映画パラサイト半地下の家族
(C)2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

激戦になると予想された2020年のアカデミー賞。
作品賞に輝いたのは、韓国映画「パラサイト半地下の家族」でした。
外国語映画の作品賞受賞は、史上初の快挙です。
日本でも口コミ等で作品の面白さが話題となり、受賞前からヒットの兆しを見せていました。

作品のテーマは、世界の広範囲で問題になっている「格差社会」。
一度下に落ちたら、なかなか這い上がれない。
様々なチャンスに恵まれるのは、上に位置する者ばかり。
そんな不平等さが、社会構造の歪みを矯正出来ずにいます。
政治家の無理解と無関心さも相まって、その構造がいつまでも解消されず、負のスパイラルしか見えない、絶望的な未来像しか描けません。

もし「いかなる汚い手段でもいいから、這い上がりたい」と考えたら、人はどんな行動を取るでしょうか?

世界を席巻しつつある韓国映画が放った、格差社会を描いた問題作品を、紹介します。

監督・脚本

監督:ポン・ジュノ
脚本:ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン

キャスト(配役)

貧困家族側
  • ソン・ガンホ(「キム・ギテク」貧困家族の大黒柱)
  • チェ・ウシク(「キム・ギウ」ギテクの長男。大学入試に失敗ばかりしている受験のプロ)
  • パク・ソダム(「キム・ギジョン」ギテクの長女。美大志望。卓越した技術を持っているが予備校にすら通えない)
  • パク・ソジュン(「ミニョク」ギウの友人。エリート大学生)
裕福な家庭側
  • イ・ソンギュン(「パク・ドンイク」IT企業の社長。絵に描いた様な成功者)
  • チョ・ヨジュン(「パク・ヨンギョ」美しく純真な、社長夫人)
  • チョン・ジソ(「パク・ダヘ」社長の娘。無邪気な高校2年生)
  • チョン・ヒョンジュン(「パク・ダソン」社長の息子・トランシーバーを手放さない)
  • イ・ジョンウン(「ムングァン」パク家の家政婦。一家に従事し、全てにおいて信頼されている)

あらすじ

半地下の家に住むキム一家は、まともな職にありつけない貧困家庭。
スラム街独特の匂いが身体中に染みつき、外に消毒が来た際には窓を開けたまま。
Wi-Fiの繋がる場所を探して家中をウロウロとする毎日。
家族はそれぞれ、光る才能を秘めていたが、その使い道すら見いだせないでいる。

ある日、長男のギウに「家庭教師をやらないか」と、話が持ちかけられる。
何度も大学を落ちているギウだが、勉強は出来た。
そこで、大学生と身分を偽って、家庭教師の行先である、裕福なパク家へ入り込もうと計画をする。

偽造した学生証の効果もあって、潜り込みに成功。女子高生のダヘの家庭教師となる。

また、パク家では息子・ダソンの美術の家庭教師を探している事を知り、キム家のギジョンの潜入を計画する。
ネットで集めた情報や描いた作品を褒めちぎるなどした結果、身分を偽ったギジョンも潜入に成功する。

また、パク家にはお抱えの運転手がいた。
ギウを送迎しようとするが、身分のばれる事を恐れ、これを拒否。
ここでギウは、この運転手の追い出しを計画する。
運転手が車内で淫らな行為をしていたと言う偽装を企て、追い出しに成功。
代わりに父・ギテクを雇う事で、潜り込ませることに成功した。

ここまで来たら、家政婦も追い出して母・チュンスクを忍ばせようと、パク家の家政婦・ムングァンを追い払う事を計画。
アレルギー体質の情報を知り、姑息な手段で追い出し、家政婦の職に就いた。

かくして貧困家庭のキム家は、裕福なパク家へのパラサイト(寄生)に成功。
やっと手に入れた上流階級の生活を、満喫しようとしていた。

しかし、一番下の息子・ダソンは「あの4人、同じ匂いがする」と指摘。
豪雨の中、追い出した家政婦が家に入れてと懇願され、一度は拒否するが、強引に家の中へ入ってしまう。
更に、キム家が洪水で水没すると、偽装の幸せを造った歯車が、噛み合わなくなって行く。

父・ギテクはある時「計画を立てると必ず、人生その通りに行かない」と、呟く。

歯車の狂いは、この上流家庭に隠された真実と、後の惨劇の序章に過ぎなかった…。

見どころ3点

話題性の多い作品

外国映画初のアカデミー賞作品賞受賞の快挙を成し遂げた作品です。
他にも、カンヌ国際映画祭パルム・ドール。
ゴールデングローブ賞では監督賞・脚本賞・外国語映画賞。
ニューヨーク映画批評家協会賞など、数多くの栄冠に輝いた作品です。
国全体で映画産業を盛り上げて来た功績の大きさを象徴しているとも言えます。

また、パク家にパラサイトしたキム家が、パク家の留守中に調理して食べる、2種類のインスタント麺を合わせた料理「チャパグリ」も話題となり、レシピが公開されたり、新大久保の韓国料理屋でもメニューとなり、ヒットしました。

半地下の住宅とは?

貧困家族のキム家が住んでいる、家の半分が地上でもう半分が地下にある半地下の住宅は「バンジハ」と呼ばれています。
韓国独特の住宅形態として拡がっており、ソウルの路地裏で見られます。

南北朝鮮の対立の悪化が激しくなった1970年。
建築基準法の改定により、新築の低層住宅には、国家非常事態に備えた防空壕として、地下室の設置を義務づけられました。

当初は住宅地にするのは法律違反でしたが、1980年代に問題となった住宅危機により、住居の設置が可能となったそうです。
貧困世帯が住む一方で、家賃が安いからと自ら希望して住むアーティストなども、中にはいます。

日本に照らし合わせると?

格差社会をテーマにしていると解った時、日本でもこの様な作品は出来ないか?と考えたくなります。
橋本健二著「新・日本の階級社会」 (講談社現代新書)によると、日本では
『資本家階級、新中間階級、正規労働者、旧中間階級、アンダークラス』に分けられると分析しています。
アンダークラスとは平均個人年収186万円足らずの非正規労働者を指します。

サービス業やマニュアル職に多く見られますが、年々、アンダークラス層は増えており、
既に格差社会でなく、更に這い上がるのが難しい「階層社会」であると指摘しています。

もし日本で「格差社会をテーマにした映画を!」と考えると、何層にも重なっている以上、複雑で陰湿な物が制作されるのかもしれません。

格差の是正は国政で、1日も早い解決を目指してほしい処です。

感想

練りに練り上げた脚本の面白さを、充分に堪能出来る作品でした。
上質なミステリー小説を読了後「最後まで読んで、改めて題名を読むと、あっ!そう言う事かと唸ってしまう」と言う感想を見かけますが、そんな印象が残ります。
キャストの人選の妙が光りました。いかにもスラム街にいそうな顔つきと態度。俳優と解っていても、その自然さが際立ちました。
後半はサスペンスフルな展開になります。

途中で、往年のドリフターズのコントの様なシチュエーションも出て来て、飽きさせない造りは手練れているなと思うと共に、笑いの部分は万国共通とも解らせてくれます。

嗅覚を刺激させる映画です。
但し、食欲をかき立てる類でなく、スラム街独特の空気感。
貧相な服装と汚い内装。
更に、豪雨に巻き込まれ、洪水で水浸しになり、体育館で夜を明かす惨めな家族等、貧困を嗅覚で訴えている点が、作品の核でしょう。

問題はラストシーン。
父がやらかした事が相当なレベルだから、それは単なる理想で、気持ちは解るけど実現は不可能だろうと、冷めた視線になってしまいました。

評価

格差社会の根本を描いている点を高く評価しなければいけません。
下流とは言え、上流の人達に負けない能力を持っている人が多いのは確かです。
日本で例えるなら、大学院まで出ているのに、バブル崩壊後の氷河期世代に入ってしまった為に、非正規社員の道を余儀なくされている様な方。

社会の歪みの犠牲になった貧困層が世界中に多い。
上に行けない。
下へは行きたくない。
負のスパイラルばかり加速して、やがて犯罪にも手を染めかねない。
貧困層の不安を具現化した構造が、映画のヒットに繋がったのではないでしょうか。

貧困家族を演じたキャストの皆さんが、アカデミー賞授賞式の時、全員タキシード姿でキメて、喜んでいました。
ブラックジョークを見せられているのか?」と言う気がした場面でした。

スポンサードリンク
コメントを残す