心が震える洋画ヒューマンドラマおすすめ31選!名作や人生に寄り添う感動作品

思い返してみると、私たちは悩みの尽きない人生を歩んでいるように思います。
悩みに大きいも小さいもなく、その時その時を一生懸命悩みぬいて今の自分があるのです。
今までも、そしてこの先もぶち当たる壁や試練は、決して自分だけに起こる特別なものではありません。

だからこそ、生き方をテーマにした作品が共感を呼ぶのです。
時に、教科書のように解決策を見出し、重い心を解してくれることもあるでしょう。
また、幸せな人生に、より彩を添えてくれるのも映画ならではの事。
今のあなたの心に寄り添い、支えになってくれる作品に出会うきっかけになれば幸いです。

ANNIE/アニー(2014年)

ハロルド・グレイの「Little Orphan Annie」に基づいたミュージカル映画。
孤児院で育つ10歳の少女アニーは、置き去りにされていたレストランの店の前で今日も両親を待ち続けている。
ある日、車と衝突しそうになったアニーを、偶然居合わせたスタックスが助けた。
市長の座を狙うスタックスは、孤児を助けたことで支持率が上がり、アニーを利用しようと考える。
その為に、仕方なく始まった同居生活だったが、次第に打ち解けるふたりの間には、いつしか友情以上のものが芽生えるのだった。
どんな時でも明るく前向きな少女と、変わっていく男との交流を描く。
2度の映画化を経て、「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」で放送映画批評家協会賞、若手俳優賞受賞のクヮヴェンジャネ・ウォレスが主役アニーを演じる。
また、今作では、アカデミー賞主演女優賞ノミネート、同賞史上最年少記録を更新した。

作品情報
監督:ウィル・グラック
出演者:クヮヴェンジャネ・ウォレス、ジェイミー・フォックス、ローズ・バーン、キャメロン・ディアス他
音楽:グレッグ・クスティン
主題歌/平井堅「Tomorrow」,Flower「TOMORROW~しあわせの法則~」
主な受賞:ゴールデングローブ賞/主演女優賞ノミネート(クヮヴェンジャネ・ウォレス)他
興行収入:約14億円
上映時間:118分

ミュージカルだけあり、歌やダンスは見ごたえたっぷりで目が離せません。
そして、悲しい生い立ちのアニーから勇気と希望をもらえるストーリーは、何処にいても心は豊かになれると教えられ、アニーの幸せを応援したくなることでしょう。

イン・ハー・シューズ(2005年)

ジェニファー・ウェイナーのベストセラーを映画化。
抜群のスタイルで男を魅了するトラブルメーカーの妹、マギー。
姉のローズは、容姿には自信はないが、優秀な弁護士として成功を収めている。
ローズの家に居候のマギーは、ローズのボーイフレンドと関係を持ち、家を追い出されてしまう。
仕方なく祖母の家に身を置くことになったマギーは、祖母の提案で施設の老人介護を任された。
施設で過ごす元大学の教授だという老人の影響で、マギーは自分のコンプレックスでもある、文字の読み書き学習が困難な障害、難読症を克服していくのだった。

作品情報
監督:カーティス・ハンソン
出演者:キャメロン・ディアス、トニ・コレット、シャーリー・マクレーン他
音楽:マーク・アイシャム
主な受賞:ゴールデングローブ賞/助演女優賞(シャーリー・マクレーン)
興行収入:約3200万ドル(アメリカ、カナダ)約8300万ドル(世界)
上映時間:131分

コンプレックスを、克服しようとする主人公に共感が持てます。
見た目では判断付かない障害だからこそ、周囲の知識と、理解、そして何より本人の意識と努力が必要不可欠だとわかります。
しっかりと踏み出した1歩が、人生を変えていけるという光が差し込む作品です。

英国王のスピーチ(2010年)

イギリス・オーストラリア・アメリカの合作。
言葉を思うように発せない吃音症のアルバート王子は、国民の面前で、父、ジョージ5世の代わりに演説を行うが、散々たる結果に終わる。
今後の為にも吃音症を治そうと、言語聴覚士であるライオネルのもとを訪れ、治療が始まった。
王子である自分と対等に接するライオネルに苛立っていたが、治療を通し、次第にライオネルとの間に友情が芽生え始める。
「ブリジット・ジョーンズの日記」や「シングルマン」のコリン・ファースが王子役に挑戦。
共演には「ハリーポッター」シリーズや「レ・ミゼラブル」のヘレナ・ポナム=カーターや、「シャイン」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジェフリー・ラッシュなど、個性的な俳優陣が名を連ねる。

作品情報
監督:トム・フーパー
出演者:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ポナム=カーター他
音楽:アレクサンドル・デスプラ
主な受賞:ゴールデングローブ賞/主演男優賞(コリン・ファース)、他多数ノミネート
アカデミー賞/作品賞・主演男優賞(コリン・ファース)・監督賞・脚本賞・他多数ノミネート
興行収入:約18.2億円
上映時間:118分

王室に携わる真面目な作品と思いきや、表情が緩むコミカルなシーンも見られ、コリン・ファースらしさが表れています。
また、気持ちがあるからこそ人に響く言葉が生まれるのだと再確認させられます。




風と共に去りぬ(1939年)

マーガレット・ミッチェル原作の世界的ベストセラー小説の映画化。
製作に3年を要し、全編で3時間42分の長編映画が完成した。
戦争という激情の時代において、愛することと生きるという本能に忠実に従った女性、スカーレットの人生を描く。
アメリカ、ジョージア州のタラに暮らすスカーレットは容姿端麗で裕福な家庭のお嬢様。
何不自由なく過ごしてきたが、南北戦争を機に生活は一変し、食べるものさえ確保できない生活が訪れる。
どんな時でも熱烈に人を愛し、その一方で次々にやってくる困難に歯を食いしばりながら、スカーレットは生きることに執着し、たくましくなっていくのだった。

作品情報
監督:ヴィクター・フレミング
出演者:ヴィヴィアン・リー、クラーク・ゲーブル、レスリー・ハワード、オリヴィア・デ・ハヴィランド他
音楽:マックス・スタイナー
主な受賞:アカデミー賞/作品賞・監督賞・主演女優賞(ヴィヴィアン・リー)・助演女優賞(ハティ・マクダニエル)・脚色賞他、ノミネート多数、ニューヨーク映画批評家協会賞/女優賞(ヴィヴィアン・リー)
興行収入:約3億8900万ドル
上映時間:222分

涙をぬぐい、人に頼りながらも立ち上がるスカーレットの強さが心に響きます。
たくましく生き抜く強さには圧倒され、女性の真の強さを感じずにはいられません。
長編ながら何度も見たくなる作品です。

グラン・トリノ(2009年)

朝鮮戦争の退役軍人で、自動車工として勤め上げたウォルト・コワルスキーには、引退後の日常も近所の変わり様も、すべてが面白くない。
中でも気に食わないのが、東南アジアからの移民であるモン族の隣人たちだ。
しかしある事件が起こり、ウォルトは図らずも暴力と脅しを生業とする地元のギャングから彼らを守ることになる。

作品情報
監督:クリント・イーストウッド
出演者:クリント・イーストウッド、ビー・バン、アーニー・ハー他
音楽:カイル・イーストウッド、マイケル・スティーヴンス
主な受賞:-
興行収入:2億7000万ドル
上映時間:117分

誰からも近寄り難いと思われてきたおじいちゃんが、気に入らないと思っていたアジア人と心を通わせ、家族以上に家族の絆を描いた作品。
年代も民族も違う男の友情を感じずにはいれません。

グリーンブック(2019年)

時は1962年、ニューヨークの一流ナイトクラブ、コパカバーナで用心棒を務めるトニー・リップは、ガサツで無学だが、腕っぷしとハッタリで家族や周囲に頼りにされていた。
ある日、トニーは、黒人ピアニストの運転手としてスカウトされる。
彼の名前はドクター・シャーリー、カーネギーホールを住処とし、ホワイトハウスでも演奏したほどの天才は、なぜか差別の色濃い南部での演奏ツアーを目論んでいた。
二人は、〈黒人用旅行ガイド=グリーンブック〉を頼りに、出発するのだが─。

作品情報
監督:ピーター・ファレリー
出演者:ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ他
音楽:クリス・バワーズ
主な受賞:アカデミー賞/作品賞他
興行収入:3億1800万ドル
上映時間:130分

最後のオチが分かるともう一度始めから見たくなります。
最強のふたりが好きならこの作品もはまることでしょう。
人情味あふれる名作です。




グリーンマイル(1996年)

「ショーシャンクの空に」、「ミスト」のフランク・ダラボン監督による作品。
刑務所で看守を務めるポールは、少女強姦殺人の罪で送られてきた死刑囚ジョン・コーフィと出会う。
見た目とは違い繊細な大男、コーフィは、不思議な力を持ち合わせており、尿路感染症で苦しむポールをいとも簡単に治し、また、囚人が飼いならしていたネズミの命を呼び起こした。
事件の真実を知ったポールはコーフィを助けたいと思いながらも、看守としての役割を果たしていく他無い。
看守と囚人という関係を超え、言葉とは違った意志の疎通が行われ、ポールは真実と立場の狭間で苦しむのだった。

作品情報
監督:フランク・ダラボン
出演者:トム・ハンクス、マイケル・クラ―ク・ダンカン、デヴィット・モース、バリー・ペッパー他
音楽:トーマス・ニューマン
主な受賞:アカデミー賞/音響・脚本・作品賞、助演男優賞ノミネート(マイケル・クラーク・ダンカン)
興行収入:65億円
上映時間:188分

奇跡とはいつも輝いて尊いものではないと知りました。
人生を終わらせようとしているコーフィの胸の内を思うと苦しくなります。
心が通い合ったポールとの友情は、美しいものとしてだけでは言い表せません。

グレース・オブ・モナコ公妃の切り札(2014年)

フランス・アメリカ・ベルギー・イタリア合作。
ハリウッドの女優、グレース・ケリーは、女優業を辞め、モナコの公妃に迎えられる。
宮殿の生活に馴染めないグレースは、新作映画の出演についての話を持ち掛けられ、かつての自分の居場所を取り戻したように喜んだ。
しかし、その頃、フランスから過酷な課税を要求されていたモナコは国家の危機に直面していた。
信じる者の裏切りや、異物を見るような世間の目を受け止めながら、夫と国の危機を救う為、そして女優であることを誇りに、グレースはやれるべき自分の道を探り出していく。
1955年「喝采」でアカデミー賞を受賞のグレース・ケリーの半生を「めぐりあう時間たち」、「LION/ライオン~25年目のただいま~」のニコール・キッドマンが演じる。

作品情報
監督:オリヴィエ・ダアン
出演者:ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ他
音楽:クリストファー・ガニング
主な受賞:全米映画俳優組合賞/女優賞ノミネート(ニコール・キッドマン)
カンヌ国際映画祭においてオープニング作品として上映
興行収入:6億7000万円
上映時間:103分

歴史の知識に自信がない人でも十分に楽しめる作品。
ニコール・キッドマン演じる公妃グレースが強い印象を残します。
周囲に馴染もうとする半面で、一筋の揺るぎない強さが表情に表れ、その姿勢は凛として美しく、女性の憧れとも言えるのではないでしょうか。

最強のふたり(2012年)

事故で全身麻痺となり、車いす生活を送る富豪と、図らずして介護役に抜擢されたスラム出身の黒人青年。
共通点はゼロ。
高級住宅地とスラム、ショパンとクール&ザ・ギャング、超高級スーツとスウェット、洗練された会話と下ネタ、車いすとソウル・ミュージックに乗ってバンプする身体―。
二人の世界は衝突し続けるが、やがて互いを受け入れ、とんでもなくユーモアに富んだ最強の友情が生まれていく。

作品情報
監督:エリック・トレダノ
出演者:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
主な受賞:セザール賞/主演男優賞
興行収入:3.46億ユーロ、16.5億円(日本)
上映時間:112分

ブラックユーモアたっぷりで笑えるところもありながら、最後には感動必死の実話に基づく作品。
人と接する上で何が大切か、幸せとは何か気付ける映画です。

ザ・エージェント(1996年)

やり手のスポーツ・エージェントとして実績のあるジェリーは、利益最優先の会社の体制を変えようと提案する。
しかし、提案書を受け入れられるどころかジェリーは解雇され、残ったのはたったひとりのアメフト選手、ロッドだけだった。
唯一自分と一緒に仕事をすることを選んでくれたシングル・マザーのドロシーと共に、落ち目のロッドの売り込みに力を注ぐ。
ジェリーは、挫折の中で本当に大切なものに気が付き始める。
若くしてベストセラー小説を生み出し、映画監督としても才能を開花させたキャメロン・クロウ監督による作品。
「7月4日に生まれて」「ミッション・イン・ポッシブル」シリーズのトム・クルーズを主演に迎え、「星の王子 ニューヨークへ行く」でデビューを果たしたキューバ・グッディング・Jrが落ち目になったアメフト選手を演じる。

作品情報
監督:キャメロン・クロウ
出演者:トム・クルーズ、キューバ・グッディング・Jr、レネ―・ゼルウィガー他
音楽:ダニー・ブロムソン
主な受賞:アカデミー賞/助演男優賞(キューバ・グッディング・Jr)他多数ノミネート
ゴールデングローブ賞/男優賞(トム・クルーズ)
放送映画批評家協会賞/助演男優賞(キューバ・グッディング・Jr)・ブレイクスルー賞(レネ―・ゼルウィガー)・子役賞(ジョナサン・リプニッキ)他
興行収入:約2億7300万ドル
上映時間:139分

自身に満ちていたジェリーが挫折を味わい、本当に大切なものを見出していく過程から、何が自分の人生にとって必要なのかを再確認させてくれます。
挫折感に苛まれたときこそ、1番必要とするものが見えるものなのかもしれません。

幸せの雨傘(2010年)

雨傘工場を経営する傲慢な夫、ロベールが心臓発作で倒れてしまう。
裕福で優雅な生活に身を置く妻、スザンヌは、突然夫に代わり、工場の経営を任されることになる。
飾り壺扱いされ、ロベールの浮気も黙認してきた主婦が、経営者として即刻取り組まなければならないことは、社長のやり方に不満を抱く社員のストライキに対しての話合いだった。
しかし、セザンヌは、従業員の要求を呑み、会社を盛り上げていくことに成功。
夫が復帰し、スザンヌはお払い箱となってしまったが、その後も隠されていた才能を開花していくのだった。
主演は「真実」で話題を呼ぶフランスの名女優カトリーヌ・ドヌーヴ。
日に日に自信をつけていく主人公や、夫婦の奇妙な関係にも目が離せない。

作品情報
監督:フランソワ・オゾン
出演者:カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、ファブリス・ルキーニ、カリン・ヴィアール
音楽:フィリップ・ロンビ
主な受賞:―
興行収入:―
上映時間:103分

愛に溢れたフランスならではの作品。
不動の強さと気品、それでいて親しみやすいドヌーヴの演技が印象に残る作品です。
多くの主婦層が共感でき、残された人生においての可能性と希望を感じられることでしょう。

幸せの隠れ場所(2009年)

原作はマイケル・ルイスの「ブラインド・サイドアメフトがもたらした奇跡」。
2009年のNFLドラフトでポルチモア・レイブンズに指名され入団したマイケル・オアーの実話に基づくノンフィクション映画。
ある日、リー・アンは、雨の中悲し気に歩くマイケルに気が付き、放っておけず家に迎え入れる。
ホームレス同然の彼の話を聞いたリーは同居を決意。
大きな体と優れた身体能力を生かし、アメリカン・フットボールを始めたマイケルは、みるみるうちに実力を発揮していく。
気が付けば、多数の大学からオファーを受けるほどにまで成長を遂げたが、根も葉もないうわさ話に、マイケルはリーに対し不信感を持つようになるのだった。
戸惑いながら、迷いながら、マイケルは自分の信じる幸せを見つけていく。

作品情報
監督:ジョン・リー・ハンコック
出演者:サンドラ・ブロック、クィントン・アーロン、ティム・マグロウ他
音楽:カーター・バーウェル
主な受賞:ゴールデングローブ賞/主演女優賞(サンドラ・ブロック)
アカデミー賞/主演女優賞(サンドラ・ブロック)・作品賞ノミネート
興行収入:約2億5500万ドル(アメリカ・カナダ)、約3億900万ドル(世界)
上映時間:128分

伝わる想いと伝わらない想いのもどかしさがひしひしと伝わり、時に豪快で且繊細な表情を見せるサンドラ・ブロックの演技に心を打たれます。
スター選手が誕生するまでの過程には、事実だけでは語れない心と心のぶつかり合いや、奥の深さがあると感じられました。

ショーシャンクの空に(1995年)

原作はスティーブン・キングの小説。
冤罪によって投獄された有能な銀行員は刑務官や受刑者からはじめは目の敵にされるが...
次第に刑務官に取り入り、受刑者仲間にある解放感を勝ち取る。

誰の心にも静かに、爽やかな感動が訪れる…。

作品情報
監督:フランク・ダラボン
出演者:ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン他
音楽:トーマス・ニューマン
主な受賞:-
興行収入:2,834万ドル
上映時間:143分

冤罪によって投獄された彼が腐敗した刑務所で、希望を捨てずに生きていくヒューマンドラマ。
脱獄までの過程や、最後のどんでん返しは清々しい感動を覚えます。
アカデミー賞では7部門にノミネートされ、映画ファンがマイ・ベスト作品として選ぶ人も多い名作です。




スタンド・バイ・ミー(1986年)

原作は、実体験をもとに書き上げた、スティーブン・キングの自伝とも言うべき短編小説。
作家のゴードンは子供の頃の親友、クリストファー・チェンパーズが刺殺されたとの新聞記事を見つけ、12歳の頃の記憶を思い返す。
田舎町に暮らしていたゴーディー(ゴードンの昔の愛称)は、いつも親友のクリス(クリストファー・チェンパーズの昔の愛称)はじめ、テディとバーンとの4人組でつるんでいた。
ある日、不良グループの兄を持つバーンが、兄の話を盗み聞き、行方不明になっている少年が、列車にはねられたまま放置されているとの情報をもたらす。
4人は死体を見つけたら英雄になれると盛り上がり、旅に出る。
少年たちにとっての旅は、順調なものではなかったが、個々の感情がぶつかり合いながらも、仲間と助け合い進んでいく。
そして互いの悩みを打ち明けながら進む4人にとって、その冒険は生涯忘れられない経験となった。

作品情報
監督:ロブ・ライナー
出演者:ウィル・ウィ―トン、リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、ジェリー・オコンネル他
音楽:ジャック・ニッチェ
主な受賞:-
興行収入:約5200万ドル
上映時間:89分

怖いもの知らずの冒険心や、目に見える世界が自分の全てだったことが蘇り、自分に重ねながら鑑賞できることでしょう。
大人の目を盗んで何かを企み、計画、実行していく様にわくわくし、童心を思い出させる懐かしい映画です。

スライディング・ドア(1998年)

イギリス・アメリカ合作。
会社の会議に遅刻し、あっさりとクビになってしまったヘレンは、恋人のジェリーと暮らす部屋へ帰る為、地下鉄に乗りこもうとした。
しかし、目の前でドアが閉まり沈んだ気持ちをより一層暗くさせられる。
もう一方で、もうひとつのヘレンのストーリーが動き出す。
2番目のヘレンは、滑り込みで電車に乗り込むことができたのだ。
偶然隣り合わせたジェームズと知り合いになり、クビになったことを慰められ、そのまま帰路に向かった。
自宅に戻ったヘレンは、ベッドで元恋人とお楽しみ真っ最中の現場に遭遇し、いたたまれず部屋を飛び出した。
一方、電車に乗り遅れたヘレンは、様々なアクシデントに見舞われ、やっとのことで帰宅し、生活の為に飲食店で働き始めた。
こうして枝分かれした2つの人生と恋の行方。
“もしかしたら”が繰り広げる奇妙な世界に導かれていく。
「恋に落ちたシェイクスピア」のグウィネス・パルトローが恋に悩む主人公を演じる。

作品情報
監督:ピーター・ハウイット
出演者:グウィネス・パルトロー、ジョン・ハナー、ジョン・リンチ他
音楽:デイヴィット・ヒルシュフェイダー
主な受賞:サンダンス映画祭にてオープニング上映
興行収入:-
上映時間:99分

長い人生の中、あの時こうしていれば・・・。
と思うことは2度や3度ではないでしょう。
日常のほんの些細な変化から2つの人生が同時進行で進む成り行きは、興味を引くものがあり、現実とは違うもうひとつのストーリーを、自分の人生に置き換えてみるのも、楽しみ方のひとつです。

世界にひとつのプレイブック(2012年)

コメディから社会派作品まで幅広く手掛けるデヴィッド・O・ラッセルが贈る、双極性障害をテーマに取り上げた作品。
ある曲が流れる部屋で、妻の浮気現場を目の当たりにしたパットは相手を暴行し、精神病院送りになる。
自宅療養になってからも、妻への未練は募るばかりだが、その曲が流れると我を忘れて暴れ出す始末。
そんな時、夫を亡くしてからショックのあまり性依存症になったティファニーと知り合う。
周囲に好奇の目で見られながらも、2人は互いの人生をやり直そうと、ティファニーが目指すダンスコンテストの出場に向け手を取り合っていく。

作品情報
監督:デヴィッド・O・ラッセル
出演者:ブラッドリー・クーパー、ジェニファー・ローレンス、ロバート・デ・ニーロ他
音楽:ダニー・エルフマン
主な受賞:英国アカデミー賞/脚色賞
アカデミー賞/主演男優賞(ブラッドリー・クーパー)、主演女優賞(ジェニファー・ローレンス)・他多数ノミネート
ロサンゼルス映画批評家協会賞/主演女優賞(ジェニファー・ローレンス)
MTVムービー・アワード/男性演技賞(ブラッドリー・クーパー)
興行収入:2億6400万円
上映時間:122分

ふたりのイカレ具合が面白く、どちらも憎めない存在。
周囲の目を気にせず、自分の感情に正直に生きていく不器用さが好感を呼び、人間の立ち直る強さを感じます。
夢中になれるものに出会えることが心を満たすことに繋がると気が付かされます。

チョコレート・ドーナツ(2012年)

1970年代、育児放棄された障害者をゲイの男性が育てたという実話から製作された作品。
ゲイの男性が少年を養子にしようとする際に起こる、様々な問題点を挙げている。
歌手を夢見ながらもショーパブで働きながら生計を立てるルディは、同じアパートで日常的に置き去りにされているダウン症のマルコを気にかけるようになっていた。
母親が薬物所持で逮捕され、その間のマルコの面倒をみたいと買って出たルディは、検事局に務める恋人のポールの知恵と力を借り、マルコと一緒に暮らすことを叶える。
マルコも温かな日々に満足し、目覚ましい成長を見せていったが、ルディがゲイだという事実から、事態は悪い方へと傾き出す。
歌手として認められていく一方で埋まらないルディの心の空虚。
マルコの今後の運命は如何に。

作品情報
監督:トラヴィス・ファイン
出演者:アラン・カミング、ギャレット・ディラハント、アイザック・レイヴァ他
音楽:ジョーイ・ニューマン
主な受賞:トライベッカ映画祭/観客賞
シアトル映画祭/観客賞・作品賞・主演男優賞(アラン・カミング)シカゴ国際映画祭/観客賞
他多数ノミネート
興行収入:-
上映時間:97分

愛は人を救う力があり、それでいて無力である。
ひっそりと生きる少年に寄り添いたかっただけの愛が一方で非難を浴びる冷たさを感じます。
血のつながり、愛、そして法とは・・・。
マルコを救えなかったルディの叫びが悲しく耳に残ります。




ニキータ(1990年)

深夜のパリの一角、若者たちは薬物欲しさに既に静まった店に忍び込む。
しかし、警官が駆け付けたことから、その場は銃撃戦となり、ニキータは警官を殺してしまった。
終身刑となり絶望したニキータの前に、ボブと名乗る秘密警察官の男が現れ、暗殺者として生きる事を余儀なくされる。
何度も脱走を図るも逃げ切ることはできず、ニキータは、厳しい訓練とひと通りの作法を教え込まれ、立派な暗殺者になっていくのだ。
「レオン」、「TAXi」のリュック・ベッソン監督によるフランス映画。
一度は失くした人生を、別の人格として生きるしかない女の、たくましくも切ない生き方を描く。

作品情報
監督:リュック・ベッソン
出演者:アンヌ・パリロー、ジャン=ユーグ・アングラード、チェッキー・カリョ他
音楽:エリック・セラ
主な受賞: -
興行収入:-
上映時間:115分

当時、監督であるリュック・ベッソンの妻であったアンヌ・バリロー。
そのせいもあるのか、彼女が世間知らずの少女からミステリアスな女性に変貌を遂げる過程はテンポよく、主人公ニキータの魅力を存分に感じるものになっています。
また、人の命を奪った罪の重さを考えずにはいられない作品です。

ビッグ・アイズ(2014年)

「シザーハンズ」や「チャーリーとチョコレート工場」で独特の世界観を作り出すティム・バートン監督が手掛けた作品。
「魔法にかけられて」で愛らしい演技を披露したエイミー・アダムスと、タランティーノ作品「イングロリアス・バスターズ」でアカデミー賞受賞のクリストフ・ヴァルツが主演を務める。
娘を連れて夫と別れる決意をしたマーガレットは、画家のウォルターと出会う。
大きな目が特徴の人物画を描くマーガレットは、同じ趣味を持つウォルターに惹かれ、ふたりはまもなく夫婦となった。
実は絵は描けないが商才のあるウォルターは、マーガレットの描く画を、自分の作品として世に知らしめたのだ。
夫の成功を自分の成功だと信じようとしていた妻だったが、夫婦関係の破綻と共に、ビッグ・アイズは自分の作品であると世間に公表しようと考える。

作品情報
監督:ティム・バートン
出演者:エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ他
音楽:ダニー・エルフマン
主な受賞:ゴールデングローブ賞/主演女優賞(エイミー・アダムス)他
興行収入:1億1000万円
上映時間:106分

何かを変えたいけれど気が付くといつも同じところをさまよっている・・・。
そんな現実がリアルに感じられます。
変化を恐れず自らが行動することがチカラになっていくのだと教えてくれる作品です。

100歳の少年と12通の手紙(2009年)

フランス、ベルギー、カナダ合作。
劇作家エリック=エマニュエル・シュミットのベストセラー小説「神さまとお話しした12通の手紙」を自らの脚本・監督で映画化。
白血病を患い、移植手術の甲斐も虚しく余命宣告を受けた10歳のオスカー。
自分に気を遣うばかりの大人達に嫌気がさし、唯一、ピザ屋のローズだけしか会話をしないと言い出す。
しぶしぶ承諾したローズは与えられた12日間の面会で、残されたわずかな時間を生きる少年に1日を10歳と数え、毎日神様へ手紙を書く事を提案した。
共通点の無い2人が心通わせていく、深い愛と絆の物語。
1日1日を噛みしめるように過ごすオスカーの、弱々しくも真っすぐ人生を生きていこうとする姿勢に心動かされる感動作。

作品情報
監督:エリック=エマニュエル・シュミット
出演者:ミシェル・ラロック、アミール・ベン・アブデルムーメン、マックス・フォン・シドー他
音楽:ミシェル・ルグラン
主な受賞:-
上映時間:105分

狭い世界しか知らないオスカーが、その中で成長していく過程が可愛らしく、頬が緩みます。
白血病、そして余命わずかという重いテーマであるにも関わらず、温かく優しい映画です。




プラダを着た悪魔(2003年)

ローレン・ワイズバーガーのベストセラー小説原作。
ジャーナリストを目指し、上京してきたアンディは、女性の憧れのファッション誌業界で影響力のある、編集長のミランダの専属アシスタントとなった。
ファッションには興味のないアンディは、自分の容姿にも無頓着。
この仕事は自分の夢の足掛けだと言い聞かせるように、ミランダの理不尽な要求と厳しい言葉に耐えていた。
しかし、プロ意識を持つ同僚やミランダの仕事に対する姿勢から、次第にアンディの心に変化が見られ、仕事に向き合う姿勢が変わってくるのだった。
監督は、「セックス・アンド・ザ・シティ」のデヴィッド・フランケル。
「クレイマー、クレイマー」、「マーガレット・サッチャー 鉄の女」のメリル・ストリープが鬼編集長を熱演する。

作品情報
監督:デヴィッド・フランケル
出演者:メリル・ストリープ、アン・ハサウェイ、エミリー・ブラント他
音楽:セオドア・シャピロ
主な受賞:ゴールデングローブ賞/主演女優賞(メリル・ストリープ)
ヴェネツィア国際映画祭、東京国際映画祭/特別招待作品として上映
興行収入:約3億2600万ドル
上映時間:110分

メリル・ストリープの隙のない演技や、アン・ハサウェイ演じるアンディのファッションセンスの成長は言うまでもなく大きな見どころです。
甘い友情ではなくても、互いを認め合う関係が爽快で、鑑賞後は晴れ晴れとした気持ちになることでしょう。

プレシャス(2009年)

サファイアの「プッシュ」を映画化。
長編2作品目というリー・ダニエルズ監督が、ハーレムの過酷な環境をリアルに映し出す。
ニューヨーク、ハーレムの片隅に生きる16歳の黒人少女、プレシャス。
肥満体の彼女は、貧しい生活と父と母から受ける虐待により過酷な生活を強いられていた。
自分が脚光を浴びる姿を妄想しながら日々を乗り越えているプレシャスは、2度目の妊娠が発覚したことで退学となってしまう。
新しく紹介を受けた代替学校に通う仲間やレイン先生との出会い、そしてソーシャルワーカーの手助けによって、プレシャスは貧困から抜け出し強く生きていく希望を見出していく。

作品情報
監督:リー・ダニエルズ
出演者:ガボレイ・シディベ、モニーク、ポーラ・パットン他
音楽:マリオ・グリゴロフ
主な受賞:サンダンス映画祭/プレミア上映・審査賞グランプリ・観客賞他、カンヌ国際映画祭/審査員特別賞
アカデミー賞/脚色賞・助演女優賞他多数ノミネート
トロント国際映画祭/観客賞
興行収入:約6300万ドル
上映時間:104分

貧困、教育、虐待・・・。
負の連鎖の中に一筋の光を見つけられるような作品。
つらい境遇にあっても幸せになることを諦めないプレシャスから、人は1人ではない、きっと差し伸べられる手があるのだという希望が生まれる作品です。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年)

F・スコット・フィッツジェランドの小説を基にひとりの男の一生を描く。
ニューオーリンズでのある夜、80歳の体の状態の赤ん坊が生まれた。
奇妙な容姿の赤ん坊は、生まれてすぐに老人施設の前に捨てられ、施設を経営するバトン夫婦によって拾い上げられた。
妻のクイニーは赤ん坊にベンジャミンと名付け、神の子だと大切に育てる。
一方で、ベンジャミンは心と体のバランスに戸惑いながらも、年をとる毎に若返り人生を謳歌していく。
監督は「ドラゴン・タトューの女」、「ゴーン・ガール」のデヴィッド・フィンチャ―。
主演のブラッド・ピットとのコンビは、「セブン」、「ファイト・クラブ」に続く3作品目となり注目を集める。

作品情報
監督:デヴィッド・フィンチャ―
出演者:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット他
音楽:アレクサンドル・デスプラ
主な受賞:アカデミー賞/美術賞・メイクアップ賞・視覚効果賞・他多数ノミネート
オースティン映画批評家協会賞/助演女優賞(タラジ・P・ヘンソン)
英国アカデミー賞/メイクアップ&ヘアー賞、他多数ノミネート
興行収入:24億円
上映時間:165分

小さく弱々しい老人姿も、老いを迎えた若い容姿も見る事ができ、ブラッド・ピットファンには特にお勧めです。
そして、歳をとって皆が老いていくことに反し、見た目が若返っていくというファンタジックな作品です。
終始暗い描写が続きますが、もう一度じっくりと手に取りたくなる魅力があります。

僕のワンダフルライフ(2017年)

原作、W・ブルース・キャメロンの小説、「野良犬トピーの愛すべき転生」を、「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」でアカデミー賞にノミネートされたラッセ・ハルスとレム監督によって映画化された。
ある日、1匹のゴールデンレトリバーが少年イーサンに助けられた。
イーサンは犬をベイリーと名付け、どこへ行くにも何をするにもベイリーと一緒に過ごした。
時は過ぎ、イーサンとは離れて暮らすことになったベイリーも歳をとり、家族に看取られ眠りについた。
と思ったが、次の瞬間、ベイリーは別の犬に生まれ変わっていたのだ。
何度も生まれ変わりながら、とうとうイーサンと過ごした懐かしい場所へたどり着く事ができた。
時を経ても変わらぬ、犬と人間の確かな心の繋がりが見る人の心へ揺さぶりをかける。

作品情報
監督:ラッセ・ハルストレム
出演者:ジョジュ・ギャッド(ナレーター)、デニス・クエイド、K・J・アパ、ブライス・ガイザー、ペギー・リプトン、ブリット・ロバートソン他
音楽:レイチェル・ポートマン
主な受賞:ヴェネツィア国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門/出品
興行収入:9億1500万円
上映時間:98分

犬の目線で人間との絆を描く感動作に、目が潤み、犬好きにはたまらない映画。
ベイリーが様々な犬種に生まれ変わり、人間の言葉で感情を表現するところは愛らしさいっぱいです。
あなたと愛犬にしかわからない秘密の芸に精を出してみるのも素敵ですね。

マイ・フレンド・フォーエバー(1995年)

母と暮らすエリックは、ひとり寂しく過ごすことが多かった。
ある日、隣の家にデクスターという少年が引っ越してくる。
エリックはHIVに感染しているデクスターを警戒していたが、次第にデクスターの存在が気になりだし、庭の柵を超え一緒に過ごすようになった。
HIVの特効薬が見つかったという記事を目にしたエリックは、いかだに乗り、研究者を訪ねる為旅に出た。
ピーター・ホートンの初の監督作品。
子供ならではの感覚と深い友情が美しく描かれる作品。

作品情報
監督:ピーター・ホルトン
出演者:ブラッド・レンフロ、ジョセフ・マゼロ、アナベラ・シオラ、ダイアナ・スカーウィッド他
音楽:デイヴ・グルーシン
主な受賞:-
興行収入:約250万ドル(アメリカ・カナダ)
上映時間:97分

寂しさを埋めるように関わっていく2人が、友情を築き上げていく様を、美しい情景と共に幻想的に描いています。
2人きりの世界を覗き見したような感覚が残り、エリックの友達を思う純粋な気持ちに涙が溢れます。

マイ・ボディガード(2004年)

A・J・クィネル原作の「燃える男」を、「トップガン」や「スパイ・ゲーム」のトニー・スコット監督によって映画化。
多くの作品と経歴を持つデンゼル・ワシントンが主演を務める。
誘拐がビジネスとして成り立つメキシコで、経営難の会社に頭を悩ませるサミュエルは、かつてテロ暗殺部隊で活躍していたジョン・w・クリーシーをボディガードとして格安で雇う。
9歳の少女、ピタのボディガードとなったクリーシーは、ピタと距離を置く事を心がけるが、ふたりは日に日に打ち解けていき信頼関係を築いていく。
ある日、ピアノのレッスンを終えて外に出てきたピタと外で待っていたクリーシーは、思いもよらない陰謀の渦に巻き込まれていく。

作品情報
監督:トニー・スコット
出演者:デンゼル・ワシントン、ダコタ・ファニング、クリストファー・ウォ―ケン、ラダ・ミッチェル他
音楽:ナイン・インチ・ネイルズ、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
主な受賞:-
興行収入:(5日間で約2279万ドル)
上映時間:146分

目を覆う過激なシーンと描写はあるものの、メキシコの社会が抱える現実と、そこに生きる人たちの孤独な心情がうまく絡み合っている作品です。
役作りの為に水泳、ピアノ、スペイン語を3ヶ月でマスターしたという、チャーミングで
多彩なダコタ・ファニングにも注目。

マルガリータで乾杯を!(2014年)

車椅子生活の障害者、ライラは、両親に愛され不自由な行動を助けられながら生きてきた。
19歳になる彼女の目に映る世界はキラキラと輝き、楽曲作りや都会への憧れも持ち、もちろん恋愛や性にも興味津々だ。
母のもとを離れ、ニューヨークの大学に進学したが、新境地で出会った目の見えない粋な女性、ハヌムと恋人関係になる。
何もかもが初めてだらけで胸が高鳴っていたが、同じ大学に通う男の友人とも関係を持ったことで、ハヌムとの関係にも亀裂が入ってしまう。
女性監督、ショナリ・ポーズによるインド映画。
障害者の恋愛、生き方をテーマに挙げた爽やかな感動作品。

作品情報
監督:ショナリ・ボーズ
出演者:カルキ・ケクラン、レーヴァティ、サヤーニー・グプタ―他
音楽:マイキー・マクリアリー
主な受賞:タリン・ブラックナイト映画祭/主演女優賞(カルキ・ケクラン)
興行収入:
上映時間:100分

インド映画の概念が変わります。
障害者の恋愛、そして同性愛やバイセクシャルなど、深いテーマにもかかわらず爽やかな印象でいっぱいになる作品です。
悩みながらも自分に正直に生きていくライラの笑顔にエールを送りたくなることでしょう。

ミリオン・ダラーベイビー(2004年)

F・X・トゥ―ルの短編集「Rope Bums:Stories From the Comer」を基に映画化。
監督は「ダーティハリー」でお馴染みのクリント・イーストウッド。
「許されざる者」で監督としても活躍の彼が、自ら主人公を熱演し、更なる功績を称えられた。
ボクシングトレーナーとして生きる不器用なフランキーは、愛されることを知らない孤独なマギーの熱意に負け、彼女をプロボクサーとして育てる為トレーニングを始める。
みるみる強くなっていくマギーだったが、ウェイター級チャンピオンのビリーとの試合の際、反則を受け、マギーは首を強打してしまうのだった。
再起不能となったマギーの苦しみに、フランキーもいたたまれない感情に包まれていた。

作品情報
監督:クリント・イーストウッド
出演者:クリント・イーストウッド、ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン他
音楽:クリント・イーストウッド
主な受賞:アカデミー賞/作品賞・主演女優賞(ヒラリー・スワンク)、助演男優賞(モーガン・フリーマン)
ゴールデングローブ賞/監督賞・主演女優賞(ヒラリー・スワンク)
放送批評家協会賞/主演女優賞(ヒラリー・スワンク)
他多数ノミネート
興行収入:約2億1600万ドル
上映時間:133分

ボクシングがテーマだと思いがちですが、ストーリーはそれだけでは終わりません。
命の重み、孤独、友情、そして愛について深く考えさせられる映画です。
各々が何かを感じ、考えてほしい作品。
3か月間のトレーニングを経て作り上げた、ヒラリー・スワンクの肉体とスパークリングも必見です。

LION/ライオン~25年目のただいま~(2016年)

オーストラリア・アメリカ合衆国・イギリス合作映画。
原作はサル―・ブライアリーの実話『25年目の「ただいま」5歳で迷子になった僕と家族の物語』をガース・デイヴィス監督が映画化した。
インドの小さな村に産まれた5歳のサル―は迷子になり、家に帰る事ができなくなってしまう。
故郷の手掛かりは何もないままさまよい続け、何度も危険な目に合うサル―は、どうにか生き延び、施設に保護された。
運良くオーストラリアの家庭に引き取られたサル―は、かつての故郷を見つけ出す為に行動していく。
遠く離れた思いが25年の時を経てひとつになる感動の実話。

作品情報
監督:ガース・デイヴィス
出演者:デーブ・パテール、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマン他
音楽:フォルカー・ベルテルマン、ダスティン・オハロラン(英語版)
主題歌「Never Give Up」シーア
主な受賞:英国アカデミー賞/助演男優賞(デーヴ・パテール)、脚色賞
オーストラリア映画協会賞/作品賞・監督賞・主演男優賞(サニー・パワール)・助演男優賞(デーヴ・パテール)・助演女優賞(ニコール・キッドマン)
他多数ノミネート
興行収入:3億8000万ドル
上映時間:129分

他国のほとんどの人が、名も知らない小さな村で生きる人々の、その日暮らしの生活、そして子供を利用価値として考える大人や社会に世界にある現実を見る事ができます。
私たちの知る世界が全てでないと思い知った作品。
そして、サル―と家族の25年目の再会に、純粋に胸が熱くなります。




レ・ミゼラブル(2012年)

ヴィクトル・ユーゴ―の小説を基にしたミュージカルを映画化。
「英国王のスピーチ」のトム・フーバー監督がメガホンをとり、罪人として扱われ続けた一人の男の人生を描く。
ヒュー・ジャックマンはじめ、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイらがフランスの激情の時代を生き抜く人々を演じ、見どころ多い作品となっている。
貧しさ故の犯罪で、人生が大きく変わってしまった男、ジャン・バルジャン。
過酷な囚人生活を経て仮釈放となるが、一方で危険人物としても見なされる。
彼を受け入れてくれる場所は無かったが、ひとりの司教と出会ったことから、バルジャンはこれからの人生を弱い者たちの為に生きようと決意した。
やがて市長にまでなったバルジャンは、子と離れて暮らすファンテーヌと出会い、娘のコゼットの面倒を見ることを約束。
コゼットは美しく成長していくが、バルジャンは執拗に追ってくる警官のジャベールから逃げ回る他無かった。

作品情報
監督:トム・フーバー
出演者:ヒュー・ジャックマン、コルム・ウィルキンソン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッド、エディ・レッドメイン他
音楽:クロード=ミッシェル・シェーンベルク
主な受賞:ゴールデングローブ賞/作品賞・主演男優賞(ヒュー・ジャックマン)・助演女優賞(アン・ハサウェイ)
アカデミー賞/助演女優賞(アン・ハサウェイ)・メイクアップ&ヘアスタイリング賞・録音賞他多数ノミネート
日本アカデミー賞/最優秀外国作品賞他
興行収入:58,9億円
上映時間:158分

とてもエネルギー溢れる作品です。
フランスの過酷な時代を生き抜く強さが胸に刺さり、息つく暇もない程に、この世界にどっぷりと入り込んでいる自分に気が付かされます。
多くのリメイク作品が製作されていることにも納得です。

ワンダー 君は太陽(2019年)

「僕は普通の10歳の子じゃない」
--オギーは遺伝子の疾患で、人とは異なる顔で生まれてきた。
27回の顔の手術のせいで自宅学習を続けてきたオギーだが、両親は息子を外の世界へ送り出そうと決意する。
だが、5年生で入学した学校で、オギーはいじめや裏切りなど初めての困難と出会う。

幾度もくじけそうになりながら、家族の愛を勇気に変えて立ち向かうオギーの姿に、周囲の人々が変わり始める。
そして忘れられない1年を締めくくる修了式の日に、最大の出来事が待ち受けていた──。

作品情報
監督:スティーブン・チョボスキー
出演者:ジュリア・ロバーツ、オーウェン・ウィルソン、ジェイコブ・トレンブレイ、マンディ・パティンキン他
音楽:マーセロ・ザーヴェス
主な受賞:-他
興行収入:3億590万ドル
上映時間:113分

小説を原作とした映画。
ジュリア・ロバーツとオーウェン・ウィルソンが夫婦役で出演しているのも見どころ。
少年の強さに心打たれるでしょう。
スポンサードリンク