今回スポットを当てる映画は2018年3月16日に公開された『リメンバー・ミー

1年に1度だけ他界した家族と再開できるとされる祝祭をテーマにしたディズニー/ピクサーのアニメです。

キャッチコピーは「それは、時を越えて-家族をつなぐ、奇跡の歌。

リメンバー・ミーが泣ける!あらすじ紹介

ミゲルという12歳の少年が主人公。

ミゲルの家庭では音楽が禁止ということで、ミゲルが家出をすることになったのです。

ミゲルの家族には絶対的な秘密があります。

それはメキシコの伝統的な歌手でギターを弾いていたということです。

それに憧れたミゲルは家庭で禁止されていたギターを手にすることになったのです。

メキシコで毎年行われる死者の日があり、ミゲルも参加することになったのです。

偶然通りがかった所に、ひいひいおじいちゃんが弾いていたギターが飾られていました。

厳重に保管をされていたのですが、ミゲルはギターが壊れてしまったことで、盗むことになったのです。

ミゲルは死者の国に来てしまったことから、生きている国に行って人間に触れても触れることが出来なくなってしまっているのです。

死者のロードを歩いている時に、偶然祖先と出会うことになったのです。

死者の日に、ミゲルが祭壇からギターを盗んでしまったことで、呪いをかけられてしまったのです。

ミゲルを救うためには、ミゲルの家族からの許しが必要となります。

ミゲルの呪いを解くためには、日が昇るまでに解かなければ、ミゲルは骸骨になり、生きている国に戻ることはできないようになってました。

ミゲルは、二度と音楽に関わることはしないと、心の中で決めて、生きている国に戻ることができたのです。

でも約束を破ったミゲルは、すぐに死者の国に戻されてしまい、死者の国にいる祖先などからも音楽をすることに反対されてしまったのです。

ミゲルは、ヘクターと知り合い生者に戻りたいことを相談して、やっぱり家族が大事だというとで、写真を祭壇に飾ってもらうことで、生者に戻ることができたのです。

家出をしていたミゲルは家に帰り、泣きながら謝り、家族と幸せに暮らすことが出来たという作品です。

リメンバー・ミーの泣ける見どころ

この作品の見どころは、ミゲルが死者の国でいろいろな出来事が起こったことです。

音楽が好きなミゲルは、どうしてもギターを弾きたく、家を飛び出してしまったのです。

生者に戻りたいミゲルは、死者の国で出会った方と出会い、死んだことに相談に乗ってあげているのです。

ヘクターとの出会いが一番見どころです。

ヘクターは死者なので、体は骸骨となってしまってます。

ミゲルが話を聞いてあげて、音楽をやめると言っていたのですが、約束を破ったミゲルは、本当に死者の国から戻れなくなる呪いをかけられてしまったのです。

呪いを解くためには、祭壇に写真を飾ってもらうことでしたが、そう簡単にはいかずいろいろ試行錯誤して、倒れた写真を祭壇に飾ってもらうことに徹したのです。

ミゲルは音楽より、家族が大事ということがわかり、どうにかして写真を飾ってもらうことが出来、ミゲルは、生者に戻ることができたのです。

一目散に自分の家に行って、家族と再会をすることが出来た所が涙する場面です。

リメンバー・ミーのネタバレあり感想

リメンバー・ミーは、何度も見たのですが、何度見ても泣いてしまいます。

ディズニーアニメでありますので、映像のすばらしさには感動します。

ミゲルのギターが壊れてしまったときには、どうなるんだろうと思ってました。

警備の見ていない間に、ひいひいおじいちゃんが歌手だったことで、部屋にギターが飾られていたのを見たミゲル。

ミゲルは盗むことを思いつきギターを盗んでいったので、本来は盗むという行為はだめなんですが、ミゲルの気持ちを考えると、私でも盗んでしまうかも知れないですね。

死者の日というものがあり、ミゲルは死者の国に行ってしまったので、死んでしまったのかとぞくぞくしてしまいました。

死者の国にいる方は、全員骸骨でミゲルだけが骸骨ではなかったので、死んでないことがわかります。

死者の国でしばらくの間、楽しむことになったので、死者の国のすばらしさを、私も感じてみたいと思いました。

家族を見捨てて出て行ってしまったことに後悔をしたミゲルだったのですが、死者から生者に戻ることが出来た時には、号泣をしてしまいました。

おすすめの記事