劇場公開中の作品

人類史上、初めて月面を歩いた男、ニール・アームストロング。

“その名を一度も耳にしたことがないという人はいない”と言っても過言ではないほどの著名な宇宙飛行士は、どんな人生を歩んできたのでしょうか。

本作「ファースト・マン」は、そんなニール・アームストロングの伝記を原作とした映画です。

監督は「ラ・ラ・ランド」や「セッション」にて一世を風靡したデイミアン・チャゼルで、主演は同じく「ラ・ラ・ランド」でも主演を果たしていたライアン・ゴズリング

ライアン・ゴズリングが演じるアームストロングの目線ですべてが展開してゆくこの物語は、静かでありながらもその熱量は高く、想像を絶する緊張感で溢れかえっていたのです。

『ファースト・マン』あらすじ

1961年、時はアメリカとソ連が激しい宇宙開発の競争を繰り広げるその最中、ニール・アームストロングはNASAの宇宙飛行士に応募し、採用されます。

しかし、宇宙飛行士に採用が決まってからの過酷な訓練の日々は数年にもわたるものでした。
しかも、”高額の税金や数々の犠牲を出しながらもうまく結果が出ない”という、宇宙開発そのものに対する民衆の反感も高まってゆきます。

そうして時は流れ、1969年。

アームストロングは、ついに月に着陸する予定のアポロ11号の船長に抜擢されますが…。

まるで自分が宇宙飛行士になったかのように錯覚させるほどのリアリティー!

本作では、重力にまつわる描写のリアリティーが非常に高いです。

鑑賞者の体に大きな負荷がかかるとか、無重力すら体感したように錯覚するというような、画面を超えた極上の映画体験を味わうことができます。
(特に、本作にのめり込めばのめり込むほど、宇宙飛行士の荷重訓練の苦労が伝わるのではないでしょうか。)

そもそも、重力があるという地球上の生活に慣れきっている私たちは、普段の暮らしにおいて重力というものの存在を実感することは少ないと思います。
しかし、本作「ファースト・マン」において描かれる過酷で容赦ない世界については、そんな生ぬるさは通用しません。

耳をつんざくような轟音で唸りを上げる機内。
パイロットたちの視点から見える狭い窓からは、空も地上もわからないほどに激しく揺れる世界が広がるばかりで、三半規管など到底あてになりません。

そんな状況ですから、命の保証なども当然期待できません

離陸直前の密閉空間で爆発事故を起こしてこの世を去る仲間たち。

それゆえに加速するバッシングの対象にされるということも踏まえると、私たちが普段の生活で感じる機会などない次元でのプレッシャーにさらされていたということは、想像に難くありません。

本作を通じて、私は

「精神が壊れるほどのプレッシャーをはねのけ、常に隣り合わせの危険から逃げることなくチャレンジを続けてきた者のみが、無重力を体感することが許さるのだ」

と思い知らされたほどです。

歴史的な成功の裏に隠された、溢れんばかりの人間ドラマ!

本作には、”人類で初めて月に到達した”という伝説ともいえる宇宙飛行士の、名声や勲章の裏に隠された人間ドラマが余すところなく織り込まれています。

家族、友人、同僚、そして莫大な費用。
これらの多大な犠牲や対価を投じて宇宙計画を押し進める、”国家とアームストロングの関係性”について、克明に描かれているのです。

アームストロングの功績は、多くの犠牲なしには成し得ることはできませんでした。
つまり、周囲からの支援や影響が大きく貢献していたということは事実です。
しかしその一方、娘や友人の死、家族との不和など、彼自身が抱えて乗り越えるべき障壁も盛り沢山でした。

行き場のない大きな悲しみや喪失感。
言い表すことができない恐怖にも打ち勝つことができる精神力。
そして、家族との心が離れていくような任務の日々。
(しかも、俳優陣がそれぞれの立場を象徴した素晴らしい表情をもって痛切に訴えかけてきます。)

そんな道のりの先に、アームストロングが月面から無線を通して発した
「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」
という言葉には、人生を宇宙開発に捧げた男と、家族の物語が詰まっています。

アームストロングは、まさに月面に最初に到達すべき人物であったと言えるのではないでしょうか。

ファースト・マン感想

当然ながら、人にはそれぞれに人生があります。
喜びや悲しみの数、そしてその起伏の大きさもまた人それぞれですが、何気なく日々を過ごしてただ死んでいく、という人も珍しくないと思います。

本作は、アメリカが国家予算を投じ、歴史上でも有数のプロジェクトである宇宙計画がテーマです。
それは、数々の人命や多大な時間が投入された、人類としての巨大な挑戦でした。

そんな挑戦の最前線でもがきながら、信念を成し遂げた男のストーリーには、確実に私たちの胸に迫るものがあります。

また本作には、自然と自分の生活を省みさせるような力すらも感じました(アームストロングには及ばないのは百も承知ではあります)。
アームストロングの姿を見るにつけても、それこそ月とスッポンの差を痛感させられるのですが、何かを成し遂げるエネルギーや、迷った時に力をくれるような作品なのです。

完全に一般人である私たちが、今から訓練を積んで宇宙に飛び出そうということは不可能に近いものがある、と頭ではわかっているはず。
それでも、今作を鑑賞すれば宇宙のロマンに手を伸ばしたくなる。

そんな映画なのです。

ファースト・マン評価

大人も子供も、一度でも宇宙に想いを馳せたことがあるという方は必見の映画です。
特に”供の頃の夢はパイロットだった”なんて過去があれば、なおさらのめり込むことができるでしょう。
圧倒的な人間ドラマに涙し、そんな困難の先にある果てしない達成感をおすそ分けされたいという方は、是非本作を鑑賞してください。

音と映像のリアリティーがかなり高く、自然と歯を食いしばってしまうシーンが多々あります。
閉所恐怖症の方などはもちろん避けておくことをオススメします。
“映像の迫力などによるエンタメ性を感じたくない”とか、”穏やかなドキュメンタリーを観たい”という方にもオススメできません。

おすすめの記事