劇場公開中の作品

今回スポットライトを当てる映画は2019年5月24日に日本で公開された『神と共に 第一章:罪と罰』。

韓国タイトルは「신과 함깨-죄와 벌」
英語タイトルは「Along with the Gods:The Last 49 Days」と各国で上映されており、日本では6月28日に第二章:因と縁の公開も決まっている人気作品。

仏教の言い伝えのもとで、人は死後に亡者の行き先「冥界(死後の世界)」にて生前の罪を裁かれ罰を受けます。

49日間で7つの地獄(殺人・怠惰・嘘・不義・裏切り・暴力・天倫)にて審判を受け、すべて無罪として通過した者だけが、現世へ生まれ変わる資格を得ることができます。

中でも「貴人(亡者の最高階級)」判定を受けた亡者は通過率が高いとされています。

冥界の使者は1000年間で49人の亡者を現世へ生まれ変わらせることを目的に、亡者を護衛しながら審判にて弁護を担います。

シリーズ第一章となる今作『罪と罰』 編では、4D上映ではないことが惜しいほどの壮大さで地獄の異様な世界観を打ち出しながら冥界の基本ルールを大いに披露し、第二章への伏線を撒いていきます。

東洋的な部分を根幹に現代的な要素を取り入れたデザインで仕上げたという冥界の地獄絵図はCG技術を用いることで、ふと気の抜けるほどの雄大な自然はごく当たり前のように脅威と化し、死んだ人間の軟弱さが際立つような底なしの怖さを映し出します。

また、CG技術の背景のもとでの感情演技は難易度が高いとされており、使者カンニム役のハ・ジョンウや主人公ジャホン役のチャ・テヒョン始め実力派俳優の力量を細部からも感じ取ることができます。

2018年の年間観客動員数をもとにランク付けされる韓国の俳優ランキングTOP10では、本作出演者がこぞって名を連ねており、その人気ぶりが伺えます。

日本では2019年5月末にようやく公開し、レビューやメディア報道をきっかけに徐々に認知度を高めています。

『神と共に 第一章:罪と罰』あらすじ

2017年、バルバドスで英雄の日と定められている4月28日のこと。

火災現場で幼い命を救うも殉職した消防士キム・ジャホンは、3人の使者カンニム、ヘウォンメク、ドクチュンに迎えられた後、消防士姿のまま否応無しに冥界を渡り歩く旅に引きずりこまれます。

19年ぶりの正義の亡者は「貴人」として使者たちから歓迎され、7つの審判を無事に通過する48人目になってくれると期待されます。

死後もなお死にたげな面持ちのジャホンには、ろう者の母と判事を志す除隊間近の弟のスホンという守るべき二人の家族がいました。

「母にひと目だけでも会いたい。」と想いのこしたまま渋々冥界のルールに巻き込まれます。

当初は順調かと思われた旅路でしたが、ジャホンの壮絶な生い立ちが明らかになるにつれて、冥界と下界を巻き込む壮絶な事態へと発展していくことに…。

ジャホンを取り巻く家族の愛や人間の欲望が生んだ悲劇に心を震わせながら、カンニムを中心にあらゆる真実に立ち向かいます。

『神と共に 第一章:罪と罰』みどころ3点

異空間の世界を表現した映像

仏教の教えのもとで冥界に存在する様々な言い伝えを現代的な解釈のもとでデザインし映像化されており、異空間の世界をスクリーン越しに体験することができます。

例えば、閻魔が亡者を裁く際に生前の行いを嘘偽りなく映し出す「浄瑠璃の鏡」、現世と冥界との間にあるとされる「三途川」などがあります。

また、罪を裁く7つの法廷・地獄絵図・大王の姿から自然の属性と現代美術の融合を感じることができます。

韓国のリアルが描かれている

葬儀場、代行運転、ロッテワールドタワー、M2 THE CLUB、屋台、江原道の部隊宿舎、おこげ等から韓国のリアルな生活を垣間見ることができます。

なかでも多く描かれているのは、スホンが所属する陸軍部隊の様子です。

建物の一室で要注意兵士ドンヨンと共にギターを弾くシーンがあります。

軍隊では所有物の持ち込みに一部制限がありますが、ギターは問題ないとのこと。

軍人達の訓練風景、夜間警備、特別休暇の様子などもリアルに描かれています。

在り方を考えさせられる

ジャホンの生前の行いに、どんな理由や目的があったのかが次々と明らかにされていく中で、そのすべてから解放されたも同然の死後もなお彼は救助の心を忘れてはいませんでした。

母親を恋しく想う気持ち、一家を守る長男として生きてきたジャホンは観客の私たちにとってもっとも身近な存在で居続けます。

普通の幸せが1番難しいということを彼の一生を以って考えさせられるかのようです。

『神と共に 第一章:罪と罰』感想

神と共に 第一章:罪と罰を観てオススメできる人、できない人を私なりに感想としました。

オススメできる人

CG技術で壮大に演出した美しい地獄絵図はまるでゲームの中の世界のようです。

また、韓国のクライム映画やアクション映画特有の視覚的な過激さを苦手とする方でも、その生々しさは最小限に留められているので仮想空間を純粋に楽しめるようなスペクタルアクション映画に仕上がっています。

ファンタジー好き、アクション好き、ドラマ好きの全ての人の心に響くことでしょう。

オススメできない人

仏教の教えに基づくウェブコミックを原作とする作品のため、現実離れした冥界の世界観でジャホンのように置き去りにされてしまうかもしれません。

そんな方に注目していただきたいのは、下界で繰り広げられる人間ドラマです。

ジャホンを取り巻く人物たちに焦点をあてながら、仲間、家族、人の温かさを感じていただけるはずです。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事