ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドが公開された事で、再び注目となった「シャロン・テート殺害事件」。

1969年8月9日にハリウッドで実際に起った妊娠中の女優をカルト教団が殺害する凶悪事件は当時のハリウッドに暗い影を落としました。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドではタランティーノ監督により、架空の人物であるリック・ダルトン(レオナルド・ディカプリオ)とクリフ・ブース(ブラッド・ピット)の人生が関わることによって見事なおとぎ話へと変わりました。

事前知識があった方が楽しめる映画なだけに、基となった事件を紹介します。

シャロンテート事件とは

1969年8月9日に女優「シャロン・テート」がチャールズ・マンソン率いるカルト教団によって、自宅を襲撃され26歳で妊娠中だった彼女が惨殺されてしまう事件。

チャールズ・マンソンは人の洗脳に興味を持ち、自らが手を直接下すことなく洗脳されたヒッピー集団により襲撃されています。

チャールズ・マンソンとシャロン・テートに直接の面識は一切ありませんでした。
結果的にチャールズ・マンソンは求刑となり獄中で亡くなりました。

シャロン・テートの自宅を知ったきっかけ

当時歌手を目指していたマンソン。
そのマンソンにシンガーの誘いがありましたが、話を持ちかけたディレクターがいなくなり、結局その話も無くなりました。
この事を理由にハリウッド成功組を逆恨みするようになります。

そして、ディレクターの居場所を突き止めたマンソンは家を訪れます。
しかし、マンソンに話を持ちかけたディレクター既に引っ越していたのでした。
変わって住んでいたのがシャロン・テート達です。

シャロン・テート事件の始まり

ある日、マンソンは黒人を撃ってしまいます。
これがマンソン達の犯罪欲を駆り立てることになります。

金銭を奪うために襲撃。
ある家を猟奇的に襲いマンソンたちの一人が捕まります。

その仲間を助けるためにマンソンたちは同じ様な犯行をすれば犯人は他にいる。
警察を騙せると考え次の犯行に及ぶ。

その犯行こそが、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドで登場する、シャロン・テート宅。

死亡要因は刺殺

既にディレクターではないことを知っていながら、成功しているやつなら誰でもいいと犯行を実行。

洗脳されたカルト教団によってシャロン・テートさんはお腹にいたお子さん共々、刺殺されてしまいました。

その後、いろんな事件が繋がり、シャロン・テート殺害実行犯はもちろん、指示をしたマンソンも捕まりました。

チャールズ・マンソン犯罪者とは

父親が分からず、名前もつけられないまま生まれました。
母親や窃盗で何度も捕まっており、幼少期のチャールズ・マンソンは孤児院で生活するなど、かなり寂しい環境で育ちます。

やがて、マンソン自身も窃盗を行うようになり捕まります。
獄中にマンソンはオカルトに目覚め、人を操る技術や教祖の様な力を身に着け出所します。

1969年と言えば、ヒッピー時代。
クスリは当たり前。性の乱れが当たり前の時代でした。
この時代背景も追い風となり自分の言うことを聞く宗教集団を創ります。

50年前にこういったことが起こっていると聞いてゾッとしました。

ただ、マーゴット・ロビーさん演じるシャロン・テートはタランティーノ監督の手によっておとぎ話の魔法をかけられ...

違った衝撃のラストになっています。