仲良し姉妹の姿を見られる『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』
2014年に世界中で大ヒットした『アナと雪の女王』。
アカデミー賞を受賞し、日本でもアナ雪現象を巻き起こしました。
『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』は短編作品として2015年に実写版『シンデレラ』と共に劇場公開され、『ディズニー・ショートフィルム・コレクション』という短編作品集DVDに収録されています。

『アナと雪の女王』のその後が描かれている今作では、強い絆で結ばれたエルサとアナはもちろん、本編で大活躍したオラフやクリストフの姿を再び見ることができます。
また可愛らしくいたずら好きの新キャラクター、スノーギースも登場し、あちこちで大暴れします。

エルサ役のイディナ・メンゼル(日本語版:松たか子)や、アナ役のクリステン・ベル(日本語版:神田沙也加)をはじめ前作と同じキャストたちが顔を揃え、 新曲「Making Today A Perfect Day(パーフェクト・デイ〜特別な一日〜)」が、アナの為のサプライズパーティーを盛り上げます。

アナと雪の女王 エルサのサプライズあらすじ

エルサ(声:イディナ・メンゼル/松たか子)とアナ(声:クリステン・ベル/神田沙也加)、姉妹の真実の愛により、 夏を取り戻したアレンデール王国。
ある夏の日、お城には仲間たちの手を借りて、アナのバースデーパーティーの準備をするエルサの姿がありました。
“完璧なサプライズパーティー”にしたい。
入念にチェックをすませると、エルサは会場をクリストフたちに任せ、アナを起こしに行きます。
しかし風邪気味のエルサは、去り際にしたくしゃみでスノーギースと呼ばれる小さな雪だるまを生み出してしまいます。
スノーギースたちは会場で大暴れ。
いたずら雪だるまの存在に気がついたクリストフ(声:ジョナサン・グロフ/原慎一郎)たちは、必死に会場を守ろうとします。

気持ちよさそうに眠るアナに、誕生日のお祝いを告げるエルサ。
自分の誕生日だと気がついたアナは嬉しそうに飛び起きてドレスに着替えます。
エルサは自転車に乗ってアナと一緒にお城中を駆け巡り、隠していたプレゼントを一つずつ渡していきます。

時々くしゃみをしてスノーギースが現れますが、エルサは一気が付きません。
エルサの体調がどんどん悪くなることを心配するアナでしたが、何としてもサプライズパーティーを成功させてアナを喜ばせたいエルサは、熱でフラつきながら、次のプレゼントの隠し場所である時計台へ向かうのでした。

アナと雪の女王 エルサのサプライズ見どころ3点

1点目:本編では見られなかった姉妹の姿

今作の見どころは何と言っても本編では見ることができなかった、互いを思いやり、対等な立場で接するエルサとアナの姿です。
アナに心を救われたエルサは、今までの分も合わせてアナに誕生日のお祝いをしたいと、サプライズパーティーの準備することから始まる今回の物語。
完璧なサプライズパーティーをしたいという強い思いとは裏腹に、体調が悪化するエルサ。
フラフラになりながらもアナの為に奮闘する姿が、とても可愛らしいのです。

また本編では天真爛漫さが印象的だったアナですが、今作ではサプライズを喜びながらも、体調の悪いエルサを心配する姿を見せます。
エルサを気遣い、彼女を支えようとするアナの姿は、外の世界に憧れる少女から成長していることを感じられます。
また姉妹はこうあるべきといった固定観念がなく、エルサもアナも対等な立場で描かれている点にも注目です。

2点目:誕生日を祝う歌

今作で印象的なのは、明るい歌を歌うエルサの姿
「Making Today A Perfect Day(パーフェクト・デイ〜特別な一日〜)」では明るくのびやかな歌声で、大切な妹アナの誕生日をお祝いしています。
本編では自分の存在意義に悩み、苦しげな表情で歌う姿が印象的だっただけに、晴れやかな表情で楽しそうに歌うエルサに驚かされます。

明るくお祝いの歌を歌うエルサだけでなく、ボザボサ頭でヨダレを垂らしながら眠るアナの姿や、自転車でお城を駆け回るシーンなど、本編を彷彿させるようなシーンや歌詞が出てくるのも、この曲の楽しいところ。

アナの誕生日を祝う「「Making Today A Perfect Day(パーフェクト・デイ〜特別な一日〜)」はキャラクターと一緒に特別感を味わうことができる歌になっています。

3点目:かわいい新キャラクター

短編作品ながら、なんと新キャラクターも登場する今作。
スノーギースと呼ばれる小さな雪だるまたちが、新たにアナ雪の世界に仲間入りしています。

スノーギースは、体調の悪いエルサのくしゃみから生まれた雪だるまたち。
小さくすばしっこいスノーギースたちは、エルサのくしゃみによって次々と生み出され、エルサに気づかれないようにパーティー会場に潜り込んで大暴れします。
クリストフやスヴェンがパーティー会場を守ろうとしますが、次々と増え続けるスノーギースたちに翻弄されっぱなし。
オラフがスノーギースたちを自分の弟と呼び、その可愛さにメロメロになっているのも面白いところ。

増え続けてしまったスノーギースたちがどうなるのか描かれたラストシーンには、思わずクスリとさせられます。

アナと雪の女王 エルサのサプライズ感想

『アナと雪の女王』の直後の物語となっている短編作品『アナと雪の女王 エルサのサプライズ』。
長い間心を閉ざしていたエルサが、失った時間を取り戻そうと奮闘する姿、何としてもサプライズを成功させたいという気持ちが微笑ましく、エルサとアナが幼い頃と同じように仲良し姉妹に戻れた喜びに溢れる、明るい物語になっています。

前作の二人のキャラクターを表現していた衣装も素敵でしたが、今作では夏らしさを感じさせるグリーンのドレスをお揃いで着ているのも、姉妹の仲の良さが感じられます。

8分間の短編集アニメーションながら、緑豊かな美しいアレンデールの夏の様子、再び絆を取り戻したエルサとアナの姉妹の姿、そしてサプライズパーティーのワクワク感が楽しい、アナ雪の魅力がぎゅっと詰まった作品になっています。