盛り込まれた数多のオマージュ…あなたはいくつ気付くことができるでしょうか!?”『レディ・プレイヤー1』

ポップカルチャー」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか。
ポップカルチャーとは大衆文化のことで、小説やテレビアニメなど、幅広いジャンルで、特に難しい学術的な知識がなくとも手軽に楽しめるもののこと。
もちろんポップカルチャーとしての名作映画もこれまでにたくさん生まれてきました。

時は流れ2018年。
伝説的映画監督であるスティーブン・スピルバーグにより、新たな超名作が届けられました。

数々の映画(たとえばバック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアン号!)アニメ・ゲームなど(バットマンやソニックなど!)のキャラクターたちが”これでもか!と盛り込まれた、想像を絶するSF映画。

それが、本作「レディ・プレイヤー1」なのです。

『レディ・プレイヤー1』あらすじ(ネタバレなし)

貧富の差が激しくなった近未来、西暦は2045年。
多くの人々は、荒廃した街に暮らす現実を送っていました。

しかし、そんな暮らしの中にも、人々が気軽に現実逃避ができるVRの世界「オアシス」がありました。
そこに入れば” 理想の自分で、理想の人生を楽しむ”ことができるのです。

ある日、オアシスの創設者であるジェームズ・ハリデーが亡くなり、彼の遺言が発表されます。

全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの鍵を解いた者に全財産56兆円と、その世界の全てを捧げる

この発表には世界中が沸き立ち、莫大な遺産を賭けた争奪戦が始まります。

オハイオ州でパッとしない現実を送っていた17歳のウェイドも、オアシスで暮らす理想の自分を夢見て、ハリデーの遺産に色めきだっています。

謎の美女アルテミスや仲間たちと協力しあって、ウェイドは争奪戦を制することができるのでしょうか。

『レディ・プレイヤー1』あらすじ(ネタバレあり)

オアシスでは、理想のキャラクターに変身して他プレイヤーと戦うことになります。
その戦いに勝利することでコインを手に入れ、アイテムや装備を購入することができます。

ただ、戦いに負けると全てを失い、最初からやり直さなければなりません。

そして、巨大企業「 IOI社 」は巨額を投じ、人海戦術でハリデーの遺産を狙います。

第一の鍵を解くために必要なのは、レースに勝つこと。
しかし、行く手をキングコングが阻んでいて誰も目的地まで到達できません。

障害物により乗り物を大破する脱落者が増える中、ウェイドはトップでゴール直前まで進みますが、やはりキングコングによってそれ以上進むことは許されません。

あとを追ってきたアルテミスが特攻しようとするのをウェイドが身を呈して止めますが、アルテミスのカネダバイク(AKIRA)は大破してしまいます。

カネダバイクの修理のため、エンジニアのエイチの元を訪ねたウェイドとアルテミスの二人ですが、そこで口論になります。

ウェイドは「キングコングには勝てない。それがルール」と言いますが、アルテミスは「ハリデーはルールを嫌っていた」と言い残しログアウトします。

その言葉にヒントを感じ取ったウェイドは、ハリデーの過去がわかる記念館を訪れます。

こんな波乱万丈が待ち受ける、ウェイドたちの冒険はどんな結末を迎えるのでしょうか。

『レディ・プレイヤー1』見どころ2点紹介

80年代から、人々に愛され続けたキャラやシーンが一堂に会するすさまじさ!

今作は過去10年のスピルバーグ作品の中で一番の興行収入を叩き出しました。
スピルバーグのSF作品への世界中の期待が爆発した結果でしょう

そもそもスピルバーグが一躍”時の人”として世界中から愛される存在になる過程として、多くの伝説的作品を発表した80年代
そこから、時の流れと共に洋邦問わず生まれ続けてきたポップカルチャーが、随所にたくさん盛り込まれています。

その当時を謳歌した人々や、それに影響を受けた人々にとっては、作中の多くのオマージュは涙なしでは観ることができないでしょう。

なかでも、主人公がハリデーの意志を汲み取って敵対組織に立ち向かい、彼の呼びかけに賛同した協力者たちが登場する場面は、鳥肌なしでは観られません。

「VRの世界であるはずなのに、現実よりも人々のあたたかさに触れる」という描写は、スピルバーグならではと言えるのではないでしょうか。

ある意味ポップカルチャー検定!?なんども繰り返して観たくなる奥深さ!

3つの謎を巡る冒険を進めることが、今作の本筋となります。
この謎を解くためには、

  • ポップカルチャーを深く愛しているか
  • いかに柔軟な思考と強い意志を持っているか

が問われることとなります。

主人公たちと一緒になって謎を解き明かしていく、アトラクション的な要素は手に汗握る展開が目白押しで、ハラハラドキドキすること間違いなし!

秘められた数多のオマージュが本作の見どころのひとつなのですが、鑑賞者にとって思い入れの深いものが登場すればするほどに、今作のコラボレーションの凄まじさが身に染みて感じられるはずです。
※もちろん、スピルバーグによって隠された膨大なイースターエッグたちを全て回収することはできなくとも、十分に楽しむことができますのでご安心ください。

『レディ・プレイヤー1』感想

黎明期である80年代から2010年代後期までのポップカルチャーの総集編とも言える内容により、

「スピルバーグ、ありがとう!!!」

という気持ちが沸き起こりました。

しかし、扱うテーマがテーマだけに、権利問題が解消されずボツになってしまった案もいくつかあったということで、

「もしそれらが実現していたら、もっとすごいことになっていたのでは…」

と想像せずにはいられません。

NGとなってしまったジャンルの作品群が使用されていたとしたら、世界観はもっと幅広いものなりますから、この感動はさらに大きなものになっていたはずです。

そして今、私たちが暮らす実際の世界にも、徐々にVRの波が押し寄せてきています。

しかし、本作「レディ・プレイヤー1」という映画によって、仮想現実をテーマにした今世紀最大のエンターテイメント作品はすでに作られてしまったのではないでしょうか。

それほどまでにエンターテイメント性が高く、またクリエイターという存在そのものへのリスペクトと深い愛を感じさせる作り込みは本当に魅力的です。

もし「人生で観るべき映画を10本だけ選べ!」ということになったら、この「レディ・プレイヤー1」をその中の1本にチョイスする人は多いと思います。

『レディ・プレイヤー1』総評

オススメできる人として、 “何か楽しいことがないかな…”と常日頃から思っていて、なおかつポップカルチャーの知識がある人には、2時間20分という長さもあっという間に過ぎてしまうほどの面白さがあります。

ジェットコースター的なアトラクション形式の映像は、観ているだけで大きな高揚感を得られます。
ド派手でワクワクするエンターテイメント作品をお求めの方は是非是非ご覧ください。
(是非高画質・高音質で鑑賞できる環境を整えて、没頭してみてください。)

ただ、本作はスピルバーグとその功績を知っているものとして進んでいきます。

「スピルバーグ?誰?」という方は、次々と登場する膨大なキャラクターたちに置いてけぼりにされるかもしれません。

細かな紹介は省かれて物語が進んでいきますので、最大限楽しむためにはある程度、予習が必要になるかもしれません。

おすすめの記事