ティム・バートン監督がディズニーの名作アニメ『ダンボ』をオリジナル脚本で実写映画化したMovieNEXが発売となりました。

それを記念してアニメ版『ダンボ』への愛あふれるトリビア映像が解禁となりました。

ファンならいくつ知っているでしょうか?

早速ですが、トリビアをご紹介していきます。

ディズニー実写版『ダンボ』のトリビア

  1. 物語はアニメ版も実写版もフロリダ州から始まっている
  2. ケイシージュニア・サーカストレインに記されている「41」の数字はアニメの公開年が1941にちなんでいる
  3. コウノトリはアニメ版も実写版もダンボが生まれた夜に登場している
  4. ティモシー(ネズミ)は実写版でサーカス団の一員として登場している
  5. 実写版の玉乗り芸人の帽子はアニメ版ダンボの黄色い帽子がモチーフとなっている
  6. バートン監督作常連のデニー・デヴィット演じるマックス・メディチの衣装はアニメ版の団長と服がモチーフとなっている

今紹介したトリビアは映画の中での本の一例です。
上記の答え合わせ映像が下記になります。

1つ目の物語がフロリダ州から始まっているというのはアメリカに住んでいないと気づきにくいですよね?
日本ならアメリカからスタートくらいにしか気づきません。

2つ目の41にちなんだトリビアですが、これをよういするために実物大の機関車が作られるほどこだわった箇所とのこと。
結果的に素晴らしいオープニングとなっていますね。

3つ目のコウノトリですが、アニメ版では多数コウノトリが飛んでいるので印象的なシーンですが、実写版ではさり気ない登場で見逃した方も多いのではないでしょうか?
余談ですが、コウノトリが子供を運んでくる都市伝説!?というのをダンボを観て知りました。

4つ目のティモシーは全然しゃべらないしキャラが違いすぎて気づきにくいですよね
アニメではダンボの友達で印象的なキャラだったのでどこかで出ているとは思いましたが...

5つ目の玉乗り芸人の帽子は気づいた人が多そうですね。
ダンボのかわいい帽子を象徴しているのでピン!と来た人も多いハズ。

6つ目の衣装は見落としがちですが、ファンならすぐにわかったのでは無いでしょうか?

登場人物や衣装に改めて注目して映画を観てみると色んな発見が出来て楽しそうですね。
ティム・バートン監督のダンボ愛がこちらにまで伝わってきます。

ディズニー実写版『ダンボ』の購入特典が凄い

7月17日から「ダンボ MovieNEX」が発売となりましたが特典が凄い!

商品内容ですが、

  • ブルーレイ 1枚
  • DVD 1枚
  • デジタルコピー
  • MovieNEXワールド

ボーナスコンテンツ(Blue-rayの内容)が

  • ようこそ! サーカスの世界へ
  • ダンボに生命を吹き込む
  • メイキング・オブ『ダンボ』
  • 未公開シーン
  • アニメーション映画『ダンボ』へのオマージュ
  • NGシーン集
  • ミュージックビデオ ♪ベイビー・マイン by アーケイド・ファイア

とても豪華な内容となっています。

未公開シーンの内容には

  • 嫌味なルーファス
  • ホルト一家とご機嫌なメディチ
  • もう1人のメディチ
  • サーカスの日常風景
  • 奪われたスターの座
  • ダンボはどこ?
  • ダンボ親子の救出作戦
  • ステージの舞台裏
  • 譲られた席

となっていますので、まだ観ていない人はもちろんダンボを観た人もより一層楽しめる内容になっています。

詳細は商品紹介で確認してみてくださいね。

ダンボ MovieNEX ウォルト・ディズニー・ジャパン
created by Rinker

作品の内容が知りたい方はこちらから
映画『ダンボ』あらすじとラスト(ネタバレあり)・見どころ・感想