midnightswan-movie
(C)2020「MIDNIGHT SWAN」FILM PARTNERS

タップで該当箇所へスクロール/

映画『ミッドナイトスワン』はトランスジェンダーとして身体と心の葛藤を抱えた凪沙役を新しい地図の草彅剛さんが演じる。
母性に目覚めていき、変わっていく凪沙の物語は涙無しには見れません。

    • 見た人の感想が知りたい!
    • ミッドナイトスワンってどんな内容?
    • ミッドナイトスワンの見どころを教えて!

という方に役立つページです。

『ミッドナイトスワン』あらすじ

親族に本当の姿を打ち明けられず、田舎を離れ、新宿二丁目のニューハーフショークラブで働く凪沙(草彅剛)。

ある日、母親から電話があり、親から虐待されてきた少女一果(服部樹咲)をしばらくの間預かって欲しいと告げられます。

待ち合わせ場所に現れたのは写真で見る短髪スーツ姿の叔父ではなく、女性姿の凪沙。
凪沙は一果に一言「田舎に余計なこと言ったらあんた殺すから。」と釘を刺す。

子供嫌いの凪沙と、訪ねた叔父の変わった姿に戸惑う一果。
最低限のルールを決め、二人の奇妙な生活が始まる。

 

転入手続きも済ませ、安心したのもつかの間。
男子生徒にイスを投げたことで凪沙は学校に呼び出される。

学校にも馴染む様子を見せなかった一果だが、帰り道でバレエ教室を覗き、興味を持っていく。

月謝が払えないことを理由に通うのを躊躇ためらう一果。
そんな一果に同級生のりん(上野鈴華)は怪しげなバイトを紹介します。

凪沙に内緒でバレエ教室に通い、みるみる上達していく一果。
順調だと思われた矢先、バイト先で警察沙汰になり、凪沙に全てバレてしまいます。

 

バレエの実花先生(真飛聖)に「一果にはバレエの才能があるから続けさせてあげてほしい」と言われる凪沙に「お金もないし、短期間預かっているだけなので」と言い、バレエが続けられなくなった一果。

感情が抑えられず、その場を飛び出してしまいます。
凪沙は追いかけ、自傷してしまう一果を抱きしめながら「うちらみたいなもんは、ずっと一人で生きていかなきゃいかんけぇ、強くならんといかんで」となぐさめます。

そのまま一人にしておくのが心配になり、自分の職場に連れていきます。

ショーのステージで音楽に合わせ突然踊りだしてしまった一果を見て、バレエの才能を感じる凪沙。
母性が芽生え、母として一果のために生きたいと思うようになります。


『ミッドナイトスワン』ネタバレラスト

女性として生きていくにもお金が必要。 身体を売ろうとするが、客を拒否したことで警察沙汰に発展。 バレエの発表の日。 友人はバレエを踊りながら飛び降りる。 白鳥の湖は踊れない。 本当の母が舞台に上がるところを凪沙は目撃し、発表会場から出ていってしまう。 本当の母になるべく、性転換手術を決意。 タイで性転換手術を受けて女の姿で実家へ。 一果を連れ戻しに来た。 しかし、親族に止められる。 一果は母と中学を卒業したら東京に行っても良いと約束する。 広島にいる時もバレエのレッスンを受ける。 卒業と同時に東京へ。 凪沙の住んでいるアパートへ。 そこには変わり果てた凪沙。 視力も悪くなり、声でかろうじて一果だと分かるが、弱り果てている。 海が見たい。 と凪沙と一果は海へ。 バレエ学校へ奨学金を得て留学することを告げる。 バレエを見たいとダダる凪沙。 息を引き取る凪沙。 それを見届けて海へ入っていく一果。 1年後、海外のバレエの発表会には大人になった一果の姿が。 あの時、実の母に励まされながらも踊れなかった白鳥の湖を、 凪沙から受け取ったスワンキャップをかぶり、堂々と踊る一果の姿が。 [color color="red"]※ここからはネタバレを含んでいます。[/color]
未鑑賞の人は感想へジャンプした方が良いかも?
ネタバレラストまでを見る(タップで開きます)
ネタバレラストのテキストが入ります。
-->

『ミッドナイトスワン』感想

草彅剛さんがトランスジェンダーの葛藤を演じる点に注目がいきがちですが、約2時間の中で何度も涙する作品でした。
難しい役を演じた草彅さんは元アイドルという肩書ではなく、役者として一皮むけた代表作となるでしょう。

また、母親に捨てられた少女を演じた新人の服部樹咲さんの今後が楽しみです。

草彅さんはじめとする、演技力のある役者さんと、内田英治監督のはじめ、製作サイドが起こした化学反応は2020年を代表する映画となるインパクト!

「誰の目線で鑑賞するか?」見えてくることが違ってきますし、何度でも鑑賞したくなる素晴らしい映画です。
LGBT、愛、親子など色々なテーマが凝縮されているので、一度だけでは消化しきれないかもしれません。

個人的な感想としては、2人の死が描かれていますが、衝撃すぎてドキドキが止まらず、忘れられません。
心臓の弱い方はお気をつけください。

『ミッドナイトスワン』見どころ3点

ミッドナイトスワンの見どころは主に3点。

  • 求める愛と期待
  • LGBTは理解するものなのか?
  • 母性に目覚めていく凪沙を演じる草彅剛さん

『ミッドナイトスワン』の鑑賞ポイントを紹介します。
極力ネタバレは無しです。

1.求める愛と期待

本作、ミッドナイトスワンでは登場人物の一人ひとりが求めている愛のカタチがあり、それに期待しようとする愛が見受けられます。

誰の目線で見ていくかによって、受け取る印象が変わっていきます。
もしかしたらあなたの愛も、見返りを求めていませんか?

そして、自分の価値観で押し付けてしまう期待
例えば、自分が叶えられなかったことを娘に期待する母親。
その夢が怪我で叶えられなくなった後は誰にとっても悲惨でした...

2.LGBTは理解するものなのか?

凪沙が就職面談でのシーン。
課長はトランスジェンダーの勉強をしているから大丈夫、理解していると豪語します。

その態度をたしなめる女性面接官。
見ていた私にはどちらも「私は理解していますよ。分かっているので大丈夫」というアピールに取れてしまいました。

例えば幽霊。知らない、理解できないことに恐怖を感じてしまうのが人間です。
幅広く知識はあった方が良いですが、LGBTを理解することがイコールその問題で葛藤している人たちを理解していることに繋がるのでしょうか?

3.母性に目覚めていく凪沙を演じる草彅剛さん

新宿駅前で初めて一果と会った時の凪沙は、その場を早く立ち去りたい。
つまり、面倒なことは避けたい心理が現れているように感じます。

しかし、徐々に母性に目覚めていくにつれ、一果を見つめる眼差し、所作には母親の愛を感じることができます。

難しい役柄を演じきった草彅さんの演技力は必見です。

『ミッドナイトスワン』評価

涙腺崩壊
ハニージンジャーソテーが作りたくなる
成分 ヒューマンドラマ50%、LGBT30%、バレエ20%

こんな人におすすめ

一人で映画をじっくり味わいたい。思いっきり号泣したい。
スポンサードリンク
コメントを残す