スター・ウォーズトリビア裏設定

映画STARWARS(スター・ウォーズ)のトリビアを紹介するページです。
制作秘話や設定の裏話など、知ってしまうともう一度見たくなる豆知識。

実は日本と意外な関係も明らかになりました!

スター・ウォーズトリビア 制作秘話

スター・ウォーズを生み出したジョージ・ルーカス監督の苦悩や日本との関係など、裏話を紹介します。

旧三部作の脚本制作期間

ルーカス監督は一年かけて、旧三部作のストーリーを執筆。
最初に作られたキャラクターは、ダース・ベイダーでした。

自信がなかったルーカス監督

エピソード4公開前、映画がヒットする自信が全くなかった監督。
プレミア上映には出席せず、ハワイの別荘に引きこもっていたそう。

常に先を見ていたルーカス監督

キャラクターの権利を手にし、それまで前例のなかったキャラクターの商品化を行った監督。
それが見事に当たり、グッズやエピソード4の収益などで資金を調達することができました。

12日間でサウンドトラックが完成

ディスコ全盛期の当時、時代の流れと真逆の音楽を映画に使うことを望んだ監督。
未知の世界の物語となる為、音楽を感情のよりどころにしたいと、ジョン・ウィリアムズに作曲を依頼。
彼はキャラクターの雰囲気を表し、戦闘シーンの迫力を高めるような印象深い音楽を、わずか12日間で完成させました。

受賞歴

エピソード4は1978年の第50回アカデミー賞で、作曲や美術、視覚効果、衣裳デザイン賞など、オスカー7冠を獲得しました。

スター・ウォーズと日本の関係/ジョージ・ルーカス監督編①

ジェダイの語源は時代劇。
ライトセーバーの戦いはチャンバラを参考にしている為、俳優達は剣を片手で持たないように監督から指導されたそう。
さらにダース・ベイダーのヘルメットは、伊達政宗の兜がモデルになっているとの事。

スター・ウォーズと日本の関係/ジョージ・ルーカス監督編②


黒澤明監督の大ファンだったルーカス監督。
黒澤映画の常連だった三船敏郎に、オビ=ワン役をオファーしていたそうです。
またR2-D2とC3-POのドロイドコンビのモデルは、黒澤映画の『隠し砦の三悪人』の太平と又七。

スター・ウォーズと日本の関係/J・J・エイブラムス監督編

続三部作中、二作品の監督を務めたエイブラムス監督も、スター・ウォーズに日本を反映させています。
例えば惑星タコダナは、監督が初来日の際に泊まったユースホステルがあった高田馬場が由来。
カイロ・レンのマスクを修復する方法は、伝統的な修復方法の金継ぎが元になっているそう。

スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックなどの作品が見放題!
Disney+ (ディズニープラス)

スター・ウォーズトリビア キャラクター編

スター・ウォーズトリビアキャラクター編で紹介するのは「ルーク、レイア姫、ハン・ソロ、ダース・ベイダー、ヨーダ、ジャバ・ザ・ハット、パドメ・アミダラ、ジャー・ジャー・ビンクスなど11つ。

キャラクター秘話/ルーク編


交通事故にあい、顔に深刻な損傷を負ったルーク役のマーク・ハミル。
耳の皮膚を鼻に移植するなどの整形手術を受けた為、前作から顔が変わっているのです。
エピソード5では惑星ホスでワンパに襲われ顔に傷を負うというエピソードが、ルークの顔が変わった理由を表現しています。

キャラクター秘話/レイア姫編

キャリー・フィッシャーが演じたレイア姫、後に二度のオスカーを受賞したジョディ・フォスターも候補に上がっていたそう。

キャラクター秘話/チューバッカ編


巨大なチューバッカを演じられる人物として白羽の矢が立ったのは2m21㎝の長身のピーター・メイヒュー。
彼はヨークシャー病院の職員でもありました。

キャラクター秘話/ハン・ソロ編

ハリソン・フォードはエピソード4以降、自身が演じる"ハン・ソロを殺す"という案を監督に出していました。

キャラクター秘話/ダース・ベイダー編

体格の良いダース・ベイダーを演じたのは、デビッド・プラウズ。
しかし訛りがきつすぎてキャラクターの雰囲気に合わなかったので、暗く重厚感のある声のジェイムズ・アール・ジョーンズが声の演技を務めました。

キャラクター秘話/ヨーダ①

エピソード5、6に登場するヨーダはフランク・オズらで動かしていたパペット。
ヨーダの顔はクリーチャーデザインのスチュアート・フリーホーンの顔をベースに、アインシュタインの顔をミックスしているそうです。
パペットを操るフランク・オズは、セサミ・ストリートのクッキー・モンスターやグローバー役などを演じています。

キャラクター秘話/ヨーダ②

新三部作ではパペットではなく、CGでの登場となったヨーダ。
パペットでは表現できなかったライトセーバーを使った戦闘シーンなどの激しい動きが可能となり、新三部作ではその小さな体からは信じられない程の動きを見る事ができます。

キャラクター秘話/ジャバ・ザ・ハット編

ナメクジをモデルに作られたジャバ。
目の動きはリモコンで、体はジャバの中に5人のドワーフが入り、片手に一人ずつ、頭と尻尾を二人ずつで動かしていました。

キャラクター秘話/パドメ・アミダラ

アミダラの影武者を演じたのは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』などでおなじみのキーラ・ナイトレイ。
また、現在は監督として活躍するソフィア・コッポラも侍女の一人を演じています。

キャラクター秘話/ジャー・ジャー・ビンクス編

重要なキャラクターだったものの、人気は全く出ず、更にはラジー賞助演男優賞を受賞。
エピソード2、3では出番は大幅にカットされてしまいました。

ローグ・ワンに出てくる二人組

ジェダでジン・アーソーがぶつかる二人組は、エピソード4のタトゥイーンの酒場に登場し、ルークに絡んでオビ=ワンに片腕を切り落とされたキャラクター。

あの人がカメオ出演

続三部作が公開される度、話題になったのがカメオ出演。
『007』のボンド役のダニエル・クレイグは、レイが初めてフォースで心を操作したストーム・トルーパーで出演。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』のサイモン・ペグは、ジャクーでレイからパーツを買い取るアンカー・プラットという役を演じています。

また彼とよくタッグを組むエドガー・ライト監督も、レジスタンスの兵士として登場。
リゾート地カント・バイトでフィン達にビーチは船を止めるなと忠告してきたキャラクターを演じたのは、『インセプション』のジョセフ=ゴードン・レヴィット。

残念ながら出番はカットされましたが、『ヴェノム』のトム・ハーディ、更には英国王室のチャールズ王子とヘンリー王子もストームトルーパーを演じていたそう。

スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックなどの作品が見放題!
Disney+ (ディズニープラス)

スター・ウォーズトリビア 撮影編

スター・ウォーズトリビア撮影編で紹介するのは下記の4つ。

  • 徹底的に守られたシリーズ最大の秘密
  • どれがジャガイモでしょうか?
  • 背景にも注目!
  • スター・ウォーズの日

徹底的に守られたシリーズ最大の秘密

驚きのラストが待っているエピソード5。
ベイダーの正体は監督しか知らず、ルーク役のマーク・ハミルは撮影直前に知らされました。

どれがジャガイモでしょうか?

エピソード6でミレニアム・ファルコンが帝国軍から逃げ回るシーン、遠くに見える隕石は実はジャガイモ。

背景にも注目!

エピソード1のポッドレースの背景やナブーの光景は、プロジェクションマッピングによって創り出されたもの。
本物そっくりの景色にも、是非注目してみて下さい。

スター・ウォーズの日

MAY THE FORCE BE WITH YOU(フォースと共にあらんことを)は、スター・ウォーズの名ゼリフの一つ。
このセリフから、5月(MAY)4日(THE FOURTH)は「スター・ウォーズの日」と、公式に定められた記念日となっています。

>>【解決】スター・ウォーズエピソード見る順番は公開順がおすすめ!時系列と違う理由も解説

【PR】スター・ウォーズ、ディズニー、ピクサー、マーベル、ナショナル ジオグラフィックなどの作品が見放題

Disney+ (ディズニープラス)

スポンサードリンク
コメントを残す