【画像付き】『スター・ウォーズ』キャラクター&キャスト紹介

このページでは映画『スター・ウォーズ』を見る上で欠かせないキャラクターとキャストを紹介します。

スター・ウォーズをこれから見る人はもちろん、すでにスター・ウォーズを見たことがある人にも新しい気付きが得られる情報を掲載しています。

旧三部作

ルーク・スカイウォーカーなど、スター・ウォーズで絶対に抑えておきたいキャラクターを紹介します。

ルーク・スカイウォーカー

砂漠の惑星タトゥイーンで暮らす青年で、旧三部作の主人公。
レイアのメッセージがきっかけで故郷を飛び出し、帝国軍と反乱軍の戦いに加わります。
オビ=ワンからフォースやジェダイについて学び、ヨーダの下で修行を積みます。
ダース・ベイダーとの対決で衝撃の事実を知らされるも、彼をダークサイドから救おうと決心。
仲間思いで、優秀なパイロットでもあります。

プリンセス・レイア・オーガナ


元老院議員であり、反乱同盟軍の指導者の一人。
レイアが救援メッセージをR2-D2に託した事で、ルークやハンが反乱軍に加わります。
頭が切れて気も強く、プリンセスながらブラスターを手に帝国軍と戦う男勝りな一面も。
ルークとは強い絆で結ばれていて、フォースでお互いの存在を感知できるように。
次第にハンに惹かれていきます。

ハン・ソロ


ミレニアム・ファルコンの船長で、密輸を生業とするならず者。
ウーキー族のチューバッカが相棒。
ルーク達をオルデランへ届けるという依頼を引き受け、帝国軍と反乱軍の戦いに身を投じることになります。
レイアと反発し合っていましたが、次第に惹かれ合うように。
ジャバ・ザ・ハットへの借金が原因で、賞金稼ぎから狙われています。

オビ=ワン・ケノービ


タトゥイーンに住むルークの友人で、ベン・ケノービと名乗っていた老人。
その正体は長い間身を隠していた、伝説のジェダイ・マスター、オビ=ワン・ケノービ。
父アナキン・スカイウォーカーの事や、かつて自分の弟子だったダース・ベイダーについてルークに聞かせ、フォースの道を教えた人物。

R2-D2


仲間を何度も危機から救ってきた、臨機応変で優秀なドロイド。
宇宙船の整備から戦闘機のパイロットの補佐まで、何でもこなせます。
かつてパドメやアナキンに仕えた過去を持ち、エピソード4ではレイアからオビ=ワンにメッセージを託す、重要な任務を与えられる事に。
その後ルークに使えるようになります。
親友はC-3PO。

C-3PO

アナキン・スカイウォーカーに作られた、礼儀作法や外交儀礼、慣習に詳しいドロイド。
600万語を超えると言語を使いこなします。
心配性でおしゃべりな性格で、時に空気を読まない発言をする事も。
R2-D2の相棒。

チューバッカ


ハン・ソロの相棒でミレニアム・ファルコンの副操縦士であるウーキー族。
非常に力が強く、戦闘時にはボウキャスターを使って戦います。
短気ですが、仲間想い。
愛称はチューイ。

ヨーダ


フォースの扱いとライトセーバーの戦闘技術に長けた、伝説のジェダイ・マスター。
800年の間ジェダイを訓練し、過去にはダース・シディアスと対決した事も。
自分の最後の務めとして、ルークにフォースの教えを導きます。

ランド・カルリジアン


ハン・ソロの昔馴染みで、ミレニアム・ファルコンの元持ち主。
クラウド・シティの執政官で、帝国軍の追っ手から逃げてきたハン・ソロ達を迎え入れます。

ダース・ベイダー


ダークサイドに堕ちた、かつてのジェダイの英雄。
オビ=ワンとの戦いで重傷を負い、その後は常に生命維持装置を必要とする体に。
長年ダース・シディアスに仕え、帝国軍に抗う者への恐怖の象徴として反乱軍を滅ぼそうとします。

ストーム・トルーパー


白いアーマーに身を包み、ブラスターで集団攻撃を行う帝国軍の機動歩兵。
以前は高い戦闘力を誇るクローン・トルーパーが使われていましたが、劣化が早くて生産が追い付かず、徐々に人間兵士が加わわりました。
スノー・トルーパーやデス・トルーパーなと様々な部隊があります。

ダース・シディアス/パルパティーン皇帝


表は向きはナブーの元老院議員ですが、実はシスの暗黒卿。
銀河帝国の皇帝として君臨する為、長い年月をかけて人を欺き、戦いの火種をまいてきた人物。
ダース・ベイダーを誕生させた張本人。

ターキン総督


デス・スターの司令官。
皇帝に次ぐほどの権力の持ち主で、ダース・ベイダーさえも彼に従っていました。

ジャバ・ザ・ハット


タトゥイーンに本拠地を置く犯罪組織ハット・カルテルのボス。
巨大なナメクジのような見た目をしています。
ハン・ソロの密輸の依頼主。

ボバ・フェット


銀河で最も恐れられている賞金稼ぎで、報酬の為に反乱軍、特にハン・ソロを狙っています。
最強の賞金稼ぎと言われたジャンゴ・フェットのクローン。

スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックなどの作品が見放題!
Disney+ (ディズニープラス)

新三部作

新三部作に登場するキャラクターとキャストを紹介します。

クワイ=ガン・ジン


オビ=ワンの師匠で、アナキンの才能を見抜いてジェダイの道に導いた人物。
自分の意志を通す為には、ジェダイ評議会の評決を無視するなど破天荒な面も持っています。

アナキン・スカイウォーカー


タトゥイーンで奴隷として母シミと暮らしていたところ、クワイ=ガンに才能を見出され、ジェダイの道を進むことになります。
幼い頃から機械の修理やレースが得意。
パドメに一目ぼれして以来、彼女を想い続けていますが、それが強すぎて嫉妬や執着心を抱いてしまう事も。
強大なフォースを秘めてますが精神面が不安定で、ヨーダはジェダイの訓練を受ける事を不安視していました。

パドメ・アミダラ


民を想うナブーの若き女王。
女王を退いた後は元老院議員として、共和国の平和のために活動。
再会したアナキンの成長ぶりに驚き、危機を乗り越えるうちに彼に惹かれていきます。

ジャー・ジャー・ビンクス


水中や水辺に住むグンガン人の一人で、故郷から追放されるほどのトラブルメーカー。
クワイ=ガンに命を救われて行動を共にするようになります。

シミ・スカイウォーカー


アナキンの母親。
息子の将来を思い、クワイ=ガンにアナキンを託します。

メイス・ウィンドゥ


ヨーダに次ぐ力を持つ、ジェダイ・マスター。
他者に対しても厳しく、行動で示すタイプの人物。
混乱が深まる共和国の中で要注意人物に気付き、注意深く観察してきました。
紫色のライトセーバーを使用。

ダース・モール


ダース・シディアスを師に持つ、戦闘力の高いシス卿。
ナブーから逃亡したパドメを追い、クワイ=ガンやオビ=ワンと戦います。
ダブルブレードのライトセーバーと、赤と黒のシスの刺青が特徴。

ドゥークー伯爵

ヨーダからフォースを学んだ元ジェダイの騎士。
より強大な力を求めてダークサイドへ転向し、シスの暗黒卿としてダース・ティラナスという名前を授かります。
分離主義勢力を率いた中心人物で、ヨーダやメイス・ウィンドゥクラスの力を持つ実力者。

ジャンゴ・フェット


賞金稼ぎで、クローン・トルーパーのオリジナル。
クローン提供の見返りに手に入れた自身のクローンにボバと名付け、息子として育てます。

グリーヴァス将軍

クローン戦争で分離主義のドロイド軍指揮官として活躍した、冷酷無比なサイボーグ将軍。
ジェダイ・キラーという異名を持ち、戦利品のライトセーバーをコレクションしています。

スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックなどの作品が見放題!
Disney+ (ディズニープラス)

続三部作

続三部作に登場するキャラクターを紹介します。

レイ


ジャクーで家族を待ち続ける廃品回収業者。
BB‐8とフィンに出会って故郷を飛び出し、レジスタンスとファースト・オーダーの戦いに関わることに。
強いフォースの持ち主であり、その力を覚醒させていきます。

フィン


元はFN‐2187という認識番号のストーム・トルーパー。
ポーに協力してファースト・オーダーから脱出した時に、フィンと呼ばれるようになります。
自分の身を守る事だけを考えていましたが、次第にレイを助ける為に敵に立ち向かい、時に大胆な行動を見せるように。

ポー・ダメロン


レジスタンスのエースパイロット。
ファースト・オーダーの襲撃に遭い、BB‐8にルークの居場所の地図を託します。
熱血漢で無鉄砲なところがあるけれど、仲間想いでリーダーシップを持った人物。

BB‐8


ポーの相棒のドロイド。
ジャクーでレイに助けられ、行動を共にすることになります。
常に一生懸命で、仲間達を危機から救う頼もしい一面も。

マズ・カナタ


タコダナという星で酒場を営む、元宇宙海賊の密輸業者。
ハンとは昔馴染み。

カイロ・レン/ベン・ソロ


レイアとハンの息子で、ルークの訓を師として訓練を受けていた元ジェダイの騎士。
スノークにそそのかされて、ダークサイドに転向。
光への未練を断ち切る為ある行動に出ますが、それによって心の揺らぎが止められなくなります。

スノーク


ファースト・オーダーの最高司令官。
カイロ・レンをダークサイドに引き込んだ人物で、ルークとレジスタンスの滅亡を目的としています。

ハックス将軍


ファースト・オーダーの司令官で、カイロ・レンと主導権争いをしている人物。

キャプテン・ファズマ


銀色のアーマーを身に着けた、ファースト・オーダーのストーム・トルーパー司令官。

スピンオフ

ローグ・ワン、ハン・ソロのスピンオフエピソードのキャラクターを紹介。

ジン・アーソ


父は帝国軍の科学者、育ての親は過激派のリーダー。
反乱軍に助けられ、ソウとの仲介役を担うことに。
父からのメッセージを見て意志を継ぐ決意をし、反乱軍に加わります。

ゲイレン・アーソ


帝国軍の科学者で、デス・スターの開発者。
一度帝国軍を去りますが、クレニックに連れ戻されて開発を強要されます。
デス・スターに関する重要な情報を、ボーディーに託した人物。
離れていてもジンの事を思っている、心優しい父親。

キャシアン・アンドー


反乱同盟軍大尉で、任務の為に手を汚してきた事に苦しんでいます。
当初の任務はゲイレンの暗殺でしたが、ジンに心を動かされて志願兵と共にローグ・ワンの一員に。

K-2SO


キャシアンに反乱軍用に再プログラムされた、元帝国軍のドロイド。
頼りになるが、頭に浮かんだことをすぐ口にしてしまいます。

チアルート・イムウェ

ジェダ出身の盲目の僧侶で、華麗な体術で敵を倒すウィルズの守護者。
ジェダイが滅んでもその存在とフォース、思想を信じています。
ベイズと常に行動を共にし、ジェダでジン達に出会ったことでローグ・ワンに加わる事になります。

ベイズ・マルバス


赤い甲冑を身にまとい、巨大な銃で敵と戦う元ウィルズの守護者。
フォースの存在は信じていませんが、チアルートへの厚い友情を持ち、彼と行動を共にします。

ボーディー・ルック


ジェダ出身の帝国軍貨物船パイロット。
ゲイレンに触発され、スパイとなってソウ・ゲレラとの接触を図ります。
ジェダ脱出後はローグ・ワンのパイロットとして活躍。

ソウ・ゲレラ

反乱軍の過激派”パルチザン”のリーダー。
ゲイレンの友人で、ジンの育ての親。
厳しいようで、彼女の事を実の娘のように思っていました。

オーソン・クレニック


帝国軍の将校で、残酷で野心家。
デス・スター開発の責任者で、 プロジェクトを完成させる為、ゲイレンを追い込んで開発を強要します。

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

キーラー、ドライデンなどのキャラクターを紹介します。

キーラ


コレリアンでハンと共に育った、美しい女性。
生き残る為に色々な事に手を染めてきたサバイバー。
知的で野心、度胸もあり、テレス・カシという武術の使い手でもあります。

ドライデン


犯罪シンジケート、クリムゾン・ドーンの指導者。
非常に冷酷で、頭の切れる人物。

トバイアス・ベケット

ハンとチューバッカとは戦場で出会い、ギャング達がひしめく危険な世界へ二人を引き込みます。
裏社会で生き延びる術をハンに教えた、師のような人物。

L3-37


ドロイドの解放主張するユニークな女性型ドロイド。
銀河一のナビゲーションを持ち、ランドの副操縦士としてミレニアム・ファルコンを操縦します。

>>【解決】スター・ウォーズエピソード見る順番は公開順がおすすめ!時系列と違う理由も解説

スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックなどの作品が見放題!
Disney+ (ディズニープラス)

スポンサードリンク
コメントを残す