(C)2019「影踏み」製作委員会

『64-ロクヨン-』シリーズなどの小説横山秀夫原作、長らく”映画化不可能”と言われてきた「最後の一作」が、ミュージシャンの山崎まさよし主演でついに映画化!

深夜に民家に忍び込んで泥棒を働く「ノビ師」
その中でも”すご腕”と知られる真壁修一(山崎まさよし)容疑者、通称「ノビカベ」が捕まった。

なぜ東大法学部に進学した法律家志望のエリートが窃盗犯に転落したのか?

逮捕のきっかけとなった住居侵入の被害者である稲村葉子(中村ゆり)、修一の恋人安西久子(尾野真千子)たち様々な関係者の思惑が絡み合う”事件関係者”たちはどうなっていくのか?

影踏み作品情報

原作 横山秀夫
公開 2019年11月15日
監督 篠原哲雄
主題歌 影踏み(山崎まさよし)
主なキャスト 山崎まさよし、北村匠海、大竹しのぶ、尾野真千子
ジャンル ミステリー、ヒューマンドラマ
上映時間 112分

影踏み 予告動画

映画「影踏み」予告編

影踏み あらすじ(ネタバレなし)

住宅が留守の時を狙った「空き巣」よりも捕まるリスクが高い深夜寝静まった家に侵入し窃盗を行う「忍び込み」
警察は忍び込みを「ノビ」と呼び、プロを「ノビ師」と呼ぶ。
名前をもじって、同業者にも一目置かれる存在である真壁修一(山崎まさよし)こと「ノビカベ」。

狙うターゲットはお金を持っている高級住宅のみ。

ノビカベはいつものように慣れた手付きで稲村議員宅に忍び込むが妻・葉子(中村ゆり)が自宅を燃やそうとする瞬間を目撃してしまう。
間一髪のところで修一は葉子を止める。
しかし駆けつけた警官であり同級生でもある吉川聡介(竹中ピストル)刑事に逮捕される。

20年後。

刑期を終えた真壁は出所。
「修兄」と慕う啓二(北村匠海)が待っており行動を共にする。

真っ先に修一が行ったのは何故、あの時捕まってしまったのか。
警官が駆けつけたのが早すぎないか?という疑念を晴らすためにも図書館で事件当時の事を調べる。

稲村宅は競売がかけられておりシノキというヤクザが手に入れた事などを知る。

映画「影踏み」中尾明慶

(C)2019「影踏み」製作委員会

葉子のその後を追う修一は、自分を逮捕した吉川刑事、街金やバッタ屋で働く競売師大室誠(中尾明慶)らから情報を得る。
シノキからトドロキへ不正な資金が流れている事を知る。

この2人に共通する人物こそ逮捕されたきっかけでもある葉子が浮かび上がる。

葉子の居場所を突き止める修一。

シノキとは既に縁が切れていた葉子だが、不自然なほど立派な自身の店を持っている。
誰が葉子を援助しているのか?

葉子の周りで何が起きているのか?

事件の後20年間の間、葉子を中心に周りの関係者たちには何があったのか?

様々な疑惑をひとつずつ啓二と共に突き止めていく修一。
そんなある日、吉川刑事が溺死したことを知らされる。

そして修一をずっと待っている久子(尾野真千子)には文具店の経営者、久能次郎(滝藤賢一)がプロポーズを。

映画「影踏み」の尾野真千子と滝藤賢一

(C)2019「影踏み」製作委員会

修一と久子はどうなるのか?

修一の周りは大きく揺れ動いていく。

影踏み 見どころ3点

1点目:ノビカベ真壁容疑者の魅力

「ノビカベ」こと真壁容疑者は青年期のある事件がきっかけで世間に絶望。
実社会の組織や業界に属さず裏世界に身を落とし、地面スレスレの視点から社会を見つめるアウトロー。

泥棒を生業にしているがこれだけは譲れないという独自のルールがあり、プライドも持ち合わせた人物。

傷つき影がある人物ですが、その影を隠し持っているからこそノビカベがどういう人なのか?
人としての魅力を感じます。

2点目:犯罪ものでありながらハートフル

影踏みはノビカベをはじめ様々な犯罪者が登場します。
そんな犯罪者や周りの個性豊かな事件関係者に焦点を当てたハートフルムービーでもあります。

冒頭の山崎まさよしさんの演技からアンダーグラウンドの世界に引き込まれ、最後には泣ける映画として感情を揺さぶられることでしょう。

3点目:修一と啓二の関係

映画「影踏み」の双子

(C)2019「影踏み」製作委員会

修一(山崎まさよし)に対して啓二(北村匠海)の関係に注目です。
啓二は修一のことを「修兄」と呼んでいるので兄弟?
それにしては歳が離れているようにも見え、修一がアウトローの世界にいるからこそ師弟関係?
と想像しながら鑑賞することになると思いますが、話が進んでいくうちに関係性がハッキリと分かる瞬間が。

その瞬間もう一度、映画を始めから観たくなるかもしれません。

>>『影踏み』映画のネタバレ結末と感想!小説とは異なるストーリー