劇場公開中の作品

「ワンピースでおすすめの映画ってどれ?」
「ワンピースで興行収入ランキングはどうなっているんだろう?」
「ワンピースで最高傑作の映画はどのタイトルだろう?」
「感動できる作品ってあるの?」

今や国民的に人気の漫画「ONE PIECE(以下、ワンピース)」は日本に留まらず世界的な人気を誇る漫画となっています。
累計発行部数は4億5,000万部(2019年7月時点)と堂々の歴代1位でもあり、2位の「名探偵コナン」の2億部に対してダブルスコアと圧倒的な人気!

2019年の夏(8月9日公開)には「ONE PIECE STAMPEDE(ワンピース スタンピード)」が公開というのもあり、今までのワンピースの映画が再注目されています。

そこで今回は劇場版第1作の「ONE PIECE」から劇場版第13作の「ONE PIECE FILM GOLD」に最新14作「ONE PIECE STAMPEDE」の期待値も含めた順位です。

どこよりも早いランキングを今までの作品を全てみたワンピースのガチファンであるライター様@onepiece_fan0)のご協力のもと、独自集計によって作成されたランキングを発表致します。

ちなみに「エピソード オブ ナミ」や「エピソード オブ メリー」など劇場版ではない、土曜プレミアム枠で放送されたスペシャル番組に関しては今回のランキング対象外としております。

ランキングの参考にしたデータ

ワンピース映画の様々なランキング
今回、独自集計によってランキングを作りに当たり、以下のデータを参考にしました。

  • 劇場公開年度
  • 興行収入
  • gooランキング
  • Yahoo知恵袋
  • Yahoo映画
  • Twitter

特に興行収入ランキングが一番客観的なデータとなりそうなのですが、漫画の発行部数を見る限りでは年々部数を伸ばしております。
その事から、劇場公開年度も興行収入に比例しているのでは?

そうなると単純に新しいものから順にファンに支持されているという事になります。
この「公開日が新しい=支持されている」という仮説はあっているのか?

また、ファンの方は劇場公開版のワンピース映画を全て見ている可能性が高いので本当に興行収入とファンのランキングは等しいのか?Twitterで確認。

そんなファンの声も色濃く反映しようと過去に発表されたランキングや、Yahoo映画での期待値、ヤフー知恵袋で「ワンピース映画の中でどれが1番良かった作品ですか?」という質問を拾い集め1位に輝いた作品を集計しました。

いったいどんなランキングになっているのか?

ガチファンのコメントと共に結果をお楽しみください。

ワンピース映画の公開年度順番:劇場公開全14作品を確認

まずはワンピース映画にはどんな作品があるの?と全てを知らない方のために時系列で劇場版を紹介します。
既に知っている方も改めてご参考ください。

  1. 2000年 ONE PIECE
  2. 2001年 ONE PIECE ねじまき島の冒険
  3. 2002年 ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国
  4. 2003年 ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険
  5. 2004年 ONE PIECE 呪われた聖剣
  6. 2005年 ONE PIECE オマツリ男爵と秘密の島
  7. 2006年 ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵
  8. 2007年 ONE PIECE エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち
  9. 2008年 ONE PIECE エピソード オブ チョッパー + 冬に咲く、奇跡の桜
  10. 2009年 ONE PIECE FILM STRONG WORLD
  11. 2011年 ONE PIECE 麦わらチェイス
  12. 2012年 ONE PIECE FILM Z
  13. 2016年 ONE PIECE FILM GOLD
  14. 2019年 ONE PIECE STAMPEDE

ワンピース作者の尾田栄一郎先生が画から脚本まで携わったのは”FILM”シリーズとSTAMPEDEのみです。

気をつけたいのは上記劇場公開の時系列と実際の漫画で進行している時系列が異なるので、漫画を知っているファンにはややこしいとも言われています。

漫画ではチョッパーが仲間になった後、アラバスタに入るのですが、劇場版では先にアラバスタ篇、その後にチョッパーとなっています。

続いては映画の人気度を示す指標として一番わかり易い「興行収入ランキング」を紹介します。

ワンピース映画興行収入ランキング:公開年度との関係性は

ここでご紹介する興行収入とは「映画館の入場料金収入」を指しています。

つまり、劇場に足を運んで観たお客様が多ければ多いほど入場料金収入が上がりますので、話題になった指標として分かりやすいかと思います。

  1. 68.7億円 ONE PIECE FILM Z(2012年)
  2. 51.8億円 ONE PIECE FILM GOLD(2016年)
  3. 48.0億円 ONE PIECE FILM STRONG WORLD(2009年)
  4. 30.0億円 ONE PIECE ねじまき島の冒険(2001年)
  5. 21.6億円 ONE PIECE(2000年)
  6. 20.0億円 ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国(2002年)
  7. 20.0億円 ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険(2003年)
  8. 18.0億円 ONE PIECE 呪われた聖剣(2004年)
  9. 12.0億円 ONE PIECE オマツリ男爵と秘密の島(2005年)
  10. 9.2億円  ONE PIECE エピソード オブ チョッパー + 冬に咲く、奇跡の桜(2008年)
  11. 9.0億円  ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵(2006年)
  12. 9.0億円  ONE PIECE エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち(2007年)
  13. 7.9億円  ONE PIECE 麦わらチェイス(2011年)
  14. ---億円  ONE PIECE STAMPEDE(2019年)

※数字は億円単位。興行通信社調べ。

興味深いのは公開日と興行収入が必ずしも比例していない点です。

この点から興行収入ランキングは、全体のランキングの中でかなり基準となる数値である事が分かりました。

それではおまたせしました。
以上を踏まえて、【ガチファンが集計】ワンピース映画おすすめランキング2019最高傑作は?と題して結果を発表していきます。

ワンピース映画おすすめランキング2019最高傑作は

それではさっそく残念ながら最下位となってしまった14位〜11位までを順に発表していきます。

第14位〜第11位を発表

残念ながらTOP10圏外となってしまった作品から紹介します。

第14位は「ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵」

残念ながらワースト1位となってしまったのは「ONE PIECE THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵です。
ワーストの理由として

  • 興行収入が麦わらチェイスを除いて最下位
  • gooランキングでも最下位

上記が主な理由として挙げさせて頂きました。

主なあらすじ
麦わらの一味は大きな宝箱を発見しますが、中身は財宝ではなく一人の老婆でした。
老婆は”メカ島”まで送ってくれたら島に伝わる金の冠を渡すといいます。その言葉を信じてメカ島へ向かいます。
老婆と共に上陸すると老婆が連れ去らわれてしまいます。
しかも金の冠など存在しないと連れ去ったラチェットはいいます。メカ島を離れようとしたルフィたちに待ったをかけたのはニコ・ロビン。
メカ島に伝わる「ゆらり唄」の歌詞には宝の在り処、ヒントが隠されているのではないか?ゆらり唄の歌詞の意味を解き明かしていく麦わらの一味を待っていたのは...

辛口コメントとしてはワンピースはなんとかして自分よりも強い敵を倒す点が魅力なのに敵が弱すぎる。
チョッパーの声が違って違和感ある人も...良い点としてはコメディ要素がたっぷり。

第13位「ONE PIECE エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」

第13位は「エピソード オブ アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち」にしました。
低評価の主な理由として

  • 原作知らない人は意味分かるのか?
  • ボン・クレーとの感動シーンが無く、ただの変なオカマで終わってる
  • 2部作、もしくは3部作にするべき長さ
  • Yahoo知恵袋で絶対に見るな!と最悪評価あり
主なあらすじ

ゴーイング・メリー号に乗ったルフィたちは砂漠の国アラバスタ王国の女王ビビと出会います。

アラバスタが犯罪組織「バロックワークス」のリーダーであり、アラバスタを混乱に陥れた根源であるクロコダイルを倒すべく一行はアラバスタへと上陸します。

アラバスタではクロコダイルの思惑通り国王軍と反乱軍の全面戦争が起きようとしており大混乱!
王下七武海でもあり圧倒的な強さを誇るクロコダイルにルフィは勝てるのか?麦わらの一味とビビたちとの友情にも注目!

辛口コメントとしては原作を知っている人からすればただのダイジェスト。
しかも、詰め込みすぎて大事なところが反映されていない。良い点としてラストはなんだかんだでそれなりに感動できる。

原作が良かっただけに酷評された映画ですが、感動できる作品という点ではもう少しランキング上位でも良いかもしれない作品。

第12位「ONE PIECE 3D 麦わらチェイス」

第12位は「ONE PIECE 3D 麦わらチェイス」。
単純に興行収入だけで判断するとワースト1位は麦わらチェイスなのですが、麦わらチェイスは30分の上映映画という点、3Dメインの作品として緩めの評価としました。
低評価の主な理由としては

  • 興行収入が最下位
  • そもそも作品を覚えていない人多数

30分と短い映画なのであらすじは省略します。

辛口コメントとしてはPVを見ている感じだった。

良い点としては短いながらも起承転結あり。

第11位「ONE PIECE 呪われた聖剣」

第11位は「ONE PIECE 呪われた聖剣」です。
低評価の主な理由としては

  • ダントツでクソ映画の声多数
  • タレント声優が中村獅童以外は棒読みでヒドイ
  • 製作者側がキャラを理解できていない

上記が挙げられますが、原作好きの人からは軒並み低評価なのが主な理由です。

私個人的にもキャラの性格など全然理解できていないと感じた点が多かったです。
ゾロがサンジの事を「サンジ」と名前で呼ぶこともないですし、逆にサンジもゾロを名前で呼ぶことなんて原作ではイメージできません。
別の言い方で呼んだり張り合う点が良いのに。

主なあらすじ
麦わらの一味は、アスカ島の港町に到着する。
ルフィたちはこの島に潜んでいるといわれる七星剣という宝刀と、とんでもないお宝を求めてやって来たのだった。だが、船番をしていたゾロの姿が見あたらないため捜索を始めるルフィたち。
その最中、ルフィは美しい少女マヤに出会う。しかし、彼女はゾロのことを聞かれると怯えて逃げてしまった。
そんなマヤを追走するルフィとウソップは、いつの間にか獣道を迷走..やがて妖しげな長刀を持った人物に遭遇。
ルフィとウソップは
決闘を挑むも、崖の下に落とされてしまう...

辛口コメントとしては剣をタイトルに入れているので「ゾロ」が主役かと思いきや、そんなに見せ場無い。

良かった点はゾロがカッコいい点。

いよいよ次からはTOP10の発表です。

第10位〜第4位を発表

気になるTOP10から惜しくもTOP3入りを逃した作品まで一挙ご紹介します。

第10位「ONE PIECE オマツリ男爵と秘密の島」

第10位は「ONE PIECE オマツリ男爵と秘密の島」です。
低評価の主な理由として

  • ガチのホラー作品
  • 原作ではありえない流れ

上記が挙げられます。
監督は「サマーウォーズ」や「バケモノの子」などヒットアニメを世に輩出した細田守監督が手掛けたワンピースだけあって期待値が高すぎたようです。

細田監督は良くも悪くも原作を自分色に染め上げて違う映画にする傾向がある。
という声もあり、残念な結果に。

前半は楽しく見れる感じかもしれませんが、後半は完全にホラー番組で、小さな子どもにはトラウマになるかも...

ルフィが完全にホラー映画で出来上がっています。

主なあらすじ

ボトルメッセージを拾った麦わらの一味。

そこには”オマツリ島”への地図と永久指針(エターナルポース)、と手紙が。
手紙には「海賊ならば、信頼する仲間を連れてくるがよい」と書かれていました。

グランドライン唯一のリゾートアイランドということもあり、ナミがその気になった事で地図と指針を頼りに一行は島へ到着しますが...
そこは無人島のような島でした。

辛口コメントとしてはルフィ以外の仲間たちが囚われてギスギスしたまま活躍もしないで終わってしまう。

良い点としては違った細田監督の作品が観れること。

第9位「ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国(2002年/20億円)

第9位は「ONE PIECE 珍獣島のチョッパー王国(2002年/20億円)」
ここで麦わらの一味で唯一作品にキャラクター名が入っているチョッパーの作品の1つがランクイン。

主な低評価の理由として

  • Yahoo映画期待値で最下位
  • Twitterアンケートでも全体の2%の支持率
  • gooランキングでもエピソード オブ チョッパーより低い

上記が挙げられます。

主なあらすじ
麦わらの一味は王なる宝が眠る島の王冠島を目的に航行していた。
突然海底火山の噴火に巻き込まれるが、偶然にも王冠島に到着する。
ルフィー達とはぐれてしまったチョッパーはそこで少年モバンビーと動物達からいろいろな誤解を重ねた結果、なぜか「動物の王」になることになり、その上島の財宝を狙う謎の怪人「バトラー伯爵」らと戦うことになってしまう。
まだ一味に入って日の浅いチョッパーはバトラー伯爵との戦いなどできないと恐怖するが、珍獣たちを守るため、王として、海賊として立ち向かう!

辛口コメントとしてはチョッパーは可愛いのが人気のひとつですが、今みたいに可愛さが溢れ出ていない顔。

良い点としてはそれでもチョッパーは可愛い。

第8位「ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」

第8位は「ONE PIECE THE MOVIE エピソードオブチョッパー+ 冬に咲く、奇跡の桜」に輝きました。
続いてのチョッパーメインの作品です。

主な低評価の理由として

  • 原作ファンからはただの総集編と不評多数
  • 映画を公開した時系列がおかしい。
  • チョッパー人気に便乗しただけ

上記が挙げられます。

やはりワンピースを見る大半が原作でワンピースを読んでいる層なので、映画で違う展開があると期待したファンによってはただのダイジェスト(リメイク)にしか映らなくかった印象です。

主なあらすじ
麦わらの一味の一人である航海士のナミが原因不明の熱にうなされます。
船医のいない麦わら海賊団は近くの島”ドラム王国”に立ち寄ります。
島の唯一の医師であるDr.クレハの元へ。
道中、ヒトヒトの実を食べた人間の言葉が話せるトナカイ”チョッパー”と出会いますが、チョッパーには悲しい過去が...

辛口コメントとしてはただ原作の映画版。

良い点としてはエピソード オブ チョッパーは泣ける!感動ものです。

第7位「ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険」

第7位は「ONE PIECE THE MOVIE デッドエンドの冒険」に輝きました。
ここからは上位となるため、低評価の理由としてよりは上位の作品と比べて劣ってしまった理由が主となります。

  • ねじまき島よりも新しいの作品なのに興行収入が10億円低い
  • ねじまき島よりも知恵袋得票率が低い
  • twitterでも12%の支持率

上記を挙げました。

正直、ねじまき島の冒険と比べてもgooランキングは同率で順位は迷いましたが、6位と僅差です。

主なあらすじ
ドレーク少佐率いる海軍は今注目の若手株、麦わらの一味を襲撃していました。
海軍から逃げることに成功した麦わらの一味は到着した港町で案内されたレストランではたくさんの海賊が集まっていました。
到着した港町では「デッドエンドレース」が開催されるとのことでした。
デッドエンドレースとは海賊がルール無用で船の速さを競うレース。
優勝賞金はなんと3億円!麦わらの一味は賞金欲しさにレースに参加することになるのですが...

オリジナル性もあり楽しめる作品ですよ。
ただ、ボスの倒し方がクロコダイルの時と似ていますしインパクトには欠けるという声もある一方、昔の中で1番はデッドエンド。という根強い人気。

第6位「ONE PIECE ねじまき島の冒険

第6位は「ONE PIECE ねじまき島の冒険」に輝きました。

主な評価の理由として

  • 2001年で30億の興行収入
  • Yahoo知恵袋ではSTRONG WORLDに次いで3票獲得

上記が挙げられます。

主なあらすじ
とある島でバカンスをしていた麦わらの一味でしたが何者かによってメリー号が盗まれてしまいます。
メリー号を探していると小さな子供が海で溺れているので、サンジは慌てて助けようと海に飛び込みます!しかし、それは罠でした。
ルフィたちが何も持っていないことを知ると罠を仕掛けた兄弟からメリー号を見たという情報を入手します。
メリー号を無事見つけきれるのか?

60分の映画であっという間です。

初期のワンピースらしさが詰まっています。
終盤の失速感と最終決戦の盛り上がりがもっとあったら上位という声もあり少し残念かも。

第5位「ONE PIECE」

第5位は記念すべき劇場第1作目となる「ONE PIECE」に輝きました。

主な高評価の理由として

  • 初期の作品に関わらず興行収入が21億円
  • gooランキングで1位

上記が挙げられます。

主なあらすじ
旅を続けている麦わらの一味。
イーストブルーに「黄金の大海賊」と呼ばれる男”ウーナン”の噂を耳にします。
ウーナンは宝の全てを小さな島に隠して亡くなった。
ウーナンの宝を探しに麦わらの一味は宝の島があるとされる海域に到達することになるのですが、ルフィが1ヶ月分の食料をたった2日で食べきってしまったことにより麦わらの一味は既に大ピンチ...

ワンピースの第1弾というだけあり、ワンピースが描く冒険の魅力が詰まっており
50分の中にストーリーもしっかりしています。また、麦わらの一味初期のメンバー「ルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップ」の4名だけというのも今となっては新鮮です。

第4位「ONE PIECE FILM GOLD」

第4位は「ONE PIECE FILM GOLD」に輝きました。

主な高評価の理由として

  • 興行収入第2位(ワンピース内)
  • Yahoo映画期待値ぶっちぎりのNo.1

上記が挙げられます。

主なあらすじ
新世界の怪物と言われるギルド・テゾーロ。
またの名を「黄金帝」とも呼ばれ、文字通り圧倒的な資金力で世界政府や海軍まで動かすほどの実力者。天竜人への天上金によって王下七武海以上の権力を有しており、独立国家「グラン・テゾーロ」の権力者。カジノで一攫千金を狙っていた麦わらの一味はここで初めてテゾーロと対面。テゾーロの勧めで賭けることになるのだが、彼らの能力によって罠にハメられてしまう。

TOP3に入れなかった理由を辛口コメントでご紹介。
尾田先生が脚本まで担当していますが、期待値が高すぎた分、興行収入の割には評価を受けておらず、ガッカリしたという声も。良くも悪くも後半はおなじみの展開です。

いよいよTOP3の発表です。

第3位〜第1位

それだはTOP3を発表していきます。

第3位「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」

第3位は「ONE PIECE FILM STRONG WORLD」に輝きました。

主な高評価の理由として

  • Yahoo知恵袋で投票がダントツ1位
  • 興行収入もTOP3入りしている
  • ストーリーも素晴らしいが、キャラの衣装にも注目

上記が挙げられます。

主なあらすじ
海賊王と並ぶ世界最強の男”金獅子のシキ”は全てのものを浮かすというフワフワの実の能力者。
過去には唯一”大監獄インペルダウン”からの脱出に成功した大海賊。
そんなシキは麦わらの一味の航海士”ナミ”を拉致してしまいます。ナミを助けにルフィたちはシキの元へ向かいますが、全盛期をとうに過ぎたシキに全く歯が立ちません。
シキの圧倒的な能力でナミ以外の麦わらの一味は全員土の中に埋められてしまいます。唯一助かる方法としてシキが交換条件として出してきた「仲間になる」ことを選択したナミ。麦わらの一味はこのままどうなってしまうのか?

伝説の海賊王ロジャーと争っていたシキが登場することもあり盛り上がる。

コミック0巻は賛否両論。

声優の竹中直人さんがはまり役かも。

第2位「ONE PECE STAMPEDE」

第2位は「ONE PECE STAMPEDE」に輝きました。

劇場公開前にランク入りさせることに批判があるかもしれませんね。

主な高評価の理由(2位に入れた理由)として

  • 尾田栄一郎先生がFILMシリーズから引き続き原作・監修しているのでFILMシリーズと同じ価値は最低ある
  • 革命軍、海軍、七武海、CP-0など原作ならありえないメンバーが協力し合うストーリー

上記が挙げられます。


尾田先生直筆のコメントを見ても「すげーのできてるー!!」との事ですので、1位にしたかったのですが、興行収入や観た人の評価が出ていないので暫定2位としました。

主なあらすじ
海賊の、海賊による海賊のための世界一の祭典「海賊万博」。
祭り屋と呼ばれる主催者”ブエナ・フェスタ”からの招待状を手にした麦わらの一味。
そこには”最悪の世代”と呼ばれるライバルたちが!
全員の目的は万博の目玉「海賊王の残した宝探し」争奪戦の火蓋が切られた一方、別名「最悪の戦争仕掛け人」フェスタの凶行が張り巡らされ、海賊たちを一網打尽にしようとしていた海軍スモーカーたちも動き始めていた。お宝争奪戦が熱気を帯びる中、突如「鬼の跡目」と呼ばれたダグラス・バレットが乱入!事態の収束をはかる海軍大将や王下七武海のハンコック、ミホークも召集し海賊と激突!
さらにはクロコダイルや革命軍参謀総長のサボ、そしてCP-0のロブ・ルッチまでもが姿を現す!

ワンピースの好きなキャラランキングをしたら上位を独占しそうなメンバーが集結!

尾田先生ならではのストーリー展開にも期待。

そして、いよいよ栄えある第1位の発表です。

第1位「ONE PIECE FILM Z」

第1位は「ONE PIECE FILM Z」に輝きました。
ガチファンが集計した、ワンピース映画おすすめランキング2019最高傑作は「ONE PIECE FILM Z」です!

1位の理由として

  • 興行収入ランキングで1位
  • ガチファンによるTwitterアンケートでも過半数に近い43%の票を獲得

上記が挙げられます。

主なあらすじ
ゼットと名乗る男はこの世の海賊を滅ぼすためにNEO海軍という名の組織を結成。
海賊を滅ぼすためには巨大なエネルギーを持つ「ダイナ岩」が必要。ゼットは海軍基地を襲撃します。
目的は「ダイナ岩」を奪うこと。そして海ごと海賊を抹殺する新世界を破壊する作戦「グランリブート」を決行する。
ダイヤ岩を起爆した結果、海軍基地のあったファウス島を海に沈めます。
爆発に巻き込まれ漂流していたゼットを麦わらの一味が助けますが、意識を取り戻しルフィが海賊だと分かると態度が一点、襲いかかります。
NEO海軍の集中砲火を浴びたサニー号は半壊状態に。
一方、海軍本部ではNEO海軍の討伐が決まる。それぞれの掲げる正義とは...

正直絶賛する人もいれば、つまらなかったという人もいます。
どちらの理由も分かります。それはまとめで。

ワンピース映画おすすめランキング2019まとめ(お得情報あり)

【ガチファンが集計】ワンピース映画おすすめランキング2019最高傑作は?と題して、一足早くSTAMPEDE含めた劇場作品のランキングを発表しました。

正直、ランキングには賛否両論あり、何を基準にランキングを取るのかによって変わってくるので、誰もが納得する結果にはならないと思います。

いくつか理由があると思いますが、ランキングが皆さんの意見と一致しない大きな理由はワンピースにはキャラクターの数だけ自分の信念や正義があるからです。

例を挙げると

  • 海賊
  • 海軍
  • 革命軍

それぞれ考えが異なるためどこを取り上げるかによるんです。
ルフィを筆頭に海賊が好きなファンもいれば、赤犬やガープが好きなファンもいますし革命軍のサボが好きだったり...

海軍の掲げる正義だってTOP3の大将たちですら、

  • 赤犬:徹底的な正義
  • 黄猿:どっちつかずの正義
  • 青キジ:だらけきった正義

と違うわけですから...

賛否生まれないと話題にもなりませんし、そこのさじ加減は尾田先生の思惑通りかもしれません。

誰もが「ワンピース」という作品を愛していることには変わりないのですから。

最後に、ここまで読んで頂いたあなたにとっておきの情報をお届けします!

U-NEXTでは8月9日「ONE PIECE STAMPEDE」公開を記念して、麦わらチェイスを除く劇場版12作を一挙配信しています!

【見放題作品一覧】特集ページはこちらから

さらに「TVシリーズ」と「TVスペシャル」も配信中!!
U-NEXTが始めての方はまずは31日間無料体験がありますので、この機会に是非、試してみてください。

ONE PIECE STAMPEDEの公開を記念して劇場版12作品一挙配信は7月1日より開始です。

これを機に作品を観た人はもう一度見直してみるのも良いですし、まだ観ていない人は是非、鑑賞してみてください。

見放題作品一覧特集ページはこちらから

お試し期間中に解約したら無料です。

しかも解約は2ステップで簡単登録で完了。

おすすめの記事