横山秀夫原作で山崎まさよし、北村匠海が主演で映画化した「影踏み」のネタバレありの結末と感想となりますので、
映画を観る前でネタバレが嫌な人はネタバレ無しのあらすじと見どころを参照ください。

>>山崎まさよし『影踏み』映画あらすじ(ネタバレなし)見どころ3点解説

感想だけ知りたい方は下記をクリック。

『影踏み』ネタバレ結末

同級生でもあった吉川刑事を殺したのは誰か?
修一(山崎まさよし)は吉川刑事(竹中ピストル)に弱みを握られていた稲村葉子(中村ゆり)を疑うが店にも来ていたとされるトドロキ検事がアリバイを証言する。

検事に会いに行こうと尋ねるが、今度は検事が暴漢に合い入院していることを知る。

検事の自宅へノビを行い、手がかりを掴もうとするが見つかったのはカネの流れが分かる通帳のみ。

一方、修一の恋人久子は久能(滝藤賢一)からのプロポーズを断る。
その直後から働き先には嫌がらせの書き込み。夜には無言電話が鳴り明らかに自身を狙った嫌がらせを受ける。

そんなある日、久子の帰りを狙った久能は久子を襲う。
久子はすぐに久能が双子だと見抜く。
襲ったのはプロポーズをした弟ではなく兄だったのだ。

なんとか逃げ出した久子は修一に助けを求める。
久子の家に向かい荒れた家の中を整理する修一。

そんな家に誰かが玄関を激しくノックする。

なんと襲ってきたのは大室誠(中尾明慶)だったのだ。
葉子の言葉に救われ優しくされた誠は、葉子を苦しめようとする男たちを襲っていったのだった。

  1. はじめの吉川はノビカベ逮捕となった時に事件の真相を知っており、弱みを理由に葉子に対し執拗に迫っていた為
  2. 検事も同じく葉子に対し執拗に迫っていた
  3. そして修一は葉子の周りを嗅ぎつける危険な人物だと判断したため

全てが誠の犯行だと分かる。
そこに修一に付けられた発信器を頼りに馬渕刑事(鶴見辰吾)が現れ、誠を逮捕する。
同時にネタを欲しがっていた馬渕は修一から金の流れが分かる通帳を受け取る。

結果として不正を行っていた検事にも裁きがくだったのだった。

その後、修一は久能の兄を尋ねるが不在で会えず。
何か引っかかった修一は夜、ノビを行うが目にしたのは兄、久能(滝藤賢一が二役)の死体だった。
そこに弟、次郎が帰ってくる。
はじめは見つけた修一を殺そうとする必死に抵抗する修一。
双子の弟を持つ修一と、同じく兄を持つ次郎。
一卵性双生児だからこそ抱える苦悩、亡くなった兄弟への想いをぶつけあう。

天国と地獄に分かれたと思われていた双子の兄弟。
久能兄弟はどちらも地獄に引っ張っていかれてしまいましたが、真壁兄弟は天国に引っ張っていかれていきました。

自分自身を許すことが出来たことにより、影のように付き添う啓二から開放され、修一はようやく久子と歩いていく決心を3人の思い出の地でするのでした。

『影踏み』感想

自らを役者ではない。と言っていた山崎まさよしさんでしたが、アウトローに染まっていった影のある人物を見事に演じていたようにも思います。

特に違和感なく、映画に集中出来ました。

影踏みのキーパーソンでもある葉子ですが、実社会でもこういった寄ってくる男性がいるだろうと想像できます。
不幸でしか無かったのが残念で、2度も自ら人生を諦めようとしましたが最後には歩きだしてくれるのでは。
と映画を通じて、人はいつでもやり直せると感じさせてくれました。

この映画のキーとなるのは”双子”ですが、実際に一卵性双生児の人にとっては抱えている悩みだと感じます。
「2人は1人になれない」という言葉が印象的でした。

映画の中ではそこまで長いシーンに登場するわけではありませんが、やはり大竹しのぶさんの演技には人を引き込む力があります。
同時期に公開された「ひとよ」の母を演じる田中裕子さん同様、演技力のある女優さんが出演する映画に外れはないです。

>>映画『ひとよ』家族の絆の喜びと哀しみがこころを打つ、感涙ヒューマンドラマ

小説との違い

小説を読んだことがある人にとっては違和感の残る映画になったことでしょう。
小説では映画に登場しない三沢玲子や黛などが登場することによって、登場人物一人ひとりにフォーカスできておりそれぞれの”影”を感じることがより一層できます。

映画では双子の2人に極力焦点を当てた作品に仕上がっている印象ですので物足りないかもしれません。

小説では映画で描ききれなかった登場人物の素顔など、読み応えのある少し異なったストーリーとなっています。
詳しく知りたい方は是非、横山秀夫先生の原作を手にしてください。
私の拙い文章とは違い、プロが書く文章は必読の価値があります。

思い出の丘は毛野国白石丘陵公園

また、映画のロケ地は全て群馬で撮影されているので聖地巡礼も可能です。
群馬に住んでいる人にとってはこの場所知っている!
とさらに映画の世界に入り込めるのではないでしょうか。

修一と啓二、久子の思い出の場所でもあり映画のラストシーンに登場する大きな木があるのは「毛野国白石丘陵公園」
これを機会に訪れてみてはいかがでしょうか

影のように付き添う青年・啓二(北村匠海)の演技にやられた

kagefumi-movie

(C)2019「影踏み」製作委員会

修一の出所後から影のように付き添う啓二(北村匠海)。
いい歳をした、しかも犯罪歴のある大人が交通違反である自転車の二人乗りや、タイミング良く現れるシーン。
少し違和感を感じながら鑑賞していました。

そして修一との関係を想像しながら観ることになります。
「修兄」と言っていることから年の離れた兄弟なのか?
風貌からしてノビの弟子?

様々な想像を駆り立てるどこか影を感じる北村匠海さんの演技が見事でした。

北村匠海さんが双子の弟だと分かった時、

  • 図書館にいた周りの客がビックリし、恐怖していた理由
  • 自転車の二人乗り

双子だと分かった上で映画をもう一度見直すのも良さそうです。