(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

スティーブン・キングの小説を原作に描いた傑作ホラー「シャイニング」の40年後を描いた続編「ドクター・スリープ」。

雪山のホテルでの惨劇を生き残り大人へと成長したダニーを主人公に、新たな恐怖を描く。
スタンリー・キューブリック監督による「シャイニング」のオマージュを監督・脚本は「オキュラス 怨霊鏡」「ソムニア 悪夢の少年」のマイク・フラナガン。

ドクター・スリープの結末は納得できるのか?
原作者スティーブン・キングが今作を認めた理由には”シャイニング”の描写が関係していた。

鑑賞者が前作「シャイニング」からの続編だと感じるに理由や、
前作を見た人と見ていない人で感想が大きく異なる意味がこれを読めば分かります。

ドクター・スリープネタバレ結末

クロウ・ダディに薬を打たれ気を失い連れて行かれたアブラ。
目が覚めるが薬の影響でシャイニングの能力が全く使えない大ピンチ。

ダニーは能力によってアブラを発見したものの、策が見つからない。
クロウ・ダディの隙きを見てなんとかやっつけることに成功するが、パートナーを失ったローズ・ザ・ハットは怒り、保存していた”生気”を全て吸い取ってダニーたちを追ってくる。

アブラの能力も使えない。
自分の能力ではローズ・ザ・ハットに敵わない。

ダニー達は能力者ローズを倒す最後の手段として少年時代に父親から殺されかけた雪山のホテルへ向かう

ホテルに何があるか知らないローズは追い詰めたと思いホテルの中に。
斧で襲いかかるダニーだが、やはりローズには敵わない。

絶体絶命のピンチだと思われたが雪山ホテルの能力者”双子の少女たち”によってローズは生気を全て吸収されてしまう。

ダニーの狙い通りローズの始末に成功するが、今度はダニーとアブラも大ピンチ!

アブラを助けるべくダニーはボイラー室の爆破によって、自らを犠牲に双子の少女たち共々葬り去るのでした。

残されたアブラは母親と、自身の能力を隠さず前向きに生きていくことを心に誓いバスルームの老婆がいる部屋へ入っていくのでした。

ドクター・スリープネタバレ感想

前作シャイニングを観ておらずドクタースリープを観た人と、前作も観た人の感想を織り交ぜております。

スティーブン・キング原作の映画化なので”ホラー”かと思ったらハリーポッターの様な魔法を使ったファンタジーに感じました。
前作シャイニングは本当に怖かったのか疑問が残ります。

シャイニングは当時の我々に恐怖を与えたホラーの傑作なのは間違いないよ。

BGMとホテルの登場シーンから館内の期待値が上がってきたように感じたのですが、ホテルは特別なものだったんでしょうか?

少年時代のダニーはあのホテルで父親に殺されかける恐怖を味わっており、割れたドアから顔を出すシーンは未だに語り継がれています。
BGMもシャイニング時と同様だったので前作を知るファンにはこれから恐怖を連想させたのかもしれません。

ラストのアブラのシーンでバスタブの老婆がいましたが、あれはどういった意味なのでしょうか?

バスタブの老婆は前作から登場するキャラで”ホラー”としての印象を残して終わりたかった意図があるのかもしれないね。

正直、前作を観ていない僕からしたらB級ホラー映画にファンタジー要素を加えた内容に感じました。
前作が名作だと言われていたので期待していただけにガッカリです。
ローズ・ザ・ハットを演じたレベッカ・ファーガソンさんやユアン・マクレガーさんの演技は良くて
152分と長い映画でしたが集中力が切れること無く楽しめました。
シャイニングを観てから鑑賞した方が良かったですね...

シャイニングを観てきたファンからするとホテルのシーンなどオマージュたっぷりで、前作の少年ダニー役がカメオ出演していたりとかなり楽しめる内容だったけどね。
確かにホラーの要素は低いけど、原作者キングが酷評したスタンリー・キューブリック監督の作品から、よくココまでうまく繋げたな。と感心する要素が多かったので私は大満足だったよ。

『ドクター・スリープ』映画ネタバレ感想まとめ

ドクタースリープを観る前にシャイニングを観ていた方が楽しめるということが分かりました。
ホラーを期待して行く人には物足りないかもしれません。

前半部分に”シャイニング”の描写を盛り込んだことによって、スティーブン・キングが評価したことも、キングらしいと前作が酷評されたことを知っている人からしたら納得でしょう。

後半のホテル登場シーンからドクタースリープがシャイニングの続編だと十分に感じさせてくれる部分ではありますが、前作を見ていない人には双子の少女たちやダニーの父親が出てくる理由も分からず付いていけなくなるかもしれません。