ひとよ解説

2013年「凶悪」以降、日本アカデミー賞など60以上もの受賞を果たし、名だたる俳優たちがいまもっとも出演を熱望する映画監督「白石和彌」。
いつかは撮らないといけないと感じていたテーマ【家族】を初めて真正面から挑み、15年前の事件によって家族の岐路に立たされた、ひとりの母親と子どもたち三兄妹のその後を描きます。

キャストは佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子に佐々木蔵之介など実力派ばかり。

”一夜”にして激変する家族の運命を通し、尊くも時に残酷な”家族の絆”、そして言葉にできない”究極の愛”を観る者全てに問いかけるヒューマンドラマ「ひとよ」を紹介します。

ひとよ作品情報

公開 2019年11月8日
監督 白石和彌
原作 桑原裕子
脚本 高橋泉
音楽 大間々 昴
主なキャスト 佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優、田中裕子
ジャンル ヒューマンドラマ、PG12
上映時間 122分

ひとよ予告動画

ひとよ予告編

ひとよ原作

1976年7月19日生まれ、東京都出身。劇団KAKUTA主宰。作・演出を兼ね、俳優としては結成以後全本公演に出演。長塚圭史演出「冒した者」や白井晃演出「ペール・ギュント」、福原充則作・演出「俺節」をはじめ、数多くの舞台に出演。俳優業の他に、ブロードウェイミュージカル「ピーターパン」の潤色・演出、映画『ランブリング・ハート』、ドラマ「ぬけまいる~女三人伊勢参り〜」の脚本、PS2ソフト「3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!」のシナリオなど、舞台・テレビ・ゲームシナリオ・ノベライズ小説と多岐にわたり、演出家・劇作家として活躍。09年、劇団公演「甘い丘」再演の作・演出で平成21年度(64回)文化庁芸術祭芸術祭新人賞を受賞。また、脚本家として手掛けた世田谷パブリックシアター主催「往転」(作・演出)が第56回岸田國士戯曲賞、第15回鶴屋南北戯曲賞の最終候補になるなど高い評価を得た。15年、劇団KAKUTA 公演「痕跡(あとあと)」が第18回鶴屋南北戯曲賞受賞。18年「荒れ野」が第6回ハヤカワ悲劇喜劇賞、第70回読売文学賞戯曲・シナリオ部門を受賞。

ひとよ小説

映画とはまた少し違うストーリー。

\合わせて読みたい/