい男。
居合わせた売れない貧乏役者・桜井は、出来心からロッカーの鍵をすり替え、彼になりすます。が、その男はなんと誰も顔を見たことない伝説の殺し屋コンドウだった!
桜井は男にきた大金の絡んだ危ない依頼を受けてしまい、大ピンチに。
一方、記憶を失い、自分を桜井だと思い込んでいるコンドウは、真面目に努力して、役者として成功する事を目指し始めてしまう。
そんなコンドウの姿に好感を覚えた婚活中の女性編集長・香苗は、なんと彼に逆プロポーズ!
失われた記憶、大金の在りか、そして結婚の行方――複雑に絡み合った事態の行く末には、なんと、映画史上に残る爽快でトキメくラストが待っている!?

作品情報
ジャンル:サスペンス、コメディ
監督:内田けんじ
出演者:堺雅人, 香川照之, 広末涼子
音楽:田中ユウスケ
主な受賞:第36回日本アカデミー賞 最優秀脚本賞・優秀主演男優賞・優秀助演男優賞・優秀助演女優賞
興行収入:6億円
上映時間:128分
面白いし伏線回収が見事

とにかく面白い!の一言。
堺雅人さんか香川照之さんか自分がどちら側の人間なのか思わず当てはめて観てしまいます。
とにかくユニークで内田けんじ監督の良さが出ています。

この映画が好きならおすすめ

  • カラスの親指
  • ザ・マジックアワー
  • 駆込み女と駆出し男

とにかく気軽に笑いたいという方は必見です。
ここから内田けんじワールドにハマってしまうこと間違いなし。

第16位:日本のいちばん長い日(1967)

昭和20年8月14日正午の御前会議から翌15日正午の玉音放送までの24時間をドキュメンタリータッチで描いた岡本喜八監督による戦争超大作。
ポツダム宣言受諾をめぐる政府首脳の動きと青年将校達のクーデター計画がスリリングに描かれる。
三船敏郎をはじめとするオールキャストの熱演と手に汗握る展開が見どころ。

作品情報
ジャンル:戦争、ヒューマンドラマ、白黒
監督:岡本喜八
出演者:三船敏郎, 加山雄三, 黒沢年男
音楽:佐藤勝
主な受賞:-
興行収入:4億4195万円
上映時間:157分
一人ひとりが日本のことを考えていた時代の実話

日本人なら必ず観るべき作品。
結果的に戦争が日本にどのような影響を与えたのかは皆が知るところだが、現場ではギリギリの苦悩が見事に描かれている。

半世紀も前に生まれた作品だからこそ、戦争を知らない今の世代が観て感じてほしい作品。

この映画が好きならおすすめ

  • 硫黄島からの手紙
  • パールハーバー
  • 永遠の0
  • トラ・トラ・トラ

映画の内容、役者の迫力。
素晴らしいの一言です。

リメイク版も登場しています。

第15位:ALWAYS 三丁目の夕日(2005)

昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。
ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。
しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。
その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介。
彼はひょんなことから、一杯飲み屋のおかみ・ヒロミのもとに連れてこられた身寄りのない少年・淳之介の世話をすることになるのだが…。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:山崎貴
出演者:吉岡秀隆, 堤真一, 小雪
音楽:佐藤直紀
主な受賞:第29回日本アカデミー賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀主演男優賞など
興行収入:32.3億円
上映時間:133分
昭和を描いた涙と笑いありの作品

昭和を知る世代はもちろん、知らない世代も何故か懐かしさを感じる作品。
貧しくても夢があり、高度経済成長の時代に詰められた可能性がそれぞれのドラマを生み出しています。

この映画が好きならおすすめ

  • 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
  • 阪急電車 片道15分の奇跡
  • ツナグ

家族のつながり、近所や人との繋がりが薄くなった現代こそ改めて振り返りたい作品です。

第14位:千と千尋の神隠し(2001)

一人っ子の千尋は甘えん坊で臆病者。そして少しドジっ子な少女。
両親の都合で引っ越すこととなり、そこでとても奇妙な体験をすることで少しずつ成長していく物語。

作品情報
ジャンル:アニメ
監督:宮崎駿
声の出演者:柊瑠美, 入野自由, 夏木マリ, 内藤剛志
音楽:久石譲
主な受賞:第25回日本アカデミー賞 最終週作品賞など
興行収入:308億円
上映時間:124分
日本歴代No.1の興行収入はさすが!世界へ誇れるアニメーション

子供の時に観るのとおとなになってから観るのとではまた違った楽しみ、発見がある作品。
ジブリ映画の最高傑作という声も多く、日本が世界に誇れるクールジャパンの象徴。
ジブリの世界観が大好き。

この映画が好きならおすすめ

  • ジブリ作品全般

ジブリの世界観が堪能できます。
実は多くの謎が隠されており、何度も観ることで発見があるのもジブリを楽しむ魅力。
created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

第13位:告白(2010)R15+

本屋大賞に輝く湊かなえのベストセラー小説を、独創的な映像感覚と確かな演出力を持つ中島哲也監督(『嫌われ松子の一生』『パコと魔法の絵本』)が映画化した、2010年を代表する大ヒット作品。
「生徒に娘を殺された」という女教師の告白からはじまり、殺人事件に関わった登場人物たちの独白形式で構成される物語は、虚実入り混じり、驚愕・戦慄・唖然の連続。
そのショッキングすぎる内容から賛否両論、話題騒然となった衝撃作。

作品情報
ジャンル:サスペンス
監督:中島哲也
出演者:松たか子, 岡田将生, 木村佳乃
音楽:金橋豊彦
主な受賞:第34回日本アカデミー賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞・最優秀脚本賞・最優秀編集賞
興行収入:38.5億円
上映時間:106分
冒頭30分の「告白」が圧巻です

映画全体のおよそ1/3ほどが、冒頭の松たか子さん演じる女教師による「告白」から始まります。
この30分間で作品に完全に引き込まれてしまいます。
本屋大賞を受賞した原作だけありストーリー展開は見事です。

この映画が好きならおすすめ

  • 悪の教典
  • 凶悪
  • バトルロワイヤル
  • 偽りなき者

観た後にスッキリするのかは観た人次第。
学校に通うお子さんのいる方には特に考えさせられます。

第12位:桐島、部活やめるってよ(2012)

ありふれた時間が校舎に流れる「金曜日」の放課後。1つだけ昨日までと違ったのは、学校内の誰もが認める“スター”桐島の退部のニュースが校内を駆け巡ったこと…。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:吉田大八
出演者:神木隆之介, 橋本愛, 東出昌大
音楽:近藤達郎
主な受賞:第36回日本アカデミー賞:最優秀作品賞、最優秀監督賞など
興行収入:2億6,900万円
上映時間:103分

スクールカーストをそれぞれの視点から描いた大作

登場人物それぞれの視点、気持ちを考えながら何度でも見れる作品。
運動部と文化部の対立や、学生たちの人間関係を見事に描いています。

この映画が好きならおすすめ

  • ウォーターボーイズ
  • あの頃、君を追いかけた
  • シング・ストリート 未来へのうた
  • スタンド・バイ・ミー

タイトルの「桐島」を追いすぎると難解かもしれませんが、何度も見れる作品ですので
ぜひ、登場人物様々な視点で何度も味わってほしい映画。
誰で観るか、相手目線を得られる作品です。

第11位:テルマエ・ロマエ(2012)

時は古代ローマ、アイデアが行き詰まり失業した浴場設計技師のルシウス(阿部寛)は、友人に誘われた公衆浴場でタイムスリップしてしまう。
たどり着いた場所は、何と現代日本の銭湯!?
そこで出会ったのは真美(上戸彩)ら“平たい顔族=日本人”。
彼らの風呂文化に驚愕したルシウスが、その文化をローマに持ち帰り再現すると、たちまち評判になるが、次第にローマ帝国の運命に深くかかわることに…

作品情報
ジャンル:コメディ
監督:武内英樹
出演者:阿部寛, 上戸彩, 北村一輝
音楽:住友紀人
主な受賞:第36回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞
興行収入:59.8億円
上映時間:108分

邦画のコメディ歴代No.1だ!

物語は原作の漫画をそのまま反映した作品だが、キャスティングの旨さと日本人だからこそ「あるある」とうなずける箇所も多くコメディとして仕上がった作品。
古代ローマ人を外国人の俳優に逃げず、まさかの顔が濃い日本人をそのままキャスティングした点が素晴らしい。
外国人俳優なら日本の細かな仕草など表現できなかっただろう。

この映画が好きならおすすめ

  • のだめカンタービレ
  • ステキな金縛り
  • 超高速!参勤交代リターンズ

古代ローマ人をまさかの日本人が演じており、何の違和感のないところがある意味シュールで笑えます。
作品自体が笑える内容です。
濃い顔に生まれても、薄い顔(平たい族)に生まれてもどちらの魅力も発見できますし、良し悪しなんて無いことに気づきます。

第10位:DEATH NOTE デスノート(2006)

警視庁の刑事部長を父に持つエリート大学生・夜神月(やがみライト)は、ひょんなことから「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と書かれた死神のノートを手に入れる。
試しに有名殺人犯の名を書き込んでみると、翌日の新聞にはその男の獄中死が報じられていた。
ノートの力が本物だと悟った月は、自らの手で犯罪者を裁き、新世界の神になることを決意。
月はキラと名乗り世界中の犯罪者に制裁を加えて行くが…。

作品情報
ジャンル:SF・サスペンス
監督:金子修介
出演者:藤原竜也, 松山ケンイチ, 瀬戸朝香
音楽:川井憲次
主な受賞:第25回ゴールデングロス賞 日本映画部門 優秀銀賞
興行収入:28.5億円
上映時間:126分

映像技術ち設定と演技力が生んだ化学反応

漫画が原作の映画は漫画の内容を知っていないと理解できない内容になっている事が多いが、今作は映画だけで十分面白い。
むしろ、映画を観たほうが面白いし、映像技術と設定、そして役者の演技力が生んだ最高のエンタメ作品。

この映画が好きならおすすめ

  • カイジ
  • 20世紀少年
  • シャッターアイランド
  • 交渉人

あなたがデスノートを持ったらどう使いますか?
設定も素晴らしい作品で本作と次作を続けて観てほしい。

誰の視点で見るかによって世界観も変わってきます。

第9位:バトルロイヤル(2000)R15+

中学生同士が殺しあう、という衝撃的な内容で賛美両論を巻き起こした高見広春の原作を、アクション映画の大御所、深作欣二が完全映画化!
本作も原作同様世間を騒がし、国会で議論になるほど破門を広げた。

作品情報
ジャンル:バイオレンス
監督:深作欣二
出演者:藤原竜也, 前田亜季, 山本太郎
音楽:天野正道
主な受賞:第24回日本アカデミー賞 最優秀編集賞・優秀作品賞・優秀監督賞・優秀主演男優賞ほか
興行収入:31.1億円
上映時間:114分

メッセージ性が高い漫画原作

深作欣二xビートたけしの最強タッグが生んだ問題作。
アクション要素も高い映画であり、同時にメッセージ性が高い作品。

この映画が好きならおすすめ

  • 告白
  • 悪の教典
  • リアル鬼ごっこ
  • saw

殺し合いの名目は「子供が大人をなめているから」ですが、
見る時期によって見方が異なります。
山本太郎さんや柴咲コウさんなど意外な!?人もたくさん出ています。

第8位:キッズ・リターン(1996)

カンヌ国際映画祭に出品され高い評価を得た、北野武監督の青春映画。
ボクシングとヤクザ、別々の道を歩んだ若者二人が直面する現実と挫折する姿を描く。
この作品がデビュー作となった安藤政信はこの年の新人賞を総ナメにした。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:北野武
出演者:金子賢, 安藤政信, 石橋凌
音楽:久石譲
主な受賞:第39回ブルーリボン賞・監督賞
興行収入:-
上映時間:108分

「バカヤロウ。まだはじまっちゃいねぇよ。」

社会人の迎える若者に強烈に問いかける北野武監督の応援メッセージ。
現実を突きつけられる作品でもありますが、だからこそもがく続けるしかない。
そしてもがくことの出来る「若さ」の魅力を存分に伝えています。

この映画が好きならおすすめ

  • 8マイル
  • ラ・ラ・ランド
  • GO
  • 百円の恋

若者に贈る激励の映画です。
お笑い界で天下を取った”ビートたけし”だからこそ
リアルに届けることが出来る現実を精一杯生きること。
そしてツッパリ続ける大変さをメッセージ性たっぷりに描いた名作。
created by Rinker
バンダイビジュアル

第7位:永遠の0(2015)

終戦60年を翌年に控えた平成16年の夏。弟の健太郎は姉でフリーライターの佐伯慶子に誘われ、慶子の恋人で新聞記者の高山隆司が進める「終戦六十周年プロジェクト」のため、自分たちの祖父・宮部久蔵について調べ始める。
祖母の松乃が6年前に亡くなった時、祖父の大石賢一郎は、自分は健太郎と慶子の本当の祖父ではないと告げた。
母の清子も実の父親について、戦死したことくらいしか知らないという。
慶子が厚労省に問い合わせたところ、宮部は神風特別攻撃隊として終戦間際に南西諸島沖で戦死したと、たった一行記されているだけだった。
戦友会を調べ、当時の宮部を知る人物を探すと、長谷川梅男という男から返事をもらう。
長谷川を訪ねた2人は左腕を失った姿の長谷川に息を飲む。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:山崎貴
出演者:岡田准一, 三浦春馬, 井上真央
音楽:佐藤直紀
主な受賞:第38回日本アカデミー賞最優秀作品賞受
興行収入:87.6億円
上映時間:144分

戦争の時代に生まれなかったとつくづく感じる

一人の命の重さを感じる作品。
様々な人が戦争によって満足に生きることが出来ない辛さ、必死に生き用とする姿。
そして、自分を犠牲にしてでも大事な人を守るために決断を迫られる姿に胸が苦しくなります。

この映画が好きならおすすめ

  • 太平洋の奇跡
  • 日本のいちばん長い日
  • フューリー
  • プライベート・ライアン

世界で唯一被爆を経験した国「日本」
戦争を知らない私達の世代が、戦争を無くすにはどうするか?
この当たり前の日常は誰によって築かれたのか。考えさせられます。

第6位:それでもボクはやってない(2007)

就職活動中の金子徹平(加瀬亮)は、会社面接へ向かう満員電車で痴漢に間違えられて、現行犯逮捕されてしまった。
警察署での取調べで容疑を否認し無実を主張するが、担当刑事に自白を迫られ、留置所に勾留されてしまう。
勾留生活の中で孤独感と焦燥感に苛まれる徹平。
さらに警視庁での担当検事取調べでも無実の主張は認められず、ついに徹平は起訴されてしまった。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:周防正行
出演者:加瀬亮, 瀬戸朝香, 山本耕史
音楽:周防義和
主な受賞:第31回日本アカデミー賞 優秀作品賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、優秀主演男優賞、最優秀助演女優賞(もたいまさこ)、優秀音楽賞、優秀撮影賞、優秀照明賞、最優秀美術賞(部谷京子)、優秀録音賞、最優秀編集賞
興行収入:11.0億円
上映時間:143分

ドキュメンタリーかと思うくらいリアル

本当に起こりそうな痴漢の冤罪に対して一石を投じた作品。
とても深いテーマを捉えており男女問わず見る価値のある内容。
とにかくリアルです。

この映画が好きならおすすめ

  • 八日目の蟬
  • ツレがうつになりまして。
  • 偽りなき者
  • 天気の子

周防監督が生み出した傑作。
映画は必ずハッピーエンドでは終わらないからこそ考えさせられる作品。

第5位:いま、会いにゆきます(2004)

読者を感涙につつんだ市川拓司原作の純愛小説の映画化。
妻に先立たれ、6歳の息子と暮らす巧の前に、亡くなったはずの妻が、梅雨の季節のある雨の日、森の中に現れる。
ただ彼女は一切の記憶を失っていた。巧たちは妻をやさしく迎え入れ、三人のちょっと不思議な共同生活が再び始まる。
そして、三人の心に生涯消えることのない、ある大切な宝物が残されていくことになる・・・。

作品情報
ジャンル:恋愛
監督:土井裕泰
出演者:竹内結子, 中村獅童, 武井証
音楽:松谷卓
主な受賞:第28回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞
興行収入:48億円
上映時間:119分

ファンタジーロマンスの原作世界を映画で忠実に再現できた傑作

感動して泣くこと必死!
静かに物語は進んでいきますが、そこには愛がたっぷり詰まっています。

久しぶりに見ても泣ける。

この映画が好きならおすすめ

  • 世界の中心で、愛をさけぶ
  • きみに読む物語
  • 8年越しの花嫁
  • P.S.アイラヴユー

主演の中村獅童さんと竹内結子さんが出会い結婚したきっかけとなった映画としても有名。
感動作を生み出した2人がその後...映画の世界と現実の厳しさを間接的に伝えている気もします。

第4位:容疑者Xの献身(2008年)

惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。
捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。
内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが……。

作品情報
ジャンル:サスペンス
監督:西谷弘
出演者:福山雅治, 柴咲コウ, 北村一輝
音楽:福山雅治
主な受賞:日本アカデミー賞 話題賞
興行収入:49.2億円
上映時間:128分

人気シリーズ東野圭吾作品の実写化最高傑作

小説や漫画を実写化する際に原作の良さを消してしまう作品が多い中、この作品は各役者の演技力によって東野圭吾作品を一層際立たせた名作!
原作やTVやドラマで既に知っている人も映画で観てほしい。

この映画が好きならおすすめ

  • 手紙
  • 白夜行
  • シャーロック
  • 探偵はBARにいる

邦画の中では圧倒的にNo.1という声も。
堤真一さんの演技に心打たれます。

第3位:七人の侍(1954年)

戦国時代、野武士達の襲撃に恐れおののく村があった。
村人達はその対策として、用心棒として侍を雇う事にする。
侍さがしは難航するが、才徳にすぐれた勘兵衛を始めとする個性豊かな七人の侍が決まった。
最初は侍を恐れる村人達だったが、いつしか一致団結して戦いに挑むことに。
しかし戦闘は熾烈を極めた・・・・・・。破格の製作費と年月をかけて作られた日本映画史上空前の超大作であり、世界に誇る日本映画の最高傑作。
マルチ・カメラ方式の導入等による斬新で臨場感溢れる映像。
加えて徹底した時代考証や緻密な脚本により、実際にあったかのような錯覚に陥らせる。
迫力ある本作品は、年月を経た今も人々に感動を与え続けている。

作品情報
ジャンル:時代劇
監督:黒澤明
出演者:三船敏郎, 志村喬, 稲葉義男
音楽:早坂文雄
主な受賞:第29回アカデミー賞 美術賞・衣装デザイン賞
興行収入:2億6,823万円
上映時間:207分(オリジナル版)160分(短縮版)

色褪せない日本の名作

半世紀以上経った今でも全世界から絶大な支持を集める黒澤明監督の最高峰作品。
英語作品以外で外国人による人気ランキングで堂々の1位はさすがの一言。

この作品で映画の大きく進歩した。

この映画が好きならおすすめ

  • スター・ウォーズ
  • ゴッドファーザー
  • 荒野の用心棒
  • その男、凶暴につき

映画館を見ると分かりますが映画は映像や音などをトータルで含めたエンタテインメントだと思っています。
当然、今の時代の方が圧倒的に映像や音は良いに決まっています。
そのハンデを考慮しても、半世紀以上前の作品が選ばれる意味が観たら自ずと分かります。

第2位:シン・ゴジラ(2016年)

東京湾・羽田沖。突如、東京湾アクアトンネルが巨大な轟音とともに大量の浸水に巻き込まれ、崩落する原因不明の事故が発生した。
首相官邸では総理大臣以下、閣僚が参集されて緊急会議が開かれ、内閣官房副長官・矢口蘭堂は、海中に棲む巨大生物による可能性を指摘。
周囲は矢口の意見を一笑に付すものの、直後、海上に巨大不明生物の姿が露わになった。
慌てふためく政府関係者が情報収集に追われる中、謎の巨大不明生物は上陸。
普段と何も変わらない生活を送っていた人々の前に突然現れ、次々と街を破壊し、止まること無く進んでいく。
政府は緊急対策本部を設置し、自衛隊に防衛出動命令を発動。
そして、川崎市街にて、“ゴジラ”と名付けられたその巨大不明生物と、自衛隊との一大決戦の火蓋がついに切られた。
果たして、人智を遥かに凌駕する完全生物・ゴジラに対し、人間に為す術はあるのか?

作品情報
ジャンル:SF
監督:庵野秀明(総監督), 樋口真嗣
出演者:長谷川博己, 竹野内豊, 石原さとみ
音楽:鷺巣詩郎
主な受賞:第40回日本アカデミー賞 最優秀作品賞・最優秀監督賞・優秀主演男優賞・優秀助演女優賞・優秀音楽賞・最優秀撮影賞・最優秀美術賞・最優秀録音賞・最優秀編集賞
興行収入:82.5億円
上映時間:119分

初代ゴジラを超えた!

泥臭く困難に立ち向かっていく、日本人、というか人類を泥臭く描いた映画。
伏線をテンポ良く回収していく展開は素晴らしく、ゴジラならではの音響・映像効果もさすが!

この映画が好きならおすすめ

  • ゴジラ(初回作)
  • アルマゲドン
  • ジェットストリーム
  • 2012

ゴジラという名前だけでSFや怪獣ものというレッテルを貼るのはちょっと早い。
日本アカデミー賞のタイトルを軒並み受賞した理由は観れば納得です。

第1位:おくりびと(2008年)

「年齢問わず、高給保証!実質労働時間わずか。旅のお手伝い。NKエージェント!!」
この求人広告を手に「NKエージェント」を訪れた元チェロ奏者の小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から思いもよらない業務内容を告げられる。
その仕事とは、遺体を棺に収める"納棺"という仕事だった。
戸惑いながらも、大悟は妻・美香(広末涼子)に仕事内容を偽り、納棺師の見習いとして働き出す。

作品情報
ジャンル:ヒューマンドラマ
監督:滝田洋二郎
出演者:本木雅弘, 広末涼子, 山崎努, 余貴美子
音楽:久石譲
主な受賞:第32回日本アカデミー賞 作品賞・監督賞・脚本賞・主演男優賞・助演男優賞・助演女優賞・撮影賞・照明賞・録音賞・編集賞
興行収入:64.8億円
上映時間:130分

2時間で最高に感動する!

死ぬことを通して生を描いた作品。
「死」をテーマにしているので重いというイメージのある「おくりびと」ですが、クスッと笑えるところもあり全く重くない映画です。

この映画が好きならおすすめ

  • シコふんじゃった
  • ラストレシピ 麒麟の舌の記憶
  • そして父になる
  • 海よりもまだ深く

納棺師という職業を世に認知させた作品。死者を棺に納めるために必要な作業を行う人達を指す。
職業人としてのプライドや「死」を扱う人への見方が変わります。日本はもちろん、海外からの評価がとても高い映画です。

邦画の名作・傑作をおすすめ順にランキングまとめ

あなたの知らない邦画はあったでしょうか?
また、あなたのイチオシ邦画は何位でしたか?

邦画の魅力に触れて、どっぷり映画好きになって頂けると編集部としては嬉しい限りです。
冒頭でもご紹介していますが、この特集の特徴でもある「この映画が好きならおすすめ」も合わせてチェックして頂き、知らなかった作品を鑑賞するきっかけになれば幸いです。

是非、感想やなんとしてもこの映画を入れてほしいというアツい推薦がありましたら、直接「推しムビ編集部」までメッセージをお願い致します。

メールフォームはこちらから

おすすめの記事