ケヴィン・クワンの小説「クレイジー・リッチアジアンズ」を原作とし、2018年全米興収1位を記録した「クレージー・リッチ」。
監督は「グランド・イリュージョン」シリーズでも知られているジョン・M・チュウ。
ハリウッド映画では珍しく、白人キャストでの映画化を望む依頼を蹴って、キャスト全員がアジア系で本作が完成した事でも話題となっています。

恋人が誰もが知るクレイジーなほどリッチでセレブ界の女性は全て彼を狙っている。
女性同士の容赦ないバトルだけでなく、社交界の洗礼、さらには嫁vs姑、女の友情も描いたシンデレラストーリーは全女性が共感し、全米だけでなくアジアでも大ヒットを記録!
本当の幸せを見つけるために奮闘する世界中の女性へ贈るゴールデンムービーです。

『クレイジー・リッチ』あらすじ

ニューヨークで経済学科の教授のレイチェル・チュウ。
交際1年の彼氏ニック・ヤンが幼馴染の結婚式で帰国するシンガポールに誘われ一緒に行く事になったのですが、シンガポールにはニックの親族一同が勢揃い、初めて顔をあわせることに。
事前に知らされてなかったが彼の一族はシンガポールを開拓したシンガポール最大の不動産王だったのです。

格差の違い、文化の違い、元カノの嫌がらせや嫉妬など次々に降り掛かってくる問題に立ち向かうレイチェル。

更には”アメリカ人であり、私達とは価値観が大きく違う”ことを理由にニックの母にも嫌われてしまいます。

このままシンガポールから、母親から逃げ出したくなる気持ちを友人ペク・リンに見透かされて、自問自答。
このままではいけないと母と正々堂々挑むことを決意。

そして迎えた結婚式当日。
ペク・リン達の力を借りてドレスアップしたレイチェルは、社交界の誰よりも素敵に変身して登場。
参加者の注目を集め、その姿を見たニックも改めてレイチェルの芯の強さなどを感じ、2人の愛も深まりパーティを楽しんでいたところに母親と祖母から呼び出され...

待っていたのは探偵を使ってレイチェルの家族を調査した事で発覚した衝撃の事実でした。
死んだと聞かされていた父親が実は生きていたのです。
”隠し事をする人とは家族になれない”と彼の祖母や母に明確な拒否をされてしまいます。

レイチェルも知らされていなかった事実によりショックも大きく何日もふさぎ込んでしまいます。
ニックからの連絡も拒否。
そこに母親が迎えにきてニューヨークに帰国することに。

実は母親を呼んでくれたのはニックだったことを知り、このまま終わってはいけないと会いに行くことに。
この旅でエンゲージリングを用意していたニックは家族、家を捨てるとレイチェルにプロポーズ

レイチェルの返事は...

『クレイジー・リッチ』ネタバレラスト

帰国する前にニックの母親を雀荘へ誘い出すレイチェル。

周りは広東語のみで言葉はわからない事を伝えた上で麻雀は母から教えてもらい「交渉術、戦術、協力」を学んだと伝え、ニックにプロポーズされたことを話し出します。

そして、プロポーズの返事を断った事やその理由、自分の思いをニックの母親に伝えその場を後にします。

レイチェルを乗せた離陸前の飛行機。
そこにニックが現れます。

自分には理想のプロポーズがあったこと。
それとは程遠いが乗客に少しだけ静かな時間が欲しいとお願いし、レイチェルの前にひざまずきプロポーズします。
エンゲージリングケースを開けると中は当初用意していたものではなく、
ニックの母親が付けていた指輪が。

レイチェルの返事は...

帰国を延期し、友人が集まり2人の祝福パーティ。
反対していたニックの母親の姿も。
レイチェルが家族として受け入れられたのでした。

『クレイジー・リッチ』見どころ4点

クレイジー・リッチの見どころを4点紹介します。

個性的なキャスト陣

シンガポールを舞台に繰り広げられる今作は冒頭でも紹介した通り、キャスト全員がアジア系。

  • しっかり自分を貫きながらも、大切な人を思い身を引こうとする主人公レイチェル・チュウ(コンスタンス・ウー)
  • 最後は全て捨ててでも結婚したいとプロポーズした恋人ニック・ヤン(ヘンリー・ゴールディング)
  • 家族の為、家を守る為、自分を犠牲に生きてきたニックの母親(ミシェル・ヨー)

それぞれが芯の強さを持つ主演をはじめ、

  • レイチェルの大学時代の親友ペク・リン(オークワフィナ)
  • ヤン家の調達係でレイチェルに色々協力するオリヴァー(ニコ・サントス)
  • 大金持ちのドラ息子バーナード・タイ(ジミー・O・ヤン)

個性的なキャラを見事に演じている助演陣。

ニックのセレブな友達主催の独身最後のパーティシーン(バチェラー・パーティー)で登場する脇を固めるキャスト陣は一人ひとりの癖が強く、本当にお金持ちの人に実在しそうで見ていて楽しめます。

セレブ界の豪邸や衣装

シンガポールの綺麗な風景やグーグルマップにも表示されない道を進むと突然現れる豪邸。
銃剣を装備している複数の門番、虎の剥製など調度品の数々。
シンガポールで群を抜いたお金持ちの日常はこういったものなのか!と驚きと同時にセレブの生活が垣間見れるのは新鮮です。

1年に1度だけ月が出ている時間帯にだけ咲く花「月下美人」を見るために開かれるパーティーなんて普通なら想像できません。
(これもただ、パーティーをしたいだけの口実なのですが)

そしてなんと言ってもセレブ界には欠かせないのが自分を表現するファッション。
登場する女性キャストのドレスやアクセサリーは見ていて飽きませんし、有名ブランドの衣装を身にまとってパーティーへ出席。
女性なら一度は憧れるでしょう。

嫁vs姑

レイチェルvsエレノア(ニックの母)。
結婚する前なので嫁vs姑ではありませんが、初対面で早々、息子ニックにふさわしくないとレッテルを貼られてしまいます。
普通なら意気消沈し、くじけてしまう展開ですがレイチェルは違いました。
友人やニックのいとこオリバを味方につけ、エレノアに対抗するべく作戦を練ります。
最終的には雀荘で一騎打ち。
本音を言い合います。

エレノアの考えをどうやって変えていくのか?
嫁と姑は分かり会える日がくるのか?
レイチェルとエレノアのやり取りは最後まで目が離せません。

男女の価値観の違い

ラブコメディも家族愛も盛り込めれていて、女性が憧れるよくあるシンデレラストーリーだけではない本作。
実は男女の価値観の違いを感じることも出来ます。

例えば結婚前に行われるパーティー。
男性のパーティーはアルコールやキレイな女性。ご褒美が快楽なのが分かります。
対して女性のパーティーは服であったりスパ。ご褒美が自分をよりキレイにするものであることが分かります。

少し大げさな描写でもありますが、男女でお金を手にしたらやりたいことへの違いが描かれています。

また、離婚をすることになってしまう夫婦に対しても価値観の違いが垣間見れます。
ニックの父親や祖父が一切出てこない事からも分かるように女性を中心に描いた映画であり、女性の価値観に大いに触れることになる本作ですが、結婚を控えた友人の「アルコールを飲みながら親友と話しラグビーが出来たら良い」。
という言葉には男性が友人をとても大事にしている男性の価値観にも触れることができます。

『クレイジー・リッチ』感想

ラブコメディーと思い見てみたらタイトルの通りクレイジーなお金持ちの世界に引き込まれます。
そして家族愛、それぞれの大切な人を思う気持ちに思わず感動して泣いてしまいました。

中でも親友の結婚式で花嫁が登場するシーンが神秘的で素敵!
その空間でレイチェルとニックの愛を確かめ合うシーンが微笑ましくて凄く好きでした。

レイチェルの大学時代の親友ゴー・ペク・リンも口は悪いが性格は良い個性的なキャラで好きです。
最後に流れるマネーマネーマネーのフレーズが頭に残ってます。

とてもテンポの良い映画で、役者それぞれの配役も絶妙で見ていて飽きがありませんので恋愛映画のジャンルを超えておすすめできる映画です。
もちろんプリティ・ウーマンと言ったシンデレラ・ストーリーが好きな人には是非観てほしい作品です。

また、日本は単一民族国家なのでイメージしづらいかもしれませんが、〇〇系◯人と呼ばれる多民族国家のアイデンティティーや国籍とは何なのか、アジアの人たちの価値観を知ることが出来ます。

原作は3部作で、映画も続編ができるということなので楽しみにしてます。

おすすめの記事