ホラー映画を選ぶ時って迷いませんか?

一言「ホラー映画」と言ってもジャンルは多く、ざっくりと分けるだけでも

  • スプラッタ系(血しぶきや残酷な演出)
  • ミステリーホラー系(謎をメインとした演出)
  • ショッカー系(視覚や音の演出)
  • ゴシックホラー系(吸血鬼などの古典演出)
  • カルトホラー系(霊などの演出)
  • ホラーコメディ系(ホラーにコメディ要素あり)
  • SFホラー系(エイリアンなど未確認生物の演出)

これだけ分けることが出来ます。
ホラーを選ぶ人が共通しているのは心理的にハラハラドキドキしたいということですよね!?

ただし、ホラー映画の選択は特に難しいと言われます。
選択が難しいと言われる一番の理由として、”人によって恐怖を感じる基準が違う”という点では無いでしょうか。

例えばグロい要素は控えたいという人にはスプラッタ系はありえない選択です。

そこで、この記事では

  • 洋画ホラー映画の選択で失敗したくない
  • ジャンル別に怖いけどクセになる映画が観たい
  • 背筋が凍る様な恐怖を味わいたい

という方にホラー映画をジャンル問わず観てきたライターの主観と、映画レビューサイトの客観的評価を基準に、これだけ観ておけばOK!という2019年に劇場で観れる映画を厳選して紹介します。

洋画ホラー 2019年劇場公開中

まずは2019年劇場公開中の洋画ホラーの中から間違いなくおすすめできる!
というタイトルをクセになる要素と共に紹介していきます。

ハッピー・デス・デイ 2U

アメリカで驚異的な大ヒットを記録した『ハッピー・デス・デイ』待望の続編。
ベビー・マスクの正体を暴けば、タイムループ地獄から抜け出せる!ハズだったのに…。

  • 公開日:2019年7月12日
  • ジャンル:コメディホラー系
  • 年齢制限:なし
  • キャッチコピー:タイムループ地獄”殺される誕生日”から抜け出せない!

ココが癖になる
クセになる要素としては恐怖と爆笑を何度も繰り返す新しいコメディ感覚のホラー映画という点。

映画の評価は?

物語、配役、演出、音楽、映像と星4点とバランスの取れた映画という評価が多数です。

ココに注目!
本作は性格の悪いビッチな女子大生をラ・ラ・ランドでも知られた女優ジェシカ・ロースが演じており、
ありふれた学園生活の日常にある”殺される誕生日”をスリラーとユーモアたっぷりに描いた作品に仕上がっています。
ただ、キレイな女優さんがホラー映画に出演したと言うだけでなく、女子大生を執拗に追う殺人鬼「ベビーマスク」の正体とは?
というミステリー要素もあり、正体を明らかにするエンディングまで恐怖と爆笑を繰り返すことでしょう。

こんな人におすすめ
『パラノーマル・アクティビティ』『インシディアス』シリーズが好きな人には製作がジェイソン・ブラムという事もありハマるでしょう。
グロ描写はありませんので、ホラー初心者にもおすすめです。

チャイルド・プレイ

殺人鬼の魂が乗り移った人形の大殺戮を描く人気ホラーの新作。『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のデヴィッド・カッツェンバーグ&セス・グレアム=スミスが製作を担当し、映画『ポラロイド(原題) / Polaroid』のラース・クレヴバーグ監督がメガホンを取った。

  • 公開日:2019年7月19日
  • ジャンル:スプラッタ系
  • 年齢制限:R15+
  • キャッチコピー:ボクたち、死ぬまで親友だよね?

ココが癖になる
殺人人形のチャッキーの恐怖がリアル。
音声認識やセンサー付きカメラなど高性能人形というAI時代の現実に生まれそうなリアルを感じます。
映画の評価は?

全体的に星3つ以上のバランスの取れた映画です。
特に映像、演出が怖いという評価。
ココに注目!
リメイク映画ですが、単純に取り直しではなく現代に合わせた設定にしておりリアルを感じ取ることができます。
単純にスプラッタ映画というだけではなく、少年と殺人人形の友情も描いています。
こんな人におすすめ
スプラッタ系の恐怖を味わいたい!という方におすすめです。
また、チャイルド・プレイの前作を知っている人にもどの様にリメイクされたのか比較できるのでおすすめ。

ハウス・ジャック・ビルト

魅了され、狂わされ、果てしなく堕ちる―
1970年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックはあるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭する・・・。彼の5つのエピソードを通じて明かされる、 “ジャックの家”を建てるまでのシリアルキラー12年間の軌跡。

  • 公開日:2019年6月14日
  • ジャンル:ミステリーホラー系
  • 年齢制限:R18+
  • キャッチコピー:魅了され、狂わされ、果てしなく堕ちる―

ココが癖になる
アメリカではあまりの過激さに映画協会(MPAA)が手を加えた修正版のみ正式上映が許された衝撃と戦慄の大作を日本ではR18+指定にて無修正完全ノーカット版での上映!
過激な発言でもおなじみトリアー監督が様々なコラージュを織り交ぜる。
映画の評価は?

評価が真っ二つに分かれます。
ココに注目!
カンヌ国際映画祭では途中退出者が続出したにもかかわらず、上映終了後はスタンディング・オベーションが鳴りやまないという賛否真っ二つの異様な興奮に包まれた本作。あなたはどっち側?
こんな人におすすめ
マット・ディロン好きなら怪演にハマるでしょう。
ラース・フォン・トリアー監督の作品(『ダンサー・イン・ザ・ダーク』『アンチクライスト』など))が好きなら大丈夫。
そうじゃなかったら避けた方が良いです。

パージ:エクスペリメント

  • 公開日:2019年6月14日
  • ジャンル:ショッカ系
  • 年齢制限:R15+
  • キャッチコピー:人類史上最悪の実験のはじまり

ココが癖になる
おなじみ「パージ」シリーズ。
これから過去作品にもハマりますし、過去作品を観た人には間違いなく癖になる。
映画の評価は?

音楽や映像に高評価が多い。
ココに注目!
「パージ」シリーズの第4弾。
単なるスプラッタ系ではなく、人間の本性が描かれており本当にこんな法律があったら...と考えさせられる要素もあります。

こんな人におすすめ
映像や音による恐怖を映画館で味わいたい人。
人間の本質の恐怖を垣間見たい人におすすめです。

サスペリア

ベネチア騒然!
史上空前の賛・否・激・突!!!
女たちが踊る夜、禁断の宴がはじまる。

  • 公開日:2019年1月25日
  • ジャンル:カルトホラー系
  • 年齢制限:R15+
  • キャッチコピー:その踊りは、死を招く。

ココが癖になる

映画の評価は?
・Yahoo映画の評価は◯◯
ココに注目!
・映画内のココが◯◯
・反論への理解を示す:ストーリーもしっかりしている
こんな人におすすめ
・結論(なので):映画館で観るのがおすすめor家で観たい

アナと世界の終わり (2017)

  • 公開日:2019年5月31日
  • ジャンル:ゾンビコメディ
  • 年齢制限:PG12
  • キャッチコピー:世界中の映画ファンが熱狂

ココが癖になる
青春ゾンビミュージカルという新しいジャンル!
映画の評価は?

ココに注目!
負け組高校生が歌って踊って暴れまくる作品!
ゾンビxミュージカル」という新しいジャンルにあなたの評価は?
ゾンビが苦手な人もゾンビが怖くなくなるかも。
逆にゾンビが襲ってくる恐怖を感じたいという人には物足りない...
こんな人におすすめ
ミュージカル映画が好き、観終わった後は感動が欲しい。
数々の映画を観てきた人ならオマージュの箇所もたくさんあるので楽しめます。

マローボーン家の掟

屋根裏部屋から響いてくる不気味な物音、鏡の中にうごめく怪しい影。いったいこの屋敷には、いかなる秘密が隠されているのか。やがて平穏を保つための「掟」が次々と破られ、心身共に追いつめられた長男ジャックが、最愛の妹と弟たちを守るために下した決断とは?

  • 公開日:2019年4月12日
  • ジャンル:ミステリーホラー系
  • 年齢制限:なし
  • キャッチコピー:”掟に隠された謎”が打ち破られた時あなたは衝撃の結末を目撃する!

ココが癖になる
大どんでん返しが好きな人はハマります。
映画の評価は?

ストーリーや配役、映像美に高評価!
是非とも映画館で味わいたい作品。

ココに注目!
ミステリーホラーが好きな人は絶対にハマります。
そして、謎だけではない恐怖も感じる事ができます。
こんな人におすすめ
伏線回収や緻密なストーリーを好む人はおすすめです。
ホラーなのに最後は泣けるかも!?

ホール・イン・ザ・グラウンド (2019)

アイルランドの田舎町で一人息子のクリスと暮らすシングルマザーのサラ。或る日森から戻ったクリスが次第に不審な行動をとるようになる。サラは息子の行動が家の裏に大きく広がる陥没穴と何らかしらの関係があるのではないかと疑い始める・・・・・
2019年サンダンス映画祭で高評価を得て、北米では気鋭のスタジオA24が配給。監督/脚本は”アイリッシュ・ショート・フィルム・アワード“において監督賞と脚本賞の受賞歴を持ち、本作が長編デビュー作となるリー・クローニン。主演はアイルランドのスカーレット・ヨハンソンとも呼ばれるサーナ・カーズレイク。アイルランドホラーの革命と呼ばれた注目の新感覚ミステリアスホラーがついに解禁!

  • 公開日:2019年7月27日
  • ジャンル:ミステリーホラー系
  • 年齢制限:なし
  • キャッチコピー:この、この息子、なにか

ココが癖になる
地面の穴の秘密とは?何かわからないものへの恐怖が癖になる。
映画の評価は?

海外のレビューサイトで3.5(5満点)を獲得したアイルランドホラーの革命。

ココに注目!
監督・脚本は“アイリッシュ・ショート・フィルム・アワード”において監督賞と脚本賞の受賞歴を持ち、本作が長編デビュー作となるリー・クローニン。
ストーリーと最後まで謎の恐怖を感じること間違いなし!

こんな人におすすめ
新しいジャンルのホラーに出会いたい人にぴったり。
アイルランドホラーとはどういった内容なのかあなたの目と耳で確かめてください。

ラ・ヨローナ~泣く女~

1970年代のロサンゼルス。不可解な死を遂げた子供の母親が、不吉な警告を発する。しかし、それを無視したソーシャルワーカーのアンナ(リンダ・カデリーニ)と彼女の子供たちは、ほどなくしてある女の”泣き声”を聞いてしまう―。その日を境に数々の恐ろしい現象に襲われることとなった家族は、教会に助けを求めるが、そこで語られたのは、呪われたすすり泣く女”ヨローナ”の存在だった―。

ヨローナはプールやバスタブ、トイレであろうが、水のある所に現れる。果たして家族は逃げ場のない恐怖から逃れることはできるのか―。

  • 公開日:2019年5月10日
  • ジャンル:カルトホラー系
  • 年齢制限:なし
  • キャッチコピー:き延びたければ、決して、に近づいてはいけない。

ココが癖になる
観た後は顔を洗ったりお風呂に入るのが怖くなるくらいの余韻が癖になる。

映画の評価は?

映像が特に高評価を得ています。
ココに注目!
「死霊館シリーズ」や「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」を手がけた製作陣がどんな違った恐怖を届けてくれるのか注目です。

こんな人におすすめ
ホラーの定番?である霊的、悪霊的な要素もあり、身近な「水」が恐怖に変わるという点ではホラー初心者におすすめ。

洋画ホラー 2019年内に公開決定

ここからは2019年内に公開が決定した作品を紹介します。
劇場公開が待ちきれません!

アス(Us)

「ゲット・アウト」で注目を集めたジョーダン・ピールの監督第2弾「Us(原題)」の海外版予告編。幸せな黒人家族が、自分たちとまったく同じ姿をした連中に襲われるホラーサスペンス

  • 公開日:2019年9月6日
  • ジャンル:ミステリーホラー
  • 年齢制限:なし
  • キャッチコピー:”わたしたち”がやってくる

ココが癖になる
サプライズの連続のスリラーにドキドキが止まらない!
映画の評価は?
アメリカレビューサイトでは94%の大絶賛!

ココに注目!
第90回アカデミー賞で脚本賞を受賞した『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督と、製作を務めたジェイソン・ブラムが再び組んだスリラー。
ストーリーの出来はもちろん、どれだけ恐怖を感じれるかに注目。
こんな人におすすめ
サプライズスリラーという新境地をいち早く体験したいという方は演出が120%楽しめる映画館での鑑賞をおすすめします。

アナベル 死霊博物館 (2019)

夫妻が仕事で家を空ける、ある日。
娘のジュディは年上の少女のメアリー、ダニエラの3人で一夜を過ごすことに。
しかし、ダニエラが“警告 決して触るな“と書かれた博物館に勝手に入り込み、アナベルの封印を解いてしまう。
それは、少女たちの想像を絶する悪夢のはじまりとなった……。
史上最強の呪いの力を持つアナベルが、数々の悪霊たちを呼び覚まし、呪われし品々を従え、少女たちに襲いかかる!

※アナベル人形とは・・・
実在する呪いの人形。コネチカット州にあるウォーレン夫妻の博物館に厳重に
保管されている。強い呪いを持ち、極めて危険な存在の為、現在も毎週神父が祈祷を施している。

  • 公開日:2019年9月20日
  • ジャンル:カルトホラー・ショッカー系
  • 年齢制限:なし
  • キャッチコピー:背筋も凍る、おるすばん。

ココが癖になる
おなじみ『死霊館』シリーズのスピンオフ第3弾。
映画の評価は?
この映画は未評価です。
ココに注目!
死霊館シリーズの代名詞でもある「音」による恐怖と過去シリーズの伏線回収に注目!
こんな人におすすめ
死霊館シリーズを知っている方には伏線回収もあって楽しめます。
また、音による恐怖を感じたい人にもおすすめ!

IT/イット THE END

すべての謎が明らかになる――。『IT/イット』完結!

ホラー映画歴代ナンバーワンの興行収入を樹立! ベストセラー作家スティーヴン・キングの大人気作品を映画化したホラーエンターテイメント『IT/イット “それ”が見たら、終わり。』が、ついに完結! あれから27年後、静かな田舎町で再び起きた連続児童失踪事件――。ルーザーズ・クラブは、幼少時代の<約束>を果たすために、再集結する――。なぜ、その町では子供が消えるのか? なぜ、事件は27年周期で起きるのか? “それ”の正体と目的とは? 町を恐怖のどん底に陥れ、次々と襲い迫る“それ”から、生きて逃げ切れるのか!?

  • 公開日:2019年11月1日
  • ジャンル:スプラッタ系
  • 年齢制限:なし
  • キャッチコピー: “それ”が見えたら、終わり。

ココが癖になる
すべての謎とは?
謎がわかった時、過去作品からもう一度、見たくなる。
映画の評価は?
ホラー映画興行収入歴代No.1となった作品。
ココに注目!
ベストセラー作家「スティーブン・キング」の人気作品「IT」の続編。
どんな完結となるのか注目。
こんな人におすすめ
定番や話題作を知っておきたい人には絶対におすすめ。
また、ITシリーズを観た人はこれで完結なので是非観ておきたいですね。

ドクター・スリープ (2019)

スティーヴン・キング原作 全世界を震撼させた伝説の映画『シャイニング』
世界は再びー戦慄に包まれる
ユアン・マクレガーが壮絶な過去を経験した主人公ダニーを演じる

  • 公開日:2019年冬
  • ジャンル:ミステリーホラー系
  • 年齢制限:なし
  • キャッチコピー:未定

ココが癖になる
全世界を震撼させた伝説の恐怖映画「シャイニング」の続編!
怖いもの見たさにスティーブン・キングの世界にどっぷりハマります。

映画の評価は?
未評価です。
ココに注目!
惨劇から生き残ったジャック・トランスの息子ダニーの40年後の姿が描かれています。
息子にやってくる恐怖に注目です。
こんな人におすすめ
シャイニングの怖さやスティーブン・キング作品にハマった人には絶対におすすめ。

洋画ホラー 2019まとめ

洋画ホラー映画の2019年はリメイクや続編が多く公開されていますね。
続編の場合は前作と合わせて観ると伏線回収もあったりとより一層作品を味わえるでしょう。

また、ゾンビxミュージカルという新たなジャンルが誕生しましたが、これは日本でもゾンビをテーマにした「カメラを止めるな!」に続く新しいエンターテイメントの誕生の予感がします。

そして、もしかすると2019年内に公開が期待される映画として

  • ゾンビランド2
  • エスケープ・ルーム

上記2作品は動向を追っておきたいタイトルでもあります。
ゾンビランドに関しては2009年に登場した人気ホラー・コメディの続編で出演者も当時と同じということもあり話題作です。

エスケープ・ルームは近年流行りの「脱出ゲーム」をテーマにしたホラー作でもあり全米で大ヒットを記録しています。

今年もホラー作品から目が離せませんね。

おすすめの記事