(C)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

大統領候補のスーパーウーマンと失業中のダメ男に芽生えたありえない恋を描く、ラブコメディ。

主演は「モンスター」や「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のオスカー女優シャーリーズ・セロンと、「40歳の童貞男」や「ソーセージ・パーティー」の人気コメディ俳優セス・ローゲン。

共演陣も「ザ・アウトロー」のオシェア・ジャクソン・Jr、アンディー・サーキス、サンダー・スカシュゴードなど豪華な顔ぶれ。
さらには人気ボーカルユニット”ボーイズⅡメン”が本人役で登場しています。

オスカー女優が綺麗だけじゃなく、良い意味でイメージを崩してくれる下ネタにもチャレンジし観る人を男女問わず爆笑を誘います。

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」作品情報

原題 Long Shot
公開 2019年1月3日(日本)
監督 ジョナサン・レヴィン
脚本 ダン・スターリング、リズ・ハンナ
主なキャスト シャーリーズ・セロン、セス・ローゲン、オシェア・ジャクソン・Jr、アンディ・サーキス
ジャンル ラブコメ、PG12指定
上映時間 125分

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」予告動画

ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋本予告編

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」あらすじ(ネタバレなし)

白人至上主義団体の潜入取材ではタトゥーを彫ることも厭わないジャーナリズム精神を持ったフレッド(セス・ローゲン)は自身が務めるメディア王に買収され、本当のジャーナリズムが無くなると自ら会社を辞める。

チャンバース大統領(ボブ・オデンカーク)は次の大統領候補に出馬しないことを聞いたシャーロット(シャーリーズ・セロン)は初の女性大統領を目指すために立ち上がる。

無職のジャーナリストと多忙な国防長官。
全く接点のあるはずの無い2人だったが、フレッドの親友(オシェア・ジャクソン・Jr)が気分転換に連れて行ったチャリティパーティーで偶然の再会を果たす。

2人は顔見知りで、当時13歳だったフレッドのベビーシッターをしていたのがシャーロットだったのだ。
しかも単なるベビーシッターサービスの間柄ではなく、フレッドの初恋の相手であり、初キスの相手。

予想外の再会を果たした二人は思い出話に花を咲かせる。
後日フレッドの記事を読んだシャーロット。
自身に足りていないスコア”ユーモアのセンス”を補うため、何よりも若き日の自分を良く知るフレッドに大統領選挙スピーチの原稿制作チームに任命する。

シャーロットは世界の政治家を前に環境問題に関するスピーチをすることに。
フレッドから「自分の信条を曲げるべきではない」と説得され、自分の考えをそのままぶつけることにしたスピーチが大盛況。

スピーチには無くてはならない存在となったフレッドは「素晴らしいスピーチを書くためには、シャーロットのことをもっと知る必要がある」と考え、シャーロットに2人で過ごす時間を取ってもらった。

原稿を書き進める内に2人の距離は急接近。
いつしか惹かれ合う2人だが、いくつものハードルが待っていた...

「ロング・ショット 僕と彼女のありえない恋」見どころ3点

1点目:オスカー女優が下ネタコメディに挑戦

オスカー女優、才媛シャーリーズ・セロンが今までのイメージを覆すコミカルな演技でコメディに挑戦しているのがロング・ショット最大の見どころです。
下ネタにも臆すること無く体当たりで演じる様子には監督も「彼女が生まれながらにコメディエンヌだったとは思わなかった」とコメントしたとか。

大統領候補というスーパーウーマンという役柄を演じながら、ラブコメに仕上がったのは演技の素晴らしさでしょう。

2点目:PG12指定、大人向けコメディ

ロング・ショットはPG12指定だけあり、付き合ったばかりのカップルには気まずくなるようなエッチなコメディネタが満載

40歳の童貞男でも、モテない男を演じ笑わせてくれたセス・ローゲンが期待通りの下ネタで大爆笑を誘います。

本編は美女とダメ男が繰り広げる逆転シンデレラストーリーですが、タイミング良く挟む下ネタが観る人を飽きずにエンディングまで導いてくれることでしょう。

3点目:女性大統領候補が悩む恋心

映画ロング・ショットのシャーリーズ・セロンとセス・ローゲン

(C)2019 Flarsky Productions, LLC. All Rights Reserved.

分刻みでスケジュールをこなしていく女性は”1番触れることが出来ない女”として恋心を閉ざしていますが、真っ直ぐに心をぶつけてくる男性に徐々に心を許していきます。
ありえない格差に二人は恋愛を封印するのか、夢だった大統領になることを選択するのか?

恋か夢か
どちらを取るか悩む心境の変化をシャーリーズ・セロンが見事に表現します。
二人のロマンスの行方に注目です。